FC2ブログ
実は、このネタは昨年の最後に持ってこようと思っていたものの、
諸般の事情やらPCトラブルやらで蔵入りになっていたネタ。

あえて今週、改めて「焼き直し」にて・・・

先月のアタマにちょいと時間ができたので、
例によってドキュメンタリー映画でも観ようかと・・・

しかし「今年」の見納めを何にしようかと思っていたものの、
コレといった作品が目に付かなかったので、
逆に「一番つまらなそうな作品」を観てみたいと思い、
この作品を「今年の見納め作品」に選択。

ということでポレポレ東中野へ先月上旬の某日、
平日の昼間コッソリと出没。


ところがどっこい、
これがまたジワ~っとくる作品で、
いい意味で見事に期待を裏切られた。

それが「ある精肉店のはなし」というドキュメンタリー映画。

2010年に上関原子力発電所に反対し続ける島民たちの
生活を撮った「祝いの島」というドキュメンタリー映画で、
一躍、ドキュメンタリー映画界で有名になった、
纐纈(はなぶさ)あや監督の作品で、
大阪府貝塚市にある「肉の北出」という精肉店をベースに、
2012年3月に閉鎖となった貝塚市立屠畜場の最期の様子を
記録した非常に貴重な作品でもある。



大阪府貝塚市にある、ごく普通の精肉店が舞台。
ただ、この「肉の北出」は自分のところで子牛から
約2年間ほど「肥育」したのち、
近くにある貝塚市立屠畜場で解体処理を自分たちで行い、
その肉を精肉、販売までを一括で行っている、
生産直販という今時、ちょっと珍しい精肉店だ。

まず冒頭ショッキングな映像から始まる。
肥育していた北出精肉店から近所の屠場まで、
住宅街を牛を引いて連れて行き、
北出家が勢ぞろいしている屠場へ到着すると、
これといって牛との別れを惜しむでもなく、
淡々とした様子で体重を計測し事務処理を終えると、
早々にエイッ!と牛の額に「デカいハンマー」で一撃。

たったこの一撃で大きな牛が前足からガクッと崩れ落ちる・・・


生まれてこのかた、
屠場の様子なんて実際に見たことがなかったので、
結構、衝撃的な場面だ。

そこからは北出家の人々が総出で、
素早く手馴れた手つきで、
皮を剥ぎ、腹を開き、内蔵を取り出し、
段取り良く牛をバラバラに解体してゆく。
ちなみに牛の革は牛革となることは知られるが、
実は「和太鼓」の皮ともなる。
お恥ずかしい話、長年日本人でありながら、
そんなことも知らなかった。
そのプロセスもこの映画には記録されていて、
大変興味深い。

そして汗だくになりながら、
淡々と作業を進めていく北出家の人々。

これが一つの命の終わりであり、
失われた牛の命は人の命を繋ぐ「食べ物」となり、
これを食する人々の血となり肉となる。

これこそが「いただきます」の語源だ。


北出家は代々この地で「精肉店」を生業としているが、
その昔、ココは「東」と呼ばれ同和地区だったところで、
往々にして屠場は同和部落の「仕事」という位置づけにあった。

これは江戸時代の士農工商穢多非人(しのうこうしょうえたひにん)
なる階級制度が元で、死んだ牛や馬、豚を扱う者は穢れている。
という差別意識から、
この手の仕事は、もっぱら「部落民の仕事」になっていったという。

また、こういう職業を蔑むような当時の社会的背景もあった。

ほぼ文盲だった父親から代替りした
長男(北出慎司氏=現・店主=画面中央)は若かりし頃、仲間たちと共に、

それまでタブー視されていた部落解放運動を行い、
奨学金制度などを国から勝ち取り、
同和地区で暮らす人たちが自立するキッカケを作り、
あるいは脱け出すことを可能にさせた。

同時に同和問題をオープンにし社会問題化させたことで、
脱・部落民生活、脱・同和差別を達成することにも成功させた。

ただ実際には、こうした問題は今だに存在しているのもまた現実。

そう、この作品は同和部落問題も提起しているのだ。


夏のお盆には江戸時代から続く「東盆おどり」という、
この地域独特の夏祭りが行われ、
おとなも子供も3日3晩、仮装して踊り明かす。
そして先祖の霊を慰める。
最近は騒音問題による規模縮小や、
祭りのキーとなる子供の少子化、
核家族化からくる地域コミュニティの崩壊化、
そもそも「お盆の定義」すら
有名無実化している現在の日本にあって、
この地は今だに昔からの「伝統」を継承している。


それも最近のメディア受けするための「エセ町おこし」だとか、
単なる商業イベントとしての「祭り」という薄っぺらいモノ
とは一線を画した、
地元で地味にそれでいて「熱く」、
改めて家族のつながり、地域とのつながりを再認識する、
「ホンモノの日本の祭り」の姿も記録されている。

本当に長い時間をかけてじっくりと撮影した、
渾身の作品で、いろんな角度からこの作品を観る事ができる。

差別問題とは、家族とは、地域とは、
食の問題、学ぶということとは、
お金を稼ぐということとは、
額に汗して働くということとは、
生きるということとは、
そして命の尊さ、
命は繋がれているものであるということの再認識、
命に感謝するということ、

本当に日本人としてというよりも、
人間として生きること生きていくということを、
淡々とそれでいて真正面からどう向き合うべきなのかを、
今の我々に「やさしく」問いかける作品で、
今、大ヒットしている「永遠の0」も結構だけれども、
こういう作品こそ我々の世代はもとより、
次世代の人たち(特に中学生や高校生)に観てもらいたい、
心の奥底に深く残る珠玉の作品。


上映当初は昼の1回上映だったものの、
今、確認したらいつの間にか1日3回の上映になっていて、
ちょっとビックリ!

というより、この手のドキュメンタリー映画としては、
異例のロングラン上映。

今後は西の方でも上映されるとのこと、
是非ともお勧めの一作。
機会ありましたらご覧いただければと・・・


ということで今週は現在、隠れ大ヒット作品となっている
「ある精肉店のはなし」をご紹介しました。

では、また来週。

ある精肉店のはなし予告編
スポンサーサイト



ようやくパソコンが復帰いたしました。
が、そこで判明したのが、
年頭にPCメール、mixy関係にて新年のご挨拶したものが、
どういうわけか、ちゃんと送信されていなかったことが発覚!

原因につきましては現在、検証中ですが、

まずは関係各位の皆様、大変失礼いたしました。
この場をお借り致しましてお詫び申し上げますm(_ _)m

また折を見て、
改めて別の機会にご挨拶させていただくということで、
何卒ご容赦のほど・・・

と、いきなり内輪ネタで失礼いたしました。

ここのところヌルいネタが続いたので、
今週は久しぶりに時事ネタにします。


東京では猪瀬直樹前・東京都知事の辞任による
東京都知事選挙の選挙戦が始まった。

大手マスメディアはもっぱら舛添要一と
元総理大臣・細川護煕との一騎打ちとの報道。

確かに、実際そういうことになろう。

ただ東京都民の心情的には
「どっちも嫌だ」というのがホンネだろう。

「今日の晩ご飯、
カレーのかわりにチョコレートをたっぷりかけた
チョコライスと、フルーツてんこ盛りで
甘いシロップつゆだくのフルーツ丼どっちがイイ?」
と言われているようなものだからだ。

傍目からみると面白い話だが、
実際に自分が食す立場となった場合、
「もっとマシなメシないの?」というカンジか。

これがバラエティ番組のワンシーンなら大爆笑だが、
家庭生活において、実際にこういう選択を迫られたら、
たまったものではない。

その東京都知事選挙。
大手マスメディアがこぞって報道する
舛添VS細川の構図で選挙戦は進んでいるのかと思いきや、
まったく報道されていないが、
今回「泡沫候補」扱いではあるものの、
出馬している田母神俊雄元・航空幕僚長の選挙演説の際に、
応援演説を行っているデビ夫人こと「根元七保子」の大演説が、
注目を集めていることを、関東エリア以外在住の方で、
ご存知の方がどのくらいおられるだろうか?

特に1月12日上野、秋葉原で行われた応援演説は、
ネトウヨ系動画としてアップされているので、
興味のある方は、そちらでご覧いただくとして、

この人、こんなに極右派だったっけ?と、まず驚いた。
もう完全に桜井よしこレベル。

そして、彼女の演説に多くの「ネトウヨ系」と思われる、
大勢の若者たちが歓声をもって聞き入っている異様な光景に、
これは単なる都知事選挙の演説ではなく、
一時、沈静化した右派デモの再結集化の前兆とみた。

選挙戦は、あくまで大義名分で、
実際には多くの「若者」たちに、
右傾化を呼びかける右翼集会をやるための、
口実でしかないような印象を受ける。


確かにテレビ慣れしているだけあって演説が上手い。

ただ内容は完全に右翼そのもので、
そこいらの右翼団体の長の街頭演説より、よっぽど過激だ。
例えば舛添要一の妻のことを大手宗教団体の偉い方~
なんてコトは、まぁまともな神経の人なら怖くて言えない。

テレビでは見せない女闘士「デビ夫人本来の姿」が、
そこにはあった。
また、これを支持する若者が増え始めていることも、
見逃してはいけない。

しかし、この大演説から数日後、
「デヴィ夫人こと根元七保子」がTBSの番組収録中、
番組に出演していた「自称・一般人」の女に対し、
カッとなってビンタを3発食らわせ、
その「自称・被害者の女性」が警察に、
デビ夫人から暴力を受けた件で被害届を提出した。
というニュースが続く。

誰がどう考えても視聴率アップ狙いの、
ヤラセ臭がプンプンする「事件」であることは明らかなのだが、

コレをマトモなハズのニュース番組で取り上げたり、
それを誰も「あれはヤラセでしょ(笑)」と突っ込まなかったりと、
はてまた、おかしなことが起き始めた。

まぁこの手のやり口は、
その昔アントニオ猪木が全盛期の頃の、
「新日本プロレス」が、さんざんやった手法で、
「警察」「被害届」というインパクトだけで、
世間の注目を集めさせて~というチープなやり方だ。

結局、その後「示談」だとか「被害届取り下げ」といった形で、
こっそりフェイドアウトさせるのがオチになっているのが定番。


ただし、このニュースの際も最近のデビ夫人の右翼演説については、
一切触れていない。
選挙公示日前にも関わらずだ。

デビ夫人を挑発して、こういう騒動を起こさせて、
番組的には「視聴率を上げる」ことができると同時に、
大々的な報道によってデビ夫人が活動自粛という形になれば
「街頭演説活動」を阻止する狙いも見え隠れする。

これが東京のマスメディアのやり口かと思うと、
ちと薄気味悪い。


ただ、この根元七保子という人物、
以前にも書いたが只者ではナイ。
コパカバーナのホステスからインドネシアのスカルノ大統領の
第3夫人となった人物という肩書きの他、
もう一枚別に「東日貿易秘書 根元七保子」という名刺を持っていた
人物であったことを忘れてはいけない。

東日貿易といえば、
当時はインドネシア相手の貿易会社として有名だった。
その「東日貿易秘書の根元七保子」をスカルノに引き合わせたのが、
かの児玉誉士夫。

結果的に根元七保子の大活躍により、
日本と天然資源豊富なインドネシアとは、
今でも非常に良好な関係を保っているのもまた事実。


今月21日インドネシア投資調整庁はインドネシアへの投資額、
日本が首位と発表した。
インドネシア最大の投資国「日本」ということでもある。
(ただ今だに例のキックバックシステムを使っているかもしれないが)

そのインドネシアでは現在、
こんな話で盛り上がっている。

2010年からインドネシア国営企業のクラカタウ・スチールと、
韓国の鉄鋼最王手「ポスコ」が合弁にて、
大型一貫製鉄所を30億ドルという巨額の費用を投じ、
インドネシアのチレゴンに建設した。


ところが昨年12月23日めでたく大々的イベントにて、
火入れ式を行ったものの、
わずか稼働2日で高炉からアツアツの溶解液が漏れ出すという、
鉄鋼業界においては前代未聞の事故(大失態)を起こし、
3週間経ったいまだに稼働停止状態に陥っているという。

大規模製鉄が始まって、もうどのくらい経ったのか?
こんな話は、今時ありえない話だと思っていたが、
21世紀のいまだに、こういう初歩的事故が起きるのかと・・・・。

よくよく聞けば昨年3月にも、
ポスコは自国で溶鉱炉爆発事故を起こしていた。

あれだけ優秀な携帯電話を作る技術力があるのに、
溶鉱炉も満足に作れないのか・・・と、これまた驚いた。

鉄は国策ナリと、その昔の日本ではそう言っていたもの。
製鉄技術こそ工業の基本中の基本だろうに。

多くの鉄鋼関係者は「それみろ韓国企業なんかに任せたからだよ」と、
思ったことだろう。

デビ夫人→インドネシアというカンジで検索をかけていくと、
そのうち、こういう「ネトウヨ派」が大喜びしそうな「ニュース」が、
ヒットすることを知っていて根元七保子も仕掛けを打ったか?

根元とスカルノを引き合わせた「女衒」児玉誉士夫は、
のちにロッキード事件で登場することになる。

そのロッキード事件を題材にした文章を書いて一躍有名になったのが、
立花隆と猪瀬直樹だった。


その猪瀬直樹は、まるでミイラ取りがミイラになるかのように、
東京都知事という権力の側に立った途端、
田中角栄と同じようなことをやらかして自滅した。


かつて児玉誉士夫の「手下」だった根元七保子が、
この選挙戦の舞台に顔を出した。

横須賀育ちの小泉純一郎も顔を出して盛り上げている。
横須賀といえば「稲川会」の本拠地。

そして児玉誉士夫は稲川会の前身「錦政会」の顧問だった人物で、
自民党のフィクサー(黒幕)と呼ばれた人物だった。

構図的にみると、
すべて繋がっている者同士が、
パワーゲームの駆け引きを楽しみ、
世間をあざ笑っている光景に、
どうしても見えてしまう。

なんとも胡散臭い都知事選になりそうだ。


しかし一番困惑しているのは選挙民当事者である東京都民だろう。

なにしろ誰も都知事にふさわしくないのだから。
まだパソコンの修理が完了しないので、
今週もiPhoneからの送信の為、
短編モノで・・・。

※推定無罪ネタなので所々、伏せ字にて書かせていただきます旨、
ご了承のほどm(_ _)m

釣りキチの同僚I曰く、
トラウトはルアーで決まると言い切る。
それもコレだけだ!と。
と、紹介された某社のルアーNO.△△。
通称 金▲と隠して書いても、
解る人には解るらしい。

特段、釣り雑誌や釣り番組でも取り上げられたこともナイ(ハズ)にも関わらず、
どういうワケか、
その銘柄のルアーだけが、どこのショップでも完売と。
上州屋やブンブンといった有名釣り具店は勿論のこと、
メジャーな通販ショップでは、
すべて入荷未定というほどの人気ぶり。

ホンマかいな?と思うも、
他の釣りキチの同僚も、
アレは釣れますわ!と絶賛のルアー。

トラウトには、これまで興味が無かったものの、
そう言われりゃ、そのルアーとやらを入手して、
やりたくなるのが人情。

つい、けしかけられてiPhoneの音声入力機能にて、
凸凹社 ルアーNO△ △ 金▲と検索。

案の定、完売。入荷待ち。入荷未定。
のオンパレード。

そんなに凄い売れる商品なら、
もっと大量生産すりゃイイのに・・・。
と思うも、それはあくまでコチラの都合。

「まぁ仕方ないか・・・」と検索終了直前、
在庫アリの、とある店舗を発見!

お~っ!あったぁ。

金鉱でも掘り当てたような感動もソコソコに、

パソコンが無い現在、
iPhoneだけが通販でモノを購入する唯一の手段。
蜘蛛の子のような小さい文字を、
最近では老眼が入ってきた目で遠目気味に読みながら、
焦りでプルプルと震える指先の突端で、
画面にタッチしつつ、
なんとか、かんとか購入の為の手続きまでこぎ着けた。

ただ、このとき一つ気になったのが
通販ショップでありながら、
今どきカード決済が出来ないという点。

支払い方法が代引きか口座振替だけしかないらしい。

とりあえず口座振替を選択し、
受信可能のウェルカムモードにて、
折り返しメールが来るのを待つことに。

どこの口座に入金すればよいのやら?

ところが3日経っても返信メールが来ない!
翌日も、翌々日も都合5日待っても音沙汰ナシ。

はて?どうしたものやら・・・

と改めて同サイトを開くと、
何故かNOT FOUNDの画面に?


現金被害こそ無いものの、
結果的に自分の住所、氏名
電話番号、メアドといった、
個人情報を見ず知らずの「釣り具店」へ、
無警戒に教えるという大失態をやらかしたか!

まさか新手のフィッシング詐欺じゃあるまいな?と。

念のため個人情報保護法について、
改めて調べてみると、
個人情報取扱い事業者とは、
データベースやアドレス帳などの形で、
体系的に整理された個人情報を
5000件以上保有する民間の企業や団体のことを指す。とある。

個人情報取扱事業者となった事業者は、
好き勝手に集めた情報を目的以外に利用、
あるいは情報を売買してはならない禁止条項がある。
違反者には懲役6か月以内や罰金などが
課せられるというのが、
個人情報保護法だ。

しかし、例えば極端な話、
言い換えると4999件の個人情報を保有している民間の企業や団体は、
それに該当しない!というコトにもなる。

また仮に5000件以上の個人情報を所有している
個人情報取扱事業者であっても、
6か月以内に保有している個人情報を
削除する場合は、
一過性の利用とされ5000件のカウントには、
含まれないという例外規定も存在する。

要するにザル法であるというコト。

ましてやクレジット決済なんぞ扱わなければ、
正規のフィッシング詐欺にも当たらない。
ただ単に個人情報を入手しただけ・・・

では犯罪でも何でもナイ!

それでも個人情報であることには変わりないので、
それなりの「商品価値」は、あろうというモノだろう。

こういう形で漏洩した個人情報が、
後々、迷惑メールなどとなって、
またウザい迷惑メール爆撃を食らうハメになるのだろうか?

あ~新年早々、
余計な心配のタネを蒔いてしまった俺のバカバカ!

釣りだけにフィッシングとは、
なかなか頓知が効いているが、
まさかアドレスフィッシングではなかろうな?と、
それに簡単に食いつくダボハゼなボク。

今のところ直接的な実害がナイので、
犯罪性はナイものの、
限りなくグレーなアドレスフィッシング
らしきモノには、
皆さんも、ご注意下さいませ。

ってな訳で、また来週。
改めまして、
あけましておめでとうございますm(_ _)m
本年もまた宜しくお付き合いのほど、
お願い申し上げます。

という定型文の挨拶もソコソコに、
実は年末あたりから、まだ購入2ヶ月の我が家のPCモニター画面に

こんな不気味な影が出てきた!と思っていたら、

年明けには、こんな状況に。

コレどういうコトかというと、
どうやら液晶画面のバックライト不良。
ってコトだそうで・・・。

となると部品交換と。

しかもこの画面、ドライブと全部一体モノだけに、
ソックリ交換とのこと。

全治10日~2週間程度との診断。

幸か不幸か保証期間内なので、
無償修理だったものの、
保証期間が過ぎたモノだと、
約6万円からの修理代がかかるという話。

参考までにネットなどで、
おおよその寿命を調べてみたら、
だいたい7~8年で、こういう現象が起こるとのこと。

iPhoneもそうだけれども、
家電製品の「丈夫で長持ち」は今や過去のコトバか・・・

今から次回購入のパソコン貯金を始めねば。

おかげで今週、来週とiPhoneからの発信。

文を入力する作業。
これが実に使いにくい!
とにかく余計な時間が掛かり過ぎ。

ってな訳で今週、来週はこんな感じの短編モノになりそうです。

せっかく数本、ネタも下書きしてたんですけど、
iPhoneだと編集しにくうございまして。

またネタが蔵入りになりそうな悪寒。

困ったモノですな(>_<)

いきなり新年早々、
ズッコケた感じですが、
本年も、こんな感じでコッソリと書いて参ります\(^o^)/
と、決意表明をして、
また来週!