FC2ブログ
携帯電話をリニューアルした関係で、
ちょっと、すったもんだしておりまして、
更新遅れました。
ということで今週はパパッとした感じで。

先週、韓国で大型フェリー「セウォル号」が沈没。
ご存知のとおり大惨事に。

さすがの「ネトウヨ」たちも、
これには絶句したようで、
各種サイトを一応チェックするも、
「それ見ろ」的ないつもの論調はなく、
ただただア然とした同情的コメントが殆ど。
「さすがに、これはヒドすぎる」と・・・。

では翻って我が国はどうか?

といっても実は我が国も似たり寄ったりではないかと。
韓国のことをどうこう言えるのかと。


ここ数年、かつてなら信じられないような、
「初歩的ミス」による重大事故が多くなった。
今年の4月3日に神戸三宮の市街地で発生した、
ビル解体工事現場での足場倒壊事故なんかは実に象徴的だ。

これだけの解体工事を、わずか3人足らずで行っていた。
しかもシロウト同然の重機オペレーターに、
解体工事のイロハのイも、
よく知らぬ現場の作業員たち。

ちょっとは解体工事のコトを知っている人たちに言わせると、
まぁ考えられない事故だという。

と同時に、これが今の工事現場での実態を、
如実に象徴しているとも。

まるで基本が出来ていない上、
それを指導する「厳しい親方」の存在も不在。
コスト削減、人材不足の行き着いた先がこのザマだ。

この時は被害者2名で重傷ながら死者が出なかったコトこそ、
奇跡的なコトだったのだが、
これが逆にコトの重大さの認識を薄くしているかのようで、
その後のメディアの報道や国土交通省の対応の甘さからみても、
まぁたいした事故じゃなくてよかった程度の認識。
これではなぁ・・・と。

まぁ一つ言えるのは、
またこういう事故が近いうちに起きるだろう・・・
ということ。

バスの事故と大型クレーンや、
トレーラーの横転事故がいい例。

全くと言っていいほど改善傾向が見られない。
もう定番事故のような報道に最近では皆が、
慣れっ子になってきている。

ということは被害に遭うのは次は自分の番かも知れない・・・
くらいの認識で、
日々の生活を送らなければならないというコトか。

その上、工事現場では働き手が少ないということで、
外国人労働者をドンドン入れようとか、
ドボジョ(土木系女子の略らしいが要するにかつてのガテン系女子)
を大幅増員できるように「国」が支援とガイドラインを作るとか、
マヌケな話を平気で言い出す。

まず、やるべき事は、
実績がある高いスキルを持った「親方」には、
正当な評価をするシステムを作ることが先で、
勉強がキライあるいは「やらない」(できないではダメ)ような、
殆ど将来見通しの暗い高校生活を送っている、
ニート予備軍的アホな学生は皆、
正真正銘「職人型親方」の元で理不尽な暴力(言葉も含む)に耐えながら、
修行に励み競争しながら「名人」の座を射止めるくらいの、
システムを構築しなければ、
まともな「日本人の職人」が一向に育たない。

その上での「親方」と「見習い」との、
極端な収入格差はあって然るべきだし、
そういう厳しい修行がイヤなら死に物狂いで、
子供の頃から「勉強」すればイイだけの話。

代わりはいくらでもいるとか、
もうデキて当たり前の時代じゃナイ。
それは昭和の頃~平成初頭までの話。

時代が変わったコトをもっと認識しなくては。
緩やかに国力が低下していることは、
もう皆、気づき始めているハズ。

領土問題や、最近では中国人に日本の商船を騙し取られる有様。
これが国力の低下と言わずして、
何を国力の低下を定義するのかと・・・・。

国力の低下といえば
TPPもそうで、
最初のうちは素晴らしいコトだと思っていたものの、

例えば、こういう本を読むにつけ、
あるいはマイケルムーアの映画や著書を見聞するにつけ、
これがいかに危険なルール作りであるかというコトを、
日本のメディアの殆どがキチンと伝えていない不思議。

安い牛肉や豚肉や米、野菜が入ってくると日本の農業は、
壊滅的な打撃を受ける!
くらいなら実はまだマシな話だと思っている。
それより遺伝子組み換えいわゆるGM種子にみられるような、
薬漬けの農産物を大量に摂取させられて、
我々も他国の国民のように実験モルモットのようになっていくのかと。

また、そうなったとしても、
何ら成す術ナシ。
下手すりゃ「放射能の影響」だと言われてオシマイ。
しかも、それで疾病したとしても、
それを証明するコトなんざ絶対に不可能。
裁判でそれを明らかにしようとすると、
軽く50年はかかるだろう・・・

いったんTPPですべての農産品が適用となると、
国内の農業にまで彼らは、そのシステムを次々と、
言葉巧みに導入させ、すべての食品を抗生物質化させて、
侵略していこうという段取りらしい。

外資系のローン地獄=サブプライムニューヴァージョンの日本上陸も、
彼ら多国籍軍の悲願でもあるという。

今やオバマは多国籍企業の操り人形かのようだ。

そういう相手と今、日本政府は「生きるか死ぬか」の交渉を
続けているというコトもキチンと報道しない、
日本のメディア。

「セウォル号」のような絶望的転覆の兆候が見られ始めている「日本丸」。
さて舵を切り間違えると、
どういうことになるか・・・

でもって「船長」なんぞ、さっさと逃げてしまう。

あれと同じ。

じゃあ、どこに逃げる?逃げ場なんかナイ。

もっとピリピリしても良さそうなもんだが・・・
これは平和であるということなのか?
無力であるということなのか?

たかがブログ、されどブログ。
皆さんの一考になればと願い一筆。

ではまた来週。





スポンサーサイト



最近、時事ネタ書かないね・・・
と友人K太郎からメール。
意外にもコッソリこのブログを読んでいたのかと、
そっちの方で驚いた。
こうしてブログをやっていることを口頭で告知した時は飲み会で、
しかもかなり泥酔していた時故、
どうせ忘れてんだろう・・・と思っていただけに、
スポーツ紙のギャンブル欄とエロ記事以外、
活字なんぞロクに読まないヤツが、
毎週このブログを読んでいる光景を、
想像すると可笑しい。
あ、ちょっと言いすぎたK太郎スマン。

ということで今週は久々に時事ネタのコラムなんぞ・・・。

といっても最近、どうも世間一般の皆さんと、
私、潮風太子との考え方にギャップを感じるようになったので、
このところ、時事ネタは控えていた次第。

例えば、佐村河内某の一件なんかでいうと、
何をみんな、あんなにムキになって怒っているのかが、
まったく理解できなかったりと。

これだけネット社会にも関わらず、
彼の出自がまったくわからなかったコト自体、
「爆笑」すべき事象なのに、
まぁ、いとも簡単に彼を信じちゃうっていう、
しかも、騙されたと怒る感覚がよく理解出来んのですな。

あんまり書いても無意味なんで、
この話はこの辺で切り上げたいトコなんですが、

ただねぇ。
ちょっとばかし音楽をかじってた、
元ニワカミュージシャン気取りの潮風太子からすると、

交響曲を書くレベルの人なら、
クラシックピアノの曲ならすべて譜面通りに弾けて当たり前なんで、
まず弾けないってコトはナイんですハイ。

じゃなければ交響曲なんか書けません。
クラシックピアノがちゃんと弾けなきゃ、
絶対に和音構成自体が理解できないハズですから。

しかも誰も彼のピアノを聴いたことがナイ、
いや百歩譲って幼少期含め、
過去に遡っても佐村河内氏自身が、
クラシックピアノを演奏しているところを
誰も見聞きしたことがナイなんて、
まぁありえないコトなんですがね。
それだけ「神童」だったんなら・・・

と、あまり音楽に詳しくない方向けに一筆。
本来なら書くに値しないようなネタですけど、
一応「どう見た?」ってんで、こんな感じで。

しかし前にも書きましたケド、
曲自体はイイみたいなんで(ちゃんと聴いてナイので評価できませんが)、
何らかの形で曲の方は残してあげれば・・・と思います。
が、世間一般の皆さんは、
そんなコト到底許せないんでしょうなぁ。
まぁよくわかりません理解不能です。

小保方晴子博士の一件にしても、
STAP細胞があるのか否か?という議論も、
ナイって方向で現在、
世間一般では言われてますな。

まぁ単純に考えると、
実験に失敗しました!ってな話なんじゃないかと。

だから、残念ながら失敗しましたチャンチャン♫
でイイじゃんと思うんですケド、
世間様は、そんなのは許せないと・・・?

でも、逆に考えた場合。
例えば実際にあったらどうなんだろ?と、
疑り深い私メは、
そっちの方も想像してしまうワケで。

小保方晴子博士ってのも、
よくよく考えたらヘンでしょ?
確かに早稲田の理工学部の大学院まで出てるんだから、
さぞや優秀なんでしょう。
いや間違いなく優秀な頭脳をお持ちなんでしょう。

ただねぇ。
ハーバード大学って偏差値80って言われてるそうで・・・
一応、いろいろ検索で調べましたよ。

でもって、どこ見ても、
やっぱり偏差値80で間違いナイらしいです。

もっとも、その程度のレベルじゃないと、
ついて行けないそうですから。

いや申し訳ないですが、
そんな優秀な方が東大や京大、一流国立大学でなく、
早稲田のご出身とはねぇ・・・?。
どうして、まずハーバードに行くより先に、
そちらの大学あるいは大学院に進学されなかったのかと。


また2年間の留学ったって、
お客様枠で行ったってんなら、
なんとなく理解は出来るんですが、

そうではナイ!と。
偏差値80レベルの研究者として留学していたと・・・。
大体において日本人で、
ハーバードに留学する人って、
世界的にも有名な国立大学を大変に優秀な成績で、
出られたような方ばかりとお聞きいたします。

また超有名国立大学在学中、
成績自体は中くらいであったとしても、
有名な大学教授からお墨付きを貰うような、
実験センスが抜群な人でないと、
まず入れないらしいですな。

いつから、そんなにハーバードの研究室の入口って、
広くなったのかと・・・。


よって潮風太子的に理解しようとするなら、
彼女はハーバードで実験の基本を叩き込まれ、
そしてSTAP細胞を証明する実験を、
自国に戻りハーバードの肩書きを最大限に利用して、
シンクタンクに潜り込み、
自国のカネで研究に勤しみながら、
逐一、ハーバードに研究成果を報告する役目。

というハーバードの歩兵として考えたら、
割とスンナリ理解できたりするんですケドね・・・

ならば日本式の研究ノートの書き方も、
わからなくて当たり前だし、
そもそもハーバードからの指示通りに、
実験しているのならば、
自分で考えてやってないのだから、
記者会見で理路整然と証拠を出しながら、
説明出来ないのもムリないかなと・・・。

自称共同研究者たちのイイ加減さも合点がいくと。

そこで考えられるのが、
理研が論文を取り下げて、
事実上、特許権を放棄した途端、
いつものようにハーバードに巨額出資している、
多国籍企業の製薬会社がスルスルと現れて、
ハーバード大学との共同研究により、
STAP細胞の実験に成功しました!
あるいは名称を変えたりして発表して、
特許権は我々のモノです!
なんてコトにならなきゃイイなと。

ちょっと空想が過ぎますかな?

それでもSATP細胞ってなモノは存在しない!
ってのが世間一般の皆さんの評価なんでしょうケド。
あったらどうすんの?って気はします私としては。

それと、もう一つ。

今話題の飛びます!飛びますミズノのボールの件。

これまた意外というか、
報道の仕方が巧みというか、
どうして、マスメディアと野球ファンは、
もっと怒らないのだろうかと・・・?。

まぁマスメディアはスポンサーの絡みがあるので、
そうそうミズノの悪口は叩けませんやね。

飛距離に関しては、
まずホームランを例に出して報道されてるんですが、
野球ってのはホームランばかりじゃナイんです。

今年、野球を観ていて感じていたのは、
昨年とは桁違いの打球の速さ。

まぁこれが1mだか2mの飛距離が伸びた証拠なのかなと。

よく試合を「観察」してもらうと分かるんですが、
とにかくエラーや記録に残らないエラー気味のヒットが、
今年は多い気がね・・・
限りなく外野手の落球に近いヒットだとか、
ファールエリアでの落球とかもね。

そりゃプロの野球選手ならずとも、
ちったぁ野球をやったことがある人なら分かるんですケド、
野手って、バッターが打った瞬間に音と打った角度から、
補球位置を判断して野手全員が動くワケで。

しかし、いざ捕球となったときに、
これが手元で、もうひと伸びするワケですから、
そりゃビックリですわ。

例えば通常ならセカンドフライと思って追って行ったら、
いやいや伸びる伸びる、
となるとライトも「アレ伸びてきたぞ」ってなコトになるので、
当然、全速力で前進してきますやね。

そこでゴチン!と激突と。

まぁ阪神の西岡の話ですが。

とにかくポロが今シーズンは多いです。

とかく飛距離っていうとホームランだけイメージさせるんですケド、
そうじゃナイだろうと・・・・。

よって、そんな品質の安定しないメーカーの製造した、
危険なボールを念入りな臨床実験もロクにしないで、
プロの試合で使うのは、
ミズノだから大丈夫!とはいえ如何なものかと。
生命にも関わる問題なんでね。
それこそSTAP細胞の話と同じじゃないかと・・・。
誰が検証しても同じ結果になるまで、
使うべきじゃなかろうと。

仕方がナイので、
少なくとも今シーズンはZETTやSSKのボールを使って、
今シーズン中いっぱいミズノにはキチっとした臨床実験を、
やっていただいてからSTAP細胞の検証並みに、
世界最高品質である「証拠」を
出してもらった上で使った方がイイのではナイかと。

実際にケガ人まで出して某球団(阪神)のチーム状態まで
狂わせてしまったワケですから。


これ以上「被害者」を出さない為にも・・・・
って誰も指摘しないのはなんでなんだろうか?と。

それでも世間一般のほとんどの人たちは、
飛ぶボール大歓迎ってんですから、
私メの考えなんぞ、やっぱり異論なんでしょうかね?

なんか世間一般の考え方とギャップを最近、
特に感じるんですよねぇ・・・

あぁ完全に浮いたカンジの独り言ですな。

でも、なんだろう?この世間様との違和感は・・・
「だいたひかる」のギャグじゃナイですけど、
私だけ?・・・。


ということで自身と世間一般との考え方とのギャップに悩みつつ、
また来週。




































一応、先週の続きから・・・

まだ「お花見気分」なんでイライラしないような、
穏やかでヌルいネタで今週もいきたいと思います。

ということで4月3日。
私、潮風太子QVCマリンフィールドに出没いたしました。
もちろん平日のデーゲームですから、
当然のことながら仕事はサボリです。



ところがギッチョンチョン、
当日は日頃の行いの悪さが祟ってか?
朝から大雨・・・・

また、この日は今や国民的大スター「ふなっしー」がマリンに参上!
でもって「ふなっしー」が選手紹介をした直後に「試合中止」の放送。
なんじゃそりゃ?と。


「ふなっしー」効果なんでしょう雨の中、
まだ春休み中の子供たちを連れた家族連れが、
多く朝から来ておりました。

潮風太子は案外と「生ふなっしー」を見る機会があるので、
そんなに感動もしなくなってきたんですが、
やっぱり、滅多に見られない人にとっては、
「感動的」なんでしょうな多分。

当日夜のスポーツニュース、翌日のスポーツ紙ともに、
普段のマリーンズの報道より大々的に、
「ふなっしー」のことを報じておりました。

最近のふなっしー商法はすごくて、
カップラーメンにまで登場する有様。
地元民のほとんどが知らなかった「ソースラーメン」でさえ、
いつの間にか「ふなっしー」のおかげで、
船橋名物になってしまうという・・・・。

いや、恐るべし「ふなっしー」効果。

ということで、どんなもんかいな?と、
とりあえず購入してしまう哀しい性。

早速、食してみましたが、
まぁ「・・・・」ってなカンジの味かなと。

阿藤快のグルメコメント風に書くなら
「好きな人には堪らないんでしょうなぁ」ってトコですかな。

まぁソースラーメンの話はこの辺にして、
これも「ふなっしー」のご利益なのか?
雨降って地固まったのか?
この翌日からのvs日ハム地元3連戦を、
なんと3連勝!!

いやいや、最下位脱出しましたよ。

やればデキる子YDKなチームなんですマリーンズは。


とりあえず交流戦までは、
のらりくらりと無理せずに5割キープでいくのが、
最近の優勝パターン。

まだシーズンは始まったばかり。
まぁジワジワと行きましょう(^^)


それともう一つ。
3連勝といえば、
これまた潮風太子がコッソリ応援している千葉ジェッツ!

確かに今シーズン、
現在イースタンカンファレンス最下位も、
ここ3試合の戦い内容が、なかなかイイ感じで、
ようやく確変の兆しが見えてきたのかなと・・・・



3月30日、千葉ジェッツの上、
現在5位の日立サンロッカーズ東京に
63-60の僅差ながら勝利すると、

翌週4月5日アウェーでの現在3位とプレーオフ進出がかかる
レバンガ北海道との戦いにも勝利で連勝!

翌日の4月6日も同チームとの対戦で、
完全に勢いに乗ったのか、
これまた連勝で、
やれば出来るじゃないかYDKの3連勝!

試合結果だけを見ると、
薄氷を踏むような僅差での勝利も、
かつてのようなアッサリと3ポイントシュートを
簡単に許して簡単に逆転されてしまうような戦い方ではなく、

徹底的な守備戦術をチームに浸透させてきたことで、
ようやくNBA上位チームに対しても互角の戦い方が、
できるようになってきた印象です。


最近は、それを更にバージョンアップさせた、
早いパス回しで相手を翻弄して、
自分たちのペースに引き込み、
相手のミスを誘ってビッグイニングを作るという、
攻守の切り替えの速さで勝負を決める
戦い方になってきたようで、
これが見事にハマっているカンジかと。

まぁ3ポイントシュートがバンバン決まるようなチームでもないし、
パワープレーもお世辞にも強いとはいえない千葉ジェッツですが、
弱者なりの戦い方とはいえ、
いや、
これ今後は千葉ジェッツスタイルになっていくような、
期待感を持たせてくれる戦い方であることは、
間違いなさそうですハイ。

さすがは昨シーズン、
bjリーグで横浜ビーコルセアーズを
日本一に導いた名将レージーゲーリーHC!
よくぞ千葉ジェッツにおいでいただきましたと。

こりゃ来シーズン(まだ早いか?)が楽しみです。

ただね、
現在、マリーンズしかりジェッツしかり、
なかなか現場で観戦できないもどかしさがねえ。
まぁ今の立場上、多忙なのは仕方ナイんですが・・・


とはいえ私メのような「疫病神」は、
逆にあえて「現場」へは行かずに、
PCやテレビ、スマホで、
コッソリ観戦している方がイイってコトなんでしょうかね(笑)
その方がマリーンズもジェッツも絶好調のようだし・・・

あ、また(4月9日)マリーンズが勝った・・・
スマホのアプリSPORTS NAVIが教えてくれた。

現在首位で絶好調だったオリックスの連勝(8連勝)を
なんと我らのマリーンズが阻止したと。

う~ん疫病神にとっては嬉しくも悶々とした日々が続く。





来週はまた辛い記事にしていこうかと思っております。
ではまた来週。




今週に入って関東地方の桜も満開となった。
もう、すっかりお花見シーズン真っ盛り!!

と言いたいところも、
貧乏暇なしの潮風太子は
「お花見」どころではナイ多忙な毎日を、
相変わらず送っております。


そして今年もプロ野球が、いつも通りに開幕。
また潮風太子、
マリーンズの勝ち負けに一喜一憂の日々の始まり・・・



今年は福岡ソフトバンクホークスとの対戦からスタート。

ところが、いきなりホークスに3連敗。
この程度なら、いつものことなので、
別に気にもしないものの。


地元へ戻り4月1日から埼玉西武ライオンズとの対戦。

ライオンズも開幕から3連敗中と、
マリン開幕カードから、いきなりの最下位争い。

でもって結局、その連敗中のライオンズにまで負けて、
開幕から4連敗で、マリーンズいきなりの最下位。

あ~また、やっちまったなぁ!

エープリールフルのウソでもなく、
夢でもない現実の勝負の世界は本当に厳しい。

翌、4月2日。
仕事の合間に携帯電話にて、
試合速報を逐一チェック。
もう仕事にならない状態に…

しかし現実は厳しく、
とうとう開幕5連敗という、
現実と向き合うハメに。

あ~あ、これで開幕5連敗かぁ!
最後は満塁まで追い込んだってのに…

そういえば

YouTubeでアップされてた今年から新登場の応援歌。
マルチテーマM。
ちょっと物哀しいカンジのメロディで、
♫ロッテの勝利が見たいから
行くぜ北へと南へとみんなが夢見る その日まで
クレイジーにはじけよう♪とは、

何か今シーズンを暗示しているようで怖い・・・


ということでマリーンズの「勝ち星が見たい」から、
開幕6連敗がかかった4月3日。
平日の昼間ながら、
仕事をサボって、いざ幕張へ!

フナッシーの始球式があるとの情報も、
それどころじゃナイ!
ヌルい試合は許さん。

今だ12球団唯一勝ち星のないマリーンズ。

今年はめったに見られないかもしれないから、
多くの熱狂的ファンが球場へ足を運ぶというのは、
開幕早々、
ちと寂しい気がするのは自分だけだろうか?

江戸端唄の梅は咲いたか~のパロディじゃないけど、
桜は咲いたかマリーンズはまだかいな?
とは日本中のマリーンズファンの今の心境かと・・・。

さて、これを書いている時刻は4月3日の、
今ちょうど0時を回ったところ。

そして4月3日は平日のデーゲーム。
ってなワケで、さっさと明日の準備して、
もう寝なくては・・・・


ということで、また来週。

結果や如何に?