FC2ブログ
今週は当ブログ2月5日号天命待つ影武者の心境ナリの続編を。

5月某日
「潮風クン〇日の午後3時頃ってコッチ(会社)にいるよね?」
と上司から言われる。
一応、スケジュールを確認すると確かにコッチにいる時間。
「はい、また何か?」と言うと、
「今度、社長のトコに行きますんで」と言う。
プレゼンの続きか?


今年の4月、
2月に提出した業務改善提案の件について、
このとき合計で都合3件(三位一体)提案したの改善提案のうち、
結局、1件の半分6分の1の提案が「採用」され、
とりあえず一部採用という形になった。

会社とて失敗したときのリスクのことも考える。
リスクを最小限にすることこそが、
マネジメントというもの。
日本の企業のほとんどは、
ハイリスク、ハイリターンなんて博打は、まず望まない。

まぁこれがサラリーマン社会の現実で、
島耕作や半沢直樹のような逆転サヨナラホームランによる
「完全勝利」なんてことは、
まずナイもの。
まずは外野フライか併殺崩れで手堅く1点。


そんなに全て自分の思うようにはいかない。

自分としては、多分に不満は残るものの、
一介の労働者一人で出来ることなんざ、
たかが知れているのだ。

それでも、
最終的な「会社」からの改善提案を承認してもらった
組合支部長のところまで感謝の御礼に出向き
「おかげさまで少しながらでしたが採用となりました。
お力添え頂きまして、
ありがとうございました」
と礼を言いにいく。

これもまたサラリーマンの仁義。

こういうことは早いうちにキッチリとやっておかなくてはならない。

ところが採用された件に続き、
後を追うように、もう1件の半分(ややこしい書き方だな)、
つまり、また提案したウチの6分の1が追加採用されることになった。

これまた潮風太子的には、もどかしいカンジだったが、
少しづつながら徐々に採用されるということは、
前回の「結果」がそれなりに出ているということかな・・・
と自分に都合のいいように解釈することにした矢先の、
5月某日の話・・・

約束の日、
上司に連れられ会議室へ向かうと、
何やら会社の幹部連中もゾロゾロと集まってくる。

「例の改善提案の件で社長表彰がありますんで、
社長が来る前に表彰式のリハーサルやります」と。

「え!あの程度でも表彰対象になるんですかぃ?」
と聞いてみる。

「まぁ全てとはいきませんでしたけど、
でも会社として改善案を採用させていただいたわけですから」
と言う。


さらに続けて、
「いやね。この件でTさんが、
この改善提案どうなったのか!なんのって、
社長にまで食い下がってねぇ…
とりあえず、すぐ出来るコトとして、
あそこまで頑張って間に合わせた格好なんですよ」と。

「え?」一瞬耳を疑うも、

なるほど!そういうコトだったか!

ようやく全てが理解出来た!

いや、やられた!

実は今回の一件で、
ひとつ疑問に思っていたことがあった。

一体、なぜ組合側が事実上、
執行部役員であるWさんからの提案を、
「盗作」を理由に「拒否」したのか?という例のところだ。

組合の執行役員であるTさんから、
まだ「ゴーストライター」の存在だった頃、
「君が影で操ってWさんを陥れようとしているのは
よくわかりました。ひどいですね」
と珍しくも恐ろしい「敬語」のメールが届いたのが、
件のWさんが「組合の役員みんなが怒っちゃって~」と、
泣きを入れてきた例のときの直後だった。

Tさんとは結構長い付き合いで、
公私ともに何かとお世話になっている関係。

また酒席だけにとどまらず、
お互いスイッチが入ると場所、時間構わず
アイデアや組織論についても、
熱い議論を重ねてきたこれまでの経緯からして、
てっきり理解してもらっていたと思っていただけに、
「そういうことならば、自分一人で会社に提案書を出すべきでは?」
とまで、突き放されたメールが送信されてきた時には、
ショックであったと同時に、Wさん同様に「怒っている」理由がまったく
わからなかった。

このことを
連名で提出しようとしていたYに話すと、
「じゃあオレ直接話してみるよ」と、
真意を聞いて説得にあたってくれるものと思っていたものの、
その翌日、直前になって「オレ降りるわ」と言ってYは逃げた。
TさんはYの出身高校の大先輩にあたる。

・・・そういうことかい・・・と思うしかなかったが、
Yを非難する気にはなれなかった。
よほどキレられたんだろうなと・・・・

このTさんという人物。
若い頃には順調に出世コースに乗っていたものの、
突然、自らドロップアウトし今度は逆に、
アウトロー的キャラクターに変貌したという、
なかなか奥深い人物。

もう昔風の「怖い先輩」の残党みたいな人で、
強面にしてキレやすく、豪傑にして破天荒、
それでいて仕事の実績と実力が抜きに出ているが故か、
イマイチ近寄りがたい存在というか、
ちょっと気難しい部類の人・・・というのが、
最近の若手はじめ、一部の人たちの印象らしい。
やしきたかじんと哀川翔が合わさったような人と書けば分かり易い。

潮風太子の世代だと、こういう「仕事がデキる怖い先輩」って、
慣れっ子なので「地雷」さえ踏まなければ、
むしろ性格に裏表がナイ分、安心して付き合える人。
というカンジなのだが・・・。


「いや、そんなつもりは全然ありませんよ!」と言うも、
まるで聞く耳持たずといった状況。
さすがの潮風太子もこれには参った。
以降、事実上絶縁状態に。

もちろん前回書いたとおり、
毛頭そんなつもりはナイが、
それでも組合執行部の側からみれば、
そう取られても確かに仕方がナイか。

「それならば自分個人として会社に提出すべきでは?」
とまで言われた経緯もあって引くに引けず結局のところ、
自己責任において改善提案書を会社へ、
潮風太子の「単独犯行」として提出した経緯だった。

提出後、一応「組合役員」のYくんと支部長に報告。
「別に組合を敵に回すつもりじゃないんで・・・」と、
この期に及んで女々しい弁解を始めたところ
「いえいえ!組合からの提出を反対したのはTさんだけっすよ」
と、わけのわからないコトを言う。
「は?」と聞き返すと、

「あれから、この件はオレに預けてくれってんでTさんに一任
ということで、組合としては会社から資料提出要請でもあれば、
すぐに出せるように関係資料は揃えておく準備だけは、
してあるってトコなんですよ」と。

意味が全くわからない。

「オレを潰そうってか?」疑心暗鬼に陥る潮風太子。

その後、関係する会社の上層部の人間から、
「ここに書かれているコレは、どういうこと?」やら、
「これをどういうカンジにしたいのかと。。。?」とか、
ちょくちょく聞かれては、その都度自分が持ち合わせている
資料(手帳=企業秘密)を見せたりしながら説明すること数回。

それから、なんの音沙汰もなく1ヶ月以上が過ぎたころ、
提案した件の6分の1が採用されたことを知った。

人の噂も75日とはよく言ったもので、
2ヶ月ちょっともすると、そんな提案を潮風太子がしたことすら、
皆忘れていた。
ましてや、提案したうちの6分の1じゃ気づく者はまぁいない。

そして冒頭の話になる。
d2rf7
ようやく話の合点がいったというのは、
「表彰式」の際、社長の話を聞いていたとき。

「準備期間の関係もあったりして、潮風さんが提案された件すべて
というワケにはまいりませんでしたが、早急に対処できるところから、
まず採用させていただきました。
この先も様子を見ながら順次、
いただきました案の中からも、
また改めて採用ということもあるかと思いますが、
とりあえず今回、
採用させていただいたということで、
表彰させていただきたいと思います」と。

つまりこういうことだったのだ。

緊急性を要する提案の場合。
1、組合審議にかけるより「個人による改善提案」を会社へ提出。
という方がピンポイントかつ優先的に審議される。

2、個人提出である方が複数人で提出するよりも、
  プレゼン日程などの調整の手間が省け、
  また提案者同士で揉めることもナイ。

3、当社では個人から会社へ提出された懸案の場合、 
  会社での審議が終了すると必ず「組合」へ
  「会社側からのお伺い」という形で、
  組合へ送られ「組合」の承認を受けるという
  システムになっている。

要するに、最短かつ確実に採用される裏ワザがあるということを、
「Tさん」は熟知していたということだ。

実際、会社側の関係各位に対し、
裏で時に優しい口調で、
時に恫喝まがいに(笑)
影からアシストして(煽って)くれていたらしい。

そんなことを全く知らなかった
マヌケなオレ・・・。

まさに敵を欺くには、まず味方から・・・である。

実は2月のYくんとの話つづきに、こういう話があった。

「いやね。こういう場合って今までどうしてたんだろ?
と思って調べてみてビックリしたんですけど、
こういうやり方って実は16年ぶりなんすよ。
ず~っと組合経由でやってたんでね・・・
それで、もう一つ驚いたのが最後に、
こういう方法で会社へ提案したのが、
Tさんだったんですよね、実はその前も(笑)」。

表彰式の直後、早速Tさんの元へメールにて御礼と報告をすると、

「表彰されたのは潮風さんの提案内容が表彰に値する内容
であったということで、私は何もしていません」と。
そして「会社に対しては制度というものを会社にとっても従業員
にとっても価値のあるものにしてほしい、会社としてやるべき事を
やってください」と言っただけです。
となんともクールなオトナの返信。

以降、Tさんとの関係も無事「修復」され、
現在は今まで通りの「穏やか」な関係になったものの、
とてもじゃないが今回の件、
自分の浅はかなオツムが恥ずかしいやら、
情けないやら・・・・

会社からは「額縁」までいただいたものの、
せっかく頂いた表彰状とはいえ、
我が「書斎」に飾ろうって気にどうしてもなれない。

タンスの肥やしがまた一つ増えたか・・・

今週で45歳を迎えた潮風太子、
まだまだ影武者を名乗るには「脇が甘い」ひよっ子であるらしい。

また来週。













































スポンサーサイト



先週は超多忙につきチョイと無断欠勤させていただきました。
お忙しい中おいでいただいた皆様には、
大変失礼を致しましたm(_ _)m

まぁ昔から「時間は自分で作るもの」と申します。
というコトで、
今週は戒めをこめて「継続」をテーマに書かせていただこうかと・・・



関東エリアの放送局にMXテレビというのがあって、
こちらでは9チャンネルが、
そのMXテレビ。

潮風太子的には非常に好きな放送局で、
夕方の5時に夢中!とか
夜9時から放送のニッポンダンディといった、
キー局では出演が難しいような、
問題のある人ばかりを好んで起用しているとしか思えない、
アグレッシブで自虐的なキャスティングのトークバラエティ番組やら、

ソフトバンク主催の福岡ドームからの野球中継だとか、
第2チャンネルでの大井競馬完全生中継!といった
本当に観たい人だけのためにあるような、
イカした(れた)ナイスな右翼系放送局!
ってトコが気に入っていて、
よく拝見させていただいておりますハイ。


中でも日曜12:00~13:00放送(再放送=土曜23:00~)の
DISCO TRAINという主に80年代~90年代初頭の
バブル期に流行したDISCO SOUNDを中心に、
当時のディスコ仕立てにして、
ひたすら流しまくるという、
キー局では絶対にできないような視聴率無視も、
いいところの我々世代向け「音楽番組」が、
お気に入り番組の筆頭。

MCもこれまた第2団塊世代には嬉しい
早見優と

その筋では超有名なDJ OSSHYが、
曲のセレクトとターンテーブルを担当。
蛇足ながらDJ OSSHYは、かのNTV系超人気番組だった、
特ダネ登場のMCでお馴染み押阪忍氏の御子息。

今やテディ団さん以降では「重鎮」クラスのDJだそうで。
ってか、今だに現役だったってコトに驚きです。

また「ギロッポン」のマハラジャでの収録ってのも、
痺れモノ!(本家麻布の方はとっくに潰れたようで)
もっとも潮風太子なんぞはマハラジャ本店には入れませんでしたケドね。

なので当時は近くの姉妹店「マハラジャイースト」に行ったにも関わらず、
「マハラジャ行ってきたぜぃ!」なんて小さいウソついたりしたもんです。

ちなみに当時、
潮風太子が出没していた「ディスコ」というと、
今で言う「お台場」周辺にあった「エムザ有明」とか、
新宿歌舞伎町にあったコマ劇場向かいのビルなんかでしたな。

今どき絶対に青山とかAOKIなんかじゃ売ってないような、
パープルとかライトグリーンのスーツに
ラルフやレノマの細いネクタイして、
フェラーリの香水振って、
リーガルシューズってな珍妙な出立ちで・・・(笑)

また今じゃ信じられないスーツ着用義務って店が多くてねぇ。

サーファー系の店だと、
アロハにバミューダ&KIKI可ってトコもあったものの、
この手のサーファー系の店は、
如何せん客層が下品だったので、
「バカが踊りに行く店」って陰口叩いてたものでした。

「アイツらサザンとTUBEで踊ってんだぜククク」とか
「行ったら焼き豚(日焼けしたポッチャリ女)ばっかで、
(真夏の設定の店なのに)寒気がしたっけな」
ってなカンジで・・・

まだディスコって言ってた時代の話ですケドね。

クラブって呼ぶようになったのは、
ジュリアナ東京よりも後になってから。

だから潮風太子は
「クラブ」ってトコには行ったことナイんですよ。
もっとも、もうその頃には「更生」してましたんで(笑)

さてディスコサウンド「垂れ流し」と、
超マニアックなゲストトークがウリのこの番組、
今週と来週はLUNA SEAのドラマー「真矢」がゲスト。
キー局のバラエティ番組に出ている真矢より、
こっちの真矢のトークの方が断然面白いですな。
といっても、これも第2団塊世代くらいしか、
ネタ的には面白いって感じないんでしょうが・・・・

今週で放送開始から丸1周年だそうで!
我々のようなマニアックな視聴者がいる限り、
出来るだけ長く続けてもらいたいモンです。

放送が関東エリア限定ってのも、
ちょっともったいない気がしたので、
1周年記念に敬意を表して、
今回ネタに書かせていただきました。

継続してこそ意義がある!
この番組から改めて再認識した次第。

また皆さんのブログからも刺激を受けましたんで、
もうちょっと時間を上手く使って当方も書いていこうかと。

ということで、今度こそまた来週!





NBA初参戦の今シーズンの千葉ジェッツは、
イースタンカンファレンス6チーム中の6位。
残念ながら最下位でシーズン終了と。

とあるブースターの見事な名言となった、
ジェッツコースターなシーズン
(開幕4連勝から、泥沼の20連敗、
そこからまた連勝と連敗を繰り返したことの意)
だったものの、

シーズン終盤になってようやくチームの形ができてきて、
4月20日に行われたイースタンカンファレンス首位の、
名門東芝ブレイブサンダースとの一戦では、
今までのような一方的な敗け方でなく、
超強豪チーム相手に、
あわや大金星か⁉︎という場面まで作れるチームにまで変わってきた!
確かに今のまま、いや当分は優勝云々は言えないにしても、
先々が楽しみになってきたことは事実。
なんとか今シーズンのヘッドコーチ(レジーゲーリー)を残し、
チームも今の雰囲気が維持できれば、
そのうちチャンスはやってくる!ハズ…

こういうコトはボビー時代のマリーンズから、
さんざん学習したので妙な確信がある。

最下位で上出来とは言いたくないものの、
まぁ殆どのジェッツブースターたちは、
一応に納得のシーズンではなかったかと。
また来シーズンも応援していきたいと思いますハイ。

しかし、優勝したからといって
必ずしも手放しで喜べないコトってのも、
皮肉なことにあったりする・・・

ここからは我が愚息(長男)の話。


ウチの愚息は4歳の頃から、
地元のクラブチームに所属して、
サッカーを習っている。
かれこれ今シーズンで4年目。
意外にも続いていることに驚く。

本年度から3年生。
この3年生という時期サッカー少年たちには、
ターニングポイントとなる年代になってくるらしい。

ここから、いよいよ本格的な「サッカー人生」が始まるという。
「楽しいサッカー遊び」はここまで。
これからは競技としての「厳しいサッカー」が始まる・・・


ということで、
ここからは「親バカ」ネタの長編モノになってしまったので、
お時間と興味のある方はどうぞ・・・
とだけ先に書かせていただきます。

それでは、ここから先は追記「続きを読む」をクリックにて・・・



>>続きを読むをクリック





... 続きを読む
今週は携帯ネタなんぞ。

我が家では携帯電話(スマホ)をカーナビとして使用していることは、
以前書いた。

以降、iPhone4で順調に使っていたものの、
先日ある日突然、今まで使用していた
ダイソー(100均ショップ)で購入した
シガーライターソケット用充電ケーブルが、
まるで断線でもしてしまったかのように、
使い物にならなくなってしまい、
いつものように充電が出来なくなっているコトに気づく・・・

あまりに突然の異変だったのでさすがに、
「あれ?おかしいな・・・」と思い、
念のためネットで検索して調べてみると、
どうやらiOS7.1.1とかいう最新式のソフトウェアに更新した際、
このソフトウェアを介して、
この手の非正規品からは充電できないように細工をされたらしい。

プリンターのインクが正規品でないと、
読み込めないチップを埋め込んであるのと同じ理屈らしいが、
今や電波上でのアップデートだけで、
そんな細工が出来るようになっていたとは驚いた。

こんな調子だと我々ユーザーの知らぬ間に、
この他どんな細工が自分の携帯電話にしてあるのかと思うと、
少しゾッとする話だ。

最近、犯罪者が防犯カメラの映像からによって検挙される理由も、
これなら、なんとなくわかるような気もする。

事件発生時、犯行エリアで稼働していた携帯電話からの位置情報と、
照合すれば「容疑者」とその行動が簡単にわかるな・・・と。
ひょっとするとメールや通話内容まで、
その手の組織からは簡単に「盗聴」出来るように、
細工されているのかもしれない。

そのほかにも2年以上使用したiPhone4、
ボタンの不具合やら今ぞ昔の3G回線の哀しさか、
通信状況がよろしくなくなって来ていたので、
2年間の縛りも解けたタイミング。
仕方なしに買い替えかと・・・

ガラケーを使っていた頃は4,5年は楽々使えていたのに、
スマホは便利な反面こういうところが厄介だ。
寿命がちょうど2年くらいでやってくるらしい。

それにしても相変わらず携帯電話の料金設定というのは、
我々のような「年寄り」には分かりづらい。
まったく予備知識もナシにショップへ行こうものなら、
それこそ店員の言いなりにオプションをどんどん追加してしまい、
毎月の携帯使用料金がトンデモない額になってしまうので、
今回は会社のケータイに詳しい若手数人から、
いろいろ聞いて検討。

最終的にイーモバイル(格安スマホ)にするか?
どうするかギリギリまで迷った挙句、
メアドが変わるとかSIMカードがどうとか・・・
イマイチよくわからないコト等、
諸般諸々と考慮した結果、
結局は今までどおりソフトバンクのスマホ
iPhoneシリーズ(5S)にすることに・・・

3月末までは機種変更キャンペーンとやらで、
iPhone4を4000円で下取りするのなんのと、
やたらとメールが来ていたものの、
4月に入ると、これがパッタリと止んだ。

とはいえ、仕方がナイので結局は近所にある
ソフトバンクのショップへ行って「機種変更」の手続きを。

案の定、映画などの動画が1ヶ月タダ、
しかし翌月からは自動的に有料となるオプションやら、
意味がよくわからないオプションをつけられるコトに。

「でも明日こちらにお持ちいただければ
不要なモノはすべて解除しますので、
とりあえず1日は、ご利用お願いします」と懇願され、
「じゃあ、明日ココへ持って来れば解除されて、
一切支払いは発生しないのですね?」と念を押した上で、
それらが一通りセットされた状態で購入。

それにしても店頭には「他社からの、のりかえならタダ」、
あるいは「新規0円」の看板やビラ広告が踊っているのに、
かれこれ13年ほど(Jphone時代から)利用している、
「お得意様ユーザー」に対しては、
月額、端末分割支払金として、
通常の料金に加え3350円を2年間支払わせるってのは、
どういうことなのか?と毎回のことながら不思議に思う。

が、これまた仕方がナイので、
今回もまた「継続」の契約手続きをしてしまうコトに。

ただし今回は下取りがナイ分、
かつて使用していたiPhone4を「ゼロから定額」とかいうのに、
入るコトにしてもらいたいという。
これは不要になったiPhone4が、
2年間無料で使えるようにできるサービスとの話。

しかしウッカリして2年後解約しないと、
新しく「古いiPhone4」につけられた電話番号から、
基本料等が自動的に取られるのでご注意くださいとのこと。

解ったようなわかんないような話だが、
それでも単なる下取りより、
こっちの方が「お得じゃナイの!」
ということで了承。

要するに旧機種の方は「ゼロから定額」の携帯電話として、
使用できるらしい。
これなら1台分の料金で、
2台所有出来るのと同じコトなのかと。


しかし帰宅後、念の為にネットで検索して調べてみると、

設定画面から「モバイルデータ通信」というトコを、
OFFにしてWi-Fi環境からのみの使用に設定しておかないと、
通話はもちろんのこと、
パケット使用料も「実費」で請求されることになるとのこと。

つまり「本機」でのようなパケ放題が使えないと。

危ない危ない!

実際にテスト送信したり通話してみた際、
Google検索なんかも、ちょっとの時間使用しただけで、
600円も使用料が発生してしまった。
通話料も1分間で約40円とのこと!!

こんな説明はショップで受けていないし、
見積書や契約書の書面にも書かれていない。
危うく騙されるところだった(汗)

というコトから、
「ネット」で教えられた通りの「設定」にして


この「子機」。
Wi-Fiが使える状況のときのみ、
ネットや通話を行ってみたところ、
メールには難があるものの、
確かに繋がる繋がる。

モバイルデータ通信の使用状況も確かに
0バイトのまま。

これだとパケット使用料が発生していないというコトなので、
この状態なら確かにWi-Fiの環境さえあれば、
常にタダで使えるのかな?と。

はて?これで2年間タダで使わせるとは、
どうやって儲けが出せるのだろうかと。

一体全体この携帯電話というモノは、
どういうカラクリになっているのやら?

そうそう!
カラクリの謎といえば、
もうひとネタ。

これまた最近、ウチのPCメール(out look)に、
こんなメールがきた。
h-とも
潮風太子が普段PCで利用しているプロバイダー、
So-netからフレッツ光ご契約中のお客様に1万円キャッシュバック!
なる「怪しげな」メールが送信されてきたので、
最初は迷惑メールだと思いスルーしたものの、
再び送信されてきたので念のため、
「ホンモノ」のSo-netのホームページにて確認。
すると確かにそのようなキャンペーンをやっていることが判明。

その他のサイトやブログからも、
これがいわゆる「ネット詐欺」の類でないことが、
書かれていた。

まさに「棚からぼた餅」な話とはいえ、
どうしても、このご時世「不信感」は否めないので、
振込先は複数所有しているギャンブル口座のうち、
最も預金額が少ない口座に指定し、
騙されたとしても被害が最小限に抑えられるように、
しておくことに・・・

すると手続きが終了した直後、
すんなり1万円が入金されビックリ!!

どうやら騙されたワケではなさそうだ・・・
と思った瞬間。


このキャンペーン、
最大60000円のキャッシュバック!だそうな。

この他にも価格.comから契約した人の記事によると、
50000円のキャッシュバックを受けたとか、
そのほかにも入った時期だとか入会したサイトによって、
キャッシュバック額に「極端な格差」があることを知った途端、
急に嬉しさも「半減」してしまった・・・・。

いやはや、これだけ莫大な金額が動く、
大規模なキャッシュバックキャンペーンとは、
一体どういうカラクリなんだろうか?


とはいえ、
まぁ予定外の一時所得ということで、
とりあえず喜ぶとしよう。


それにしてもコレ、
知らなきゃてっきりネット詐欺だと思って、
まぁ請求手続きなんかしないだろうし、
またネットのメールなんかまったく見ない人は、
こういうキャッシュバックがあることを知らないうちに、
キャンペーンが終了!なんてことになっているハズ。

こうなってしまうと、
いくら「自己責任」の時代とはいえ、
常に新しい情報を既存のメディア報道のほか、
自身でネット情報などからも収集するようにしておかないと、
「大損」してしまうコトになってしまう。

これじゃ年寄りはついていけない・・・。

「バカ正直者」に重い負担を負わせ、
抜け目のナイ人だけが「得」をするという社会って、
仕方ナイこととはいえ、なんか哀しい気がする。