FC2ブログ
来週また所用にて多忙につき更新出来そうにナイので、
ちょっと日持ちするネタということで今回はiPhoneネタなどを・・・

iPhoneに機種変更して1年2ヶ月ほどが経過。
ようやく、それなりに使いこなせるようになってきました。

それでも赤外線通信が出来ないとか、
お財布ケータイが使えないとか、
用済みになったメール送受信記録が、
まとめて一発削除出来ないとか、
地デジ放送が見られないやらと日本人的に不便な点は相変わらずのiPhoneライフ。

ただ、その分を差っ引いたとしても、
パソコンの子機的な使い方が出来るメリットは、
余りあるモノで今では完全に我がライフツールの中心的存在。

中でもこの夏、改めてiPhoneって便利だなぁ!と思ったのが、
このカーナビとして使うiPhone。
カーナビ1カーナビ5
AppleStoreにて1ヶ月間350円で使える
ナビタイムのドライブサポーターというアプリの
プレミアムコースなるモノをダウンロードにて購入。

これまで車で遠出なんかしなかったので、
我が家にカーナビは不要!ってコトから、
カーナビなど購入することなく、
ここまで乗り続けてきたんですケド、
さすがに子供が大きくなってきて、
出かける場所も遠方多用化してきたため、
こりゃ仕方ナイかってんで、
とりあえず今夏試しに導入。

すると音声機能及び渋滞対応付きカーナビが、
ダイソーで買ったシガーソケットの充電器と
iPhoneを固定する携帯ホルダーと合わせて、
合計わずか770円のカーナビとな!!安っ。

はたして、この「iPhoneカーナビ」の実力は如何に?
カーナビ4カーナビ2
ということで、いざ使ってみたら、これまたビックリ!!
こんな風にちゃんと地図のナビの他、
要所要所で立体画像まで出てくるんですから、
もう我が家のレベルじゃコレで充分Ok牧場です。

あぁ買ってよかったiPhone、
使っててよかったiPhone様々ってカンジです。

とまぁ、こんな調子でiPhoneを快調に使っていると、
毎回、必ずや試練が訪れる潮風太子。

案の定、今回もまた「お約束」と・・・

先週のお盆、墓参りに出かけた際、
洗い場で「うっかり」iPhoneを桶に落としてしまい、
一瞬ながら「水没」のアクシデント!!!

すぐさま取り出し、
拭き拭きすると画面はキチンと表示され一安心・・・

と思いきや!
あいふぉん5GG
音声が出てこないという現象に見舞われる事態に・・・Oh my god!
音声のボタンで上げ下げするも、まったく無反応。

これでは、せっかくのカーナビ音声案内機能が台無し。

無音なんですな・・・。

ただね。
どういうわけか、(ヘッドフォン)にするとボリュームは、
ちゃんと可動するんですな。
つまりイヤホンでは、ちゃんと音が出ると。

はて?どうしたもんかいなと・・・


早速、Googleで検索!
こういうところはiPhoneの便利なところ。

すると、イヤホン端子のところを、ちり紙をこよったり、
綿棒の先端を鋭く切ったりして、
それを端子部に差込み穿って清掃すればよい◎
とのこと。

藁にもすがる思いで、早速試してみる。
すると・・・

音量の上げ下げが見事、復活!!
これには思わずガッツポ~ズ!したのも束の間。

スグにまた音が出なくなる現象に見舞われてしまう・・・。

あちゃ~~~(汗)

仕方がナイので近所のソフトバンクの店舗へ持って行って、
とりあえず聞いてみることに。

するとソフトバンクの店員から
Apple正規サービスプロバイダーである、
Smart Aⅰdという修理屋を紹介される。
そこでiPhoneについては聞いてくれという話。

ということで急いでその足で最寄のSmart Aidへ向かう。

チラシの「サービス概要」にはiPhoneは原則、即日修理いたします。
という宣伝文句。ほぉ!たいしたモンだ。それは助かる・・・

と思い、店に行ってみると、
ここは「修理」というより
「交換修理」という形をとっているトコらしい。

つまり「新品に買い換えるためのお店」ということ。

ちなみに「交換」となるとiPhone4だと1万3800円だそうな。

いやいやイタイ出費だ・・・。

とガッカリしていたら、
ここの店員さんが一応、ウチのiPhoneのフタを開け、
確認のための清掃を行ってくれた際に、
「コレ大丈夫かもしれませんよ」と、
地獄に仏のような、ありがたい「オコトバ」。

「それほど、水も被ってないようですし・・・」
ということで、

ご親切にイヤホン端子の部分を清掃してもダメな場合、

以下のような、動作確認をしてみて、
「それでダメなら、交換やむなしですな」とのこと。

ということで、その動作確認手順を、
せっかくなので、iPhoneユーザーの皆さんの
ご参考にでもなれば、
ということで書かせていただきますね。


まずは「設定」をタップしていただきます
みず3
そして「一般」をタップ

ミズ4
それから「アクセシビリティ」をタップ

ミズ1ミズ2
それから下のほうにある「Assistive Touch」をタップすると、
「アクシビリティ」という画面が出てきて、
「Assistive Touch」をオンに切り替えると、
右上か左下に白い「お日様」が現れます。



この「お日様」をタップすると
アイフォン6
こういう画面が出てきます。
そして「デバイス」をタップすると、
ここで「音量調節」ができるハズです。

アイフォン3あいふぉん4
このとき無事「音量調整」が出来るようであれば、
内部の水分が吹き飛んで乾くと、
元通りになる可能性大です。

私メは貧乏なので結局、
新品に交換することなくそのまま持ち帰り、
翌日、天日干しを小一時間ほどやってみました。

すると、見事に完全復活!!
1万3800円の出費は、どうにかせずに済みそうです。

この「修理」後、かれこれ1週間が経過しましたが、
今では、まったく問題なく以前のように音量調整が出来る状態と。

しっかし、これだけのモノなんですから、
せめて生活防水くらいの機能は標準装備してもらいたいもんですケドね。

ま、とにもかくにも、とりあえず、
あ~よかった!めでたし、めでたし♪と思っていたのも束の間。

アイホン
日曜日あたりから今度はSMS(ショートメールサービス)に、
こうした迷惑メールが届くようになったと・・・

まさかiPhoneで・・・・と思い、
これまたGoogleで検索してみると、
どうやらSMSメールでの迷惑メールの
ブロック設定は出来ないとのこと。
電話番号からだとブロックできるそうですが、
SMSのメアドからだとダメだそうで・・・

結論としては電話番号とメアドを変更するしかないようで・・・

しかしなぁ・・・それまた面倒だしな~
どうすっかなぁ!!
アイフォン2
でも、こんな状況ですからねぇ・・・
夜中も来るんですよ・・・・・マナーモードでもブブブって。

しかし殆どのYahoo掲示板などの質問スレでは、
「ウチはSMSの迷惑メールなんか来たことありませんよ」
というコメントが圧倒的。

どうやら以前使っていた、
vodafone時代のメアドが流出したようで、
こういう事態になっているのではないかと・・・・

iPhoneユーザーの皆さん、ご注意くださいませ!
そのうち、やってきますよ・・・・SMSの迷惑メールが。

しっかし、なんでこの程度の迷惑メールをiPhoneともあろう、
最先端の端末機が防げないんだろう?フシギだ。

プラチナバンドもSMAPも結構ですケド、
こういう基本機能の充実の方にも、
もうちょっと、お金かけていただけないもんでしょうかね?孫さん。

それともiPhoneと暮らすっていうコトは、
つまり、こういうことなんでしょうかな。
便利なモノなんだけど厄介なモノでもあると。
スポンサーサイト



かれこれブログを書き始めて4年近くなるんですが、
実は、これまで避けてきたネタってのがありまして・・・

それがサッカーというジャンルのネタ。

意外?そうなんです書いてないんですよ。

野球のネタ(主にマリーンズばかりですが)は、
皆さんご承知の通りしょっちゅうアクセス数なんか無視して書くんですが、
サッカーってのは書きにくうございましてね。

小宮山悟が引退式の挨拶でも言ったように、
「野球は神様が与えてくれた最高の娯楽」だと。
つまり野球は娯楽なワケです。
歴史的にみても絶対的にそうなんです。

ただ、サッカーは違うというのが潮風太子のサッカーに対する認識でして、
「サッカーは戦争だ」というのが潮風太子の持論であります。

したがって「戦争」について軽々しく書くべきではないのではないか。
というところから、これまで敢えて避けてきたネタだったんですが、
FC東京3
たまたまFC東京の熱狂的サポーターであり、
「ドーハの悲劇」時代からの日本代表サポーターの
コールリーダーでもある植田朝日著の
「俺のトーキョー」という本を読んでから、
サッカーのサポーターというジャンルに興味を惹かれて、
ちょっと日々、書くべきか書かざるべきかの葛藤があったんですが、

幸いにして潮風太子は熱狂的「柏サポ」である
T会長ご夫妻(鎌ヶ谷ファイターズにも精通)と日頃から懇意にしていただいていて、
柏には行きやすい環境であることと、
折りしも昨年、Jリーグチャンピオンとなった柏レイソルの試合を、
TVで観て触発された我が愚息も
「柏の試合を観てみたい」などと申したことから、
夏休みということで特別に「夜更かし」を許可という理由をオモテ向きにして、
実は自身が今年最も観戦したかった
柏レイソルvsFC東京の試合を柏のホームゲームで観戦したいな。
との一念から、柏レイソルのファンクラブに入会。

ニワカながら「柏サポ」の仲間入りを果たすことに・・・・

じゃないとチケット取りにくいらしいんですよ(笑)

ってな冗談もソコソコに。
縺九@繧擾シ狙convert_20120814011656
オリンピックでサッカーU23の日本代表が韓国との3位決定戦で負けた
8月11日、ついに柏駅へ愚息と降り立つ。

この柏駅に来るのは実に20年ぶりくらい。

若かりしころの失恋の嫌な思い出のある地でもある。

柏駅東口から、いわゆるレイソルロードを20分ほど歩いて行くと、
縺九@繧擾シ胆convert_20120814011744
日立柏サッカー場(通称・日立台スタジアム)のエントランスに到着。
ちなみに、ここはホームチームのサポ用入場ゲートで、
ビジターの入場ゲートは、もう少し先の別の入り口からとなっている。
サポーター同士のトラブルを回避するためだそうで、
さすがに「戦争」というだけあって野球以上に警戒感が漂います。
かしわ3
試合開始2時間前くらいになるとゲートから入場。


そして潮風太子、ついに日立台スタジアムに参上と!!

日立台スタジアム内にて「T会長ご夫妻」へ早速ご挨拶へ・・・

と、ご挨拶もソコソコに試合前のお忙しい中、
早速T会長ご夫妻からスタジアム内の施設や応援作法などの
レクチャーを受け、すっかりお世話になってしまう(汗)

おかげさまで、いろんなところで画像を撮らせて
いただくことができましたが果たして、
実際このブログで、どれだけ使えるのかなということですが、
長編必至の今回は夏休み特集ってことで、
久々、追記で「本編」を書くことにいたしました。
それでは、いざスタジアム内へ!
ということで追記(本編)は
↓の...続きを読むをクリックにて
... 続きを読む
昨年秋に当ブログで書いたカブトムシの卵ネタ。
久しぶり、この話の続報から
幼虫2
なんとか、幼虫まで育てて「さぁ、いよいよ夏場そろそろサナギかな」
などと密かに期待していたものの、
7月も半ばというのに、なかなかサナギになってくれない・・・
一体どうしたもんかいな?と思っていたら
幼虫4
ちょうどプロ野球の前半戦が終了したのを待っていたかのように、
コロッと絶命しておりました。
せっかく、ここまで育ててきたのに・・・(悔)

嫌な予感がするなと・・・・

予感的中!!

オールスター明けから、いきなり千葉ロッテマリーンズは連敗。

でもって7月31日から2位の
北海道日本ハムファイターズとの首位攻防戦。

永年、プロ野球を観ている「ファン」ならば、
この3連戦が後半戦の流れを決める貴重な3連戦であることは、
常識中の常識。
となると、もう仕事が手につかない潮風太子。

8月1日ー2
前日7月31日の第1ラウンドを落とした翌8月1日。
不肖、潮風太子マリンフィールドに参上!!
この試合負けてしまうと、
この3連戦の負け越しが決定してしまうという
非常に重要な試合。

も先発は、なぜか今シーズン初先発というか、
これまで、ずーっと2軍暮らしだった5年目の安部和成の先発?

「はぁ~?」と思いながらも「安部コール」。

実はこの安部和成、
以前(2009年のアングラ王子の書斎時代)ここで書いた、
Under groundのピンと、

Under groundのキリ
という記事において、
鎌ヶ谷スタジアム(ピン)と浦和球場(キリ)の
「取材時」ともに先発で投げていた
ピッチャーだったんですよねぇ。

この当時から先発起用していたものの、
まだ力不足だった安部が先発するときは必ず、
安部が打ち込まれるとスグ2番手に坪井という筑波大卒の
ピッチャーに交代というパターンの
いわゆる「セット商品」だったワケですが、

いやいやどうして、この日の安部を見る限り、
もうかつてのような、ひ弱さは消え、
ボールがキャッチャーミットにおさまる時の音が、
格段に違います!!まさしくプロの音。

8月1日ー3
スタンドの上の方まで「パシッ」と乾いた心地よい音が、
響き渡り5回まで日ハム打線を4安打0点に抑える好投。
2-0でプロ入り初勝利の権利を得てマウンドを降り、
6回アタマから2番手古谷に任せるも、
この古谷が大誤算!!!せっかくの2点差もホフパワーに
3ランホームランを喰らい、逆転されてしまう(怒)

「古谷てっめぇ!明日から浦和(2軍の意)だバカヤロ~!!」とマジで怒鳴る。

8月1日結果
6回以降は点の取り合いで、
まさしく首位攻防戦にふさわしい、
9回裏までもつれにもつれる好ゲームながら、
延長10回オモテ未だに「野球」が理解できない、
にわかクローザーのカルロス・ロサがつかまり敗戦。
この首位攻防戦、負け越しが決定。

翌2日の試合は12-2で大勝するも、
この3連戦で、とうとう首位陥落。
「こりゃしばらく厳しいな・・・」とマリーンズファンは、
帰りがてら、あちこちでグチの花を咲かせることに・・・。

ここが頑張りどころなんですがねぇ。
そうでなくとも西武とソフトバンクに勢いが
出てきたことでもありますしねぇ。

8.jpg
こりゃ最後は1ゲーム差の攻防になるんだろうなと・・・。
この8月1日の1敗が響かなきゃいいんですが。

ただね。そう不安ばかり口にしても仕方ナイわけで。
Naruse60.jpg
そう、安部の背番号は60番。

この60番は今やマリーンズの絶対的エースである、
成瀬善久の入団当時の背番号。

出世番号!!なハズ。
エース目指して頑張れ安部!!

それともう一人
鈴木大地
ルーキーの鈴木大地!!
この日はショート根元の負傷により交代出場も、
西村監督の期待にこたえて大活躍!!

翌日の2日は先発出場し大活躍で、
スポーツ紙でもこの大きさの記事。

この選手将来いい選手になりますんで注目してくださいよ!

こういう強運を持った選手っていうのが、
「プロ野球の世界」では活躍する選手の絶対的条件なんでね。


その後マリーンズは12試合終了(7日時点)して、
3勝8敗1引き分けと、大きく負け越してはいるものの、
今マリーンズでは選手間のレギュラー争いの真っ最中!!

チーム間での生存競争が激しければ激しいほど、
チーム自体が強くなっていくわけですから、
選手たちは大変でしょうが、
ここでなんとか勝ち抜き、
この生存競争に打ち勝ってもらいたいもんです。

となれば、そのうちイイ結果が出てくることでしょう。

その暁には「優勝」の文字が・・・

「ソロソロ1位通過で優勝してもらいたいよねぇ・・・」
とは、潮風太子の周囲にいるマリーンズファンたちの声。

下克上も面白いですけど、
やっぱり王道を行きたいもんなんです。
それでこそ球団歌だけじゃない「ホンモノの王者♪」ってもんですからね。

ま、また話し長くなるといけないのでカットしますが、

我が家での現在の生存競争といえば

カブトムシ
幼虫が死んでガッカリしていた矢先、
「皮肉なコト」に今年はカブトムシが「大漁」で、
都合オス・メス合わせて15匹が
我が家にやってくるという異常事態に!
昆虫ゼリー
おかげで昆虫ゼリーの消費が爆発的に増加。
赤ん坊のオムツ並みのペースで
補充し続けなくてはならない状況でして・・・

カブトムシ7
とはいうものの、
毎朝、エサやりのため昆虫ケースを開けてみると、
1,2匹が絶命しているという悲しい現実も・・・。

結局、生命力と強運を持ち合わせた者が生き残るということかと。


「これが生存競争というヤツなんだぞ」
と愚息に毎朝、説くものの果たして、
どのくらい理解できているのやら?

土の中に潜って、したたかに生き延びている
多くの「メス」のカブトムシを、
エサを食わせようとわざわざ土の下から掘り出すたびに、
「メスってオスと戦わないからズルイよね」とつぶやく長男。

あ、そっちの方は学ばなくていいから・・・と思いつつも、

8月8日
オリンピックでもそうだけど「オンナ」って、
やさしく、おしとやかなようで、
実は、オトコより遥かにしたたかで強いんだよな・・・

って、そのうち愚息らにも、
わかるときがやってくるのかな(笑)

PS.8月8日vs西武戦に阿部が先発、
7回途中まで投げ1失点と完璧な投球にも関わらず、
後続のリリーフが打たれてしまい阿部は気の毒に、
またも勝ち損なってしまった。
こういうコトばっかやっていると3位も危うくなるのだ(怒)
今週はマリーンズネタ書く予定だったんですが、
マリーンズファンの皆さんはもう、ご存知かと思いますが、
この7月31日~の日ハムと地元3連戦の首位攻防戦。

ここは相当にヤバイ状況のマリーンズということで、
呑気にブログなんぞ書いてる場合じゃないワケでして。
とにかく球場へ応援に行くのが先!
首位攻防戦の決着がついた来週、今後の展望をかねて一筆
書こうかと思っております旨、次週に持ち越しとさせていただきます。
マリーンズネタを期待されていた皆さんには、お詫び申し上げますm(_ _)m


がんばれニッポンも結構ですが、
がんばれマリーンズもね・・・。

ということで、今週も夏休み用のファミリーネタなど・・・
4週目に書く予定だったんですが4週目もお休みになりそうなので・・・
急遽ネタ差し替えということで。

で今回は何処なん?というと、
minakami3.jpgみなかみ1
今回は群馬県のみなかみ町にある
群馬サイクルスポーツセンターという
昭和テイストたっぷりなアミューズメントパークのご紹介です。


みなかみ2
行ったときは既に、夏休み期間中に入っていた時期だったハズなんですが、
せっかくの広い駐車場もこの感じ(駐車場無料)。
開園早々から半日滞在して結局、
我が家を含め4家族しか「お客」がいませんでした。
浦安にあるネズミの国とはエライ違いなんですが、
いやいや皆さんココを侮ってはイケマセン。

みなかみ
一応、入場料300円(一般)アトラクション利用料200円、
回数券700円(4枚つづり)とかあるんですが、

ココに来る人たちは、ほぼ99%「大変お得な」サイクルパスなる
入場料+1日中全てのアトラクション乗り放題(サーキットコースは別料金)という
小学生以上1200円と映画より安いチケットを購入して入場します。
パンフレットには1時間でもとがとれますと書かれているものの、
それどころか、この日ほぼ貸切状態で係のおじさんが付きっきりの接客で、
家族4人(大人2人小学生1人2歳児だと無料)計3600円ですからね。
むしろ、申し訳ナイ気持ちの方が強いくらいでした。


みなかみ8みなかみ6
風光明媚なこの場所には、まぁいろんな種類の自転車が・・・
そしてガラガラのコースでは子供もスピード飛ばし放題!!
脇から自動車が飛び出してくることもありません。

みなかみ5
このアンティークなデザインの4人乗り自転車。
前の座席は座席のみで後ろの座席にペダルが2つ、
後ろの人が自転車をこぐという仕組みの自転車で、
みなかみ4
自転車がまだこげない幼児を前に乗せて走るには最高のマシーンです。
が、前に親が乗り後のペダル役をスピードの加減とブレーキが下手クソな子供に任せて乗ると、
たちまち絶叫マシーンに早変わりです!!
みなかみ10みなかみ9
この自転車が係のおじさん曰く「世界で一番面白い自転車」という、
トライサイクルなる寝そべって運転する自転車なんですが、
これ体感速度があって確かに面白かったです。
子供用と大人用があり大人用だと幼児を肩車して乗車することが可能で、
子供は大喜びでした。
乗車前には、おじさんから乗り方のレクチャーを受けられるので、
やや乗り方の難しい自転車も安心して楽しく乗れます。
とにかく、ここのサイクルセンターの「係のおじさんたち」は皆、優しくて親切。
これだけガラガラだとモチベーションも下がりそうな気もするのですが、
いやいや、とんでもない!これこそがサービス業の本質なんだと勉強になりました。
みなかみ11みなかみ12
これはサイクルモノレールという乗り物で、
モノレールのコースを自走しながら一周するという、
いわゆる「空中散歩」モノなんですが、
みなかみ13
大自然に囲まれ心地よい山の風にリラックスしつつ、
「ほどよく老朽化」したレールと意外と高い橋脚が
適度なストレスとなって緊張と緩和の世界を体験させてくれます。

このほかにもサイクル列車とかパターゴルフやらあるんですが、
書き出すとキリがナイので詳しくはホームページにて(笑)
群馬サイクルスポーツセンター

そもそも、このブログはマニアックさがウリなんで、
ちょうちん記事ばっかり書いても仕方ナイですから、
ここらで、こっそりとマニア系ネタも・・・・

ココへ来て一番驚いたのが実はコレ!
キャンディ1

この自転車見覚えあります?

じゃ角度を変えた正面からの画像を。
きゃんでぃ2
そうです!ある特定の世代の人たちなら知らない人はいない、
「キャンディキャンディ自転車」(ナショナル自転車製)です。

これまた実によく大切に整備されていて、
まさしく「現役」として活躍しております!!
しかも、これが3台も現存していたことに私、
潮風太子はエラク感動いたしました。
minmi2.jpgみにみ1
まさしく、ものづくりの国日本と呼ばれていた頃の自転車です。

かつては自転車屋の丁稚だった松下幸之助が設立した、
ナショナル自転車の自転車なんですよねぇ。
タイヤもMADE IN JAPANですし・・・

いや~この自転車を見た瞬間、実に感慨深かったですハイ。

モノを大事に使う、丈夫で長持ちという日本人が本来もっていたハズの、
美しき日本のココロを久しぶりに見た気がいたしました。


こりゃ自転車だって自転車冥利に尽きます。

ま、そんなこんなしているうちにアッという間に、
2、3時間過ぎてしまいます。

けれども、この地ご存知かと思いますが、
群馬県の山間部、ぶっちゃけ「灼熱地帯」!(汗)

ちなみに、この日は気温37度(天気予報によると)だったそうな。

なので、この時期にココへ来る場合は
熱中症および日焼け対策(帽子など)をして、
多めに「飲み物類」を持って入場し、
入場後はこまめに水分補給をすることを
お知らせしておきたいと思います。
ホントに暑いトコですから、おいでの際にはご注意ください。

なので滞在も3時間が限界ですかね夏休みの時期だと。

でも、それを差っ引いても開放感たっぷり、
自然に囲まれての自転車遊びは親も童心に帰って、
チャリンコ遊びに熱中してしまいます。

こういう奇特なアミューズメントパークって、
こういう時代だからこそホントに大事だと思います。
最近、希薄になりつつある「ヒトの体温」を感じられるところです。

かくして我が愚息2人は大喜びで「また来週来たい!」だそうで・・・
って、そうそう来られる場所じゃナイんだよな・・・。

みなかみ33

あと場所が山間すぎてカーナビで来ると途中から、
たびたび「コースを外れました」と音声ガイドが・・・。
一本道のハズなのに・・・なんで?(謎)

でも家族連れにはホントに面白いトコなんで、
もうちょっと「お客さん」が来るといいのにねぇ。

ということで、今回チョイと取り上げてみやした。