FC2ブログ
先日、愚息(長男)の小学校へ、
せっかくの休みの日だというのに、
かったるいながら「授業参観」に行く。

これも親の務め。

ただ、そこでチョット驚いたのが、
愚息のクラスには「多動性障害」の子が一人いて、
この子の自由奔放さと無関心な周囲との異様な光景。

新学年からクラス替えをして心機一転、
担任の教師も、
前学年時の大ベテランの女教師から、
今学年は男の新人教師になった。

前学年のときにも一人やはり「多動性障害」の子がいたらしいが、
授業参観の時は、その子の親が「意図的に風邪をひかせ」
休むという風にしていたそうなので実際に多動性障害の子を、
間近で見たのは今回が初めて。

愚妻に聞くと今は1クラスに一人づつ「多動性障害の子」が、
配置されているシステムになっているとのこと。

別に勉強が全くできないというワケじゃないので、
「特殊学級」に隔離することもできず、
また、この手のガキの親というのは狡猾で、
ちゃっかりPTAの役員に自ら立候補したりして、
学校からも父兄からも意見されない状況を自ら作り出し、
むしろ学校側を完全に味方につけるという立場を、
確保していたりするらしい。

以前、愚息の隣のクラスで、
多動性障害の子の異常行動から始まった
学級崩壊があったことを思い出した。

教師はノイローゼになってしまいシーズン途中で休職。
教頭先生がピンチヒッターで、
残りのシーズンの指揮を執ったことがあった。

「あぁ!その原因の子か!」と思い出して、ようやく納得。
確かに、こりゃ酷いね・・・と。

今は教師も怒れない時代。
体罰は御法度。
ましてや親がいる前では尚更だ。
ただ、それにしても酷すぎる。
授業中チョロチョロと教室内をウロウロして、
突然、奇声を上げたかと思うと、
「僕、国語嫌い!」と言った途端、
突然に元素を順に読み上げ出したりと・・・
それを教師は無視しながら授業が進む。

時折、教壇へ向かいセンセーに愚図ってみせると、
「ウンウンわかった、わかった…」と、
囁きながら肩を優しく叩いて諭す新人教師。

ちょいちょい授業が中断する。

しかし、これが現在の公立小学校での、
教育のあるべき姿らしい。

いくら子供の学ぶ権利とはいっても、
コレはいかがなものかと・・・。

でも、コレに文句を言おうものなら、
それこそモンスターペアレンツ呼ばわれされるとのこと。
今やマスメディアの巧みな脚色で善と悪は簡単に変えられる。

これでは低学年の頃から、
ソロバンや公文式どころか有名進学塾へ通わせて、
中学受験させたがる親が出てくるのも納得できるし、
悔しいかな橋下徹の主張も、
あながちデタラメでもナイかと思ってしまう。

「ウチらのガキの頃と来たら…」
なんて言いたかぁナイが、
それにしても毅然とした教師の姿が、
まるで見えてこないのは大問題だ。

はてさてコイツの親は一体、
どこにいやがる!と思っていたら、
さすがにマズイと思ったのか、
その子の母親が自分の子を教室から教師に断りもなしに、
つまみ出す行動に出た。
それを皆、見て見ぬ振り。

結局、授業が終わるまで、
その子と母親が戻ってくることはなかった。

「いつも、アイツあんな調子なのか?」と愚息にあとで聞けば、

「今日はまだマシな方」とそっけなく答えた。
これが、ごく日常の「平凡」な光景であるらしい。

今回のクラス編成では比較的大人しいメンバー構成で、
心穏やかな子を集めてクラスを編成したような印象で、
よくありがちな「厄介な子」というのを見かけなかった。

潮風太子がいうところの「厄介な子」がいると、
たいがい、これがイジメや学級崩壊の起点となる。
こういう厄介な子というのは我々には経験上、
オーラというか独特の雰囲気で分かる。

そういう点は、学校も細心の注意を払っているようだ。

しかし、この程よい緊張感と秩序がいつ崩壊するかは、
正直わからないところ。

緊張感と秩序というのは一旦壊れてしまうと、
そう簡単には取り戻すことができないモノ。
それはオトナの世界でも同じ。


6月18日の東京都議会の本会議で
「みんなの党」の塩村文夏議員が、
女性の晩婚化や晩産についての質問をしている際、

自民党とおぼしき男性議員数名から
「早く結婚しろ」だの「産めないのか?」といった、
常軌を逸したセクハラヤジが飛んだ。

その場の動画をじっくりチェックすると、
結構、笑い声が出てたりと、
「和やかな雰囲気」の議場の様子だったものの、

それが、このあと世界中から嘲笑され、
日本中を「震撼」させるような事態に発展するとは、
この時、この現場にいた誰が思っていただろうかと・・・
おそらく、当事者である塩村議員ですら想像だにしていなかったハズ。

今の時代、ネット動画などがあるので、
言った言ってないなんて誤魔化しは通用しない。
ある意味、残酷な時代だ。

最初はネットで騒ぎが起き始めたかと思っていたら、
外国のニュースでも、この件が取り上げられた途端、
日本国内のマスメディアも一斉にこのネタに飛びついて、
「犯人探し」をはじめた。

あとはマスメディアの情報を見てもらうとして、
私、潮風太子が、この件で一番感じたことは、

石原慎太郎が都知事だった頃と比べると、
最近の都議会は全然、緊張感というか、
ピンと張り詰めたようなピリピリムードが無くなったなと・・・。

では、都議会の緊張感が切れたのはいつか?
と思い返すに、私メが思うところ、

やはり石原都政を引き継いだ猪瀬直樹が都知事になって、
オリンピック誘致まではよかったものの、
例の徳洲会マネー騒動あたりから、
議会がザワザワし出すようになった。
あの頃からではなかったかと・・・

特に「カバンのコント」のあたりからは、
完全にマスメディアを意識した、
ウケ狙いのヤジが多くなった。

この瞬間こそが、
それまで積み重ねて作り上げてきた、
都議会の威厳を失った瞬間だったような気がする。

もう舛添要一が都知事になった頃には、
完全にユルい雰囲気の議場になっていたので、
議会がヤジなどでザワついている光景も、
ごく普通の光景になっていた。

今にして思えば、
まぁ、こういうコトが起きても、
何らおかしくなかったのかなと。

潮風太子は中道右派のポジションとはいえ、
個人的には石原慎太郎のことを、
どうも好きになれないので、
石原慎太郎を褒めるというのは、
まったくもって不本意ではあるものの、

石原慎太郎が都知事だった時代。
まるで絶対君主のような立ち振る舞いの
石原慎太郎にヤジでも飛ばそうものなら、
それこそ待ってましたとばかりに、
石原慎太郎が「うるせ~な!黙って聞けよ」と一喝してから、
「じゃあ、あなたは~」と例の記者を吊るし上げるときの、
あの口調で質問攻めにして、
その場で逆に吊るし上げ、党への影響を考え、
我に帰り発言に躊躇するヤジを飛ばした議員を更に追い込み、

「あなたの意見を今、聞いてるんだよっ!」などと、
周囲への見せしめのように詰問して黙らせるという、
まるで恐怖政治のような議会運営を行っていたもの。

こういう場面をMXテレビでの議会生中継をみるにつけ、
「慎太郎を潰す絶好のチャンスなのに、
お前らはバカか?このボンクラ野郎ども!」
と当時の都議会議員たちに対して何度も思っていたものだ。

もっとも千葉県民には関係のないハナシなのだが・・・

ひどい時には傍聴者(左翼系)にまで怒鳴りつける始末。

これをマスメディアは切り取って報道して、
やたらと「石原都知事また問題発言」とやるのが、
当時の都議会の雰囲気だったものの、
少なくとも今よりは、
はるかに「厳粛」な雰囲気で都議会が運営されていたので、
都議会としての威厳は保たれていた。
言い方を変えると「ヤジも飛ばしづらい重い雰囲気」だったと。

おかげでオリンピック招致を言い出したときも、
カジノ計画を最初にぶち上げた時にも、
築地の移転を強行主張したときも、
「楽しいヤジ」を飛ばす議員などいなかった。

「あんた!無茶苦茶言いよるなぁ~」ってな調子の。

結局のところマスメディアが話題にした議案のときには、
共産党の議員が少しばかりヤジを飛ばしたものの、
ほとんどが「いつもの通り」の議会だったもの。
コトは常に順調に運ぶ、
楽しい雰囲気など一切ナイ「厳粛な議会」だった。

でも、これ以上書くと、
嫌いな石原慎太郎を賛辞するような、
提灯記事になってしまい胸糞が悪くなるので、
もうこの辺でやめておくとして、

万事、あまりに自由が過ぎるようになると、
オトナだって我慢が効かなくなるもの。

「なんだ、あの程度なら大丈夫なのか」と。
教室で騒ぐことも議会でヤジを飛ばすことも、
脱法ドラッグなんかもそう。

秩序の崩壊というのは、こういうコトだ。

昭和の教育モデルでは、
絶対的な権力と暴力(コトバも含む)で、
恐怖をもって下の者(コドモ)を支配し秩序を作り、
「教育」していくという方法論が「正義」とされていた。

でも、21世紀の日本では、それは「悪」と定義されている。

「暴力的で野蛮な教育は、もうやめましょう!」と。

いくらかまともな社会になりかけている矢先、
こういうコトが日本中のあちこちで起きるようになると、
結局のところ、
「やっぱり戦前の教育は今よりはまともだったんじゃないか?」
という考え方に人々は「回帰」していくことになる。

実際に猪瀬都知事失脚後に行われた、
かの都知事選挙において、
石原慎太郎と同盟を結んだ、
極右の田母神俊雄がネトウヨ層の若者中心に、
61万票あまり(4位)を集票するという、
異常な事態にまで発展している。

皮肉なことに若い人たちを中心に、
こうした「戦前の大和イズム」みたいなものの、
復権の望む声が遅かれ早かれ聞かれるコトになるのだろうか・・・

実は無関心を装う声無き声こそが最も恐ろしい。
狂気へ向かう第一歩であることを社会科の授業で、
学ばなかったか?

この国の秩序の回復が実は急務課題であることが、
この2週間でよくわかった。

また来週。


スポンサーサイト



今や世界中がワールドカップ一色といっていい状況。
当然のことながら日本は出場国でもあるので、
連日スポーツ紙はワールドカップ中心の記事編成。

そんな中、我が国の通常国会も、
ワールドカップのどさくさに紛れて、
いろんなことをコッソリと決めてしまおうと・・・。

例の集団的自衛権の話はもちろんのこと、
中には「今ココで議論すべきハナシなのか?」
ってな内容のモノもあったりするわけですな。

例えば「カジノ解禁法案」審議入りってなニュースなんかいい例。

正式には特定複合観光施設区域整備推進法案だそうな。

まぁ概ね、こうした長い名称の法案ってモノに、
まともなモノはナイのが常識。

要するに「東京お台場に賭場を作りたい法案」というモノで、
それを、いかにも賢そうに言うところが笑える。

でもって、それをこれまた大マヌケな野党は

治安が悪くなるだのギャンブル依存症患者が増えるだのと、
もっともらしいコトを言いつつ、
警察利権やらサラ金利権について、
抜け目なく質問してみせる。
要するに「これをやると誰と誰がオイシイ思いができるんだ?」と、
まるで改めて確認しているかのようだ。

博打の基本「胴元」が一番儲かることを知っているクセに。
つまり政治家と役人が一番儲かるというコト。
自分たちが政権を奪還した暁には・・・(^^)と。

近年、「3競オート」(競馬・競輪・競艇・オートレース)の、
売り上げの落ち込みは著しく、
地方の競馬場や競輪場が相次いで廃止されたり、
賞金が減ったりと、
役人的にはそれほどウマい「ビジネス」では無くなっているのが実態。
天下り先として妙味もなくなった。

それでも博打は「楽して儲ける」が基本。
それは賭場の客も胴元も同じ。
覚せい剤中毒患者同様、一度やみつきになると、
そうそうやめられないモノ。

どうにかして新しい「楽して儲けるモノ」を見つけようと、
血眼になって奔走する。
「チーズはどこへ行った」というヤツか?

ならば成果未知数の大規模なカジノを作るより、
日本中の3競オートを購入できる、
大規模場外投票所でも作った方が、
地方活性化のためにもなると思うのだが・・・

例えばよくわからない地方モノには、
「競馬法」なり法令を改正して、
1着「奇数枠番」or「偶数枠番」という二択式投票券なんてのも、
発売可能にしたらギャンブル初心者でも、
簡単に的中の喜びを体験できるし、
配当は低いものの億単位で投票した場合、
的中で数千万円をGET!という
「大富豪」たちにも魅力的な投資先としての
「馬券」やら「舟券」を提供する場にでも
すれば十分に機能するように思うのだが・・・

となると水沢競馬第3Rの売上だけで2億円とか、
ばんえい競馬で1日の売上が100億円を突破!
なんてコトが起きるかもしれない・・・

先月、大阪高裁で競馬脱税事件の判決がでた。

40歳の会社員男性が2009年までの3年間で30億円の
払い戻しを受けたにもかかわらず、
一時所得として一切申告しなかった為、
5億7千万円を脱税したということで、
所得税法違反罪に問われた事件。

しかし男性側の主張としては、
これまで28億6千万円負けているので、
実際には都合1億4千万円の儲けなので、
30億円の課税は不当だと。

よくよく話を聞くと、どっちもどっちな話で
脱税容疑をかけられた男性も、
元はといえば競馬で儲けた「大金」を、
株に投資して見事「玉砕」。
これを「株で損失」と申告したことから、
国税庁が預金口座を調べたところ・・・
というコトだとのこと・・・
一方、役人の側といえば、
馬券購入時に「テラ銭」を取っているにも関わらず、
「高額的中」したら一時所得だのと言って、
さらに二重課税を「法律に則って」行うという、
タチの悪いコーチ屋みたいなコトをやったと・・・・。

そのほかにもJRAと口座を預かっていた銀行の特定秘密保護は、
一体どうなってんだ?とかツッコミどころ満載なこの事件。

ここまでは脱税容疑の男性が勝訴し続けているも、
国税側は当然、承服できないということで最高裁まで
争うとのこと。

それこそ負けられない戦いがココにある!ワケで。
これに国税が負けるとなると、
カジノの問題が当然のことのように出てくる。

日本の場合カジノで大儲けしたら、
テラ銭のほかに当然のことながら、
「一時所得」として儲けも課税対象となる。
これまでの「法令」に則ったら。
それもかなりの金額。

ただ、その際そこまで負けていた分については、
一切無視!大儲けした時だけ「課税」。
という構図が崩壊しては、
それこそ元も子もなくなってしまう。
そりゃ必死にもなる。

また近未来に開帳されるであろう、
「お台場」カジノの利権構図も見え隠れする。

国税庁もいっちょ噛みたいなと・・・・

元来、賭博はヤクザの最大の収入源だったモノ。
それは江戸時代にまで遡る。

暴対法でヤクザを追っ払い、
電話・インターネット投票の普及で「ノミ屋」を潰し、
斜陽の賭場(3競オート)に見切りをつけて、
そのくせ新たな賭場の設立に躍起になる。

朝鮮人経営者が大儲けしているパチンコより、
カジノの方が断然面白いですよ!と国が喧伝して回る。

これにより新たな雇用を生み出し、
「復興」にも効果絶大だ!胸を張る。

でも一番、カジノをやりたいのは、
実際のところ我々小市民より
「お役人様」と「先生方」だろう。

そういや現在、都知事の舛添要一も、
かつては競馬の馬主だったっけな・・・・


ヤクザ気取りの役人と先生方には碧壁する。

カジノを開帳しようとしている「お台場」は、
東京湾に面している。

ならば東京湾の放射能汚染対策について
議論する方が先じゃないのか?と。
全然やってないようだけど・・・
そろそろ上流から流れてきた汚染水が
東京湾で合流する頃なのに。

また来週。




先週はあれから「歯痛」でとんでもない状況になってしまいまして。
顔がとんでもなく腫れ上がるわ、
激痛で寝れやしないし・・・
それだけひどい状況ですから、
バファリンなんか飲んだって、まぁ効きゃしません!

翌日、急いで歯医者に行ったら、
「なんでこんなになるまでガマンしちゃったの!」と言われるや否や、
麻酔を5,6本だかバンバン打たれてから、
メスであちこち切って「膿」を出してもらい、
歯医者処方の「クスリ」を飲んで、
丸一日ほどしてようやく一段落。

いや参りました。

でもって先週チラっと書きましたが、
ようやく顔の腫れと痛みも治まったので、
9日、予定通りロッテ教の宗教活動へ同志D先生とともに、
久々東京ドームのレフトスタンドへ参戦!

いや~それにしても資本力のある「球団」は違いますな!
オレンジ一色!
入場ゲートでオレンジ色のユニをバンバン配っていて、
どうやら全員分あるらしいです。
これが毎試合、毎試合だってんですから、
どんだけ金持ちな球団なんだって・・・・

ちなみにマリーンズの場合ユニは、
ファンクラブ(ゴールド会員10000円)に入会して入手するか、
「ショップ」でレプリカユニを購入するかという方法で入手します。
入場チケット買ったら毎試合、毎試合ユニが貰えるなんて
手厚いサービスはやっておりません。

要するに「こちとらユニぐらい自分で準備するんじゃボケェ!」ということです。

試合の応援自体は楽しかったのですが、
試合内容と結果は、
ネタにしようがナイくらいの惨憺たる結果だった故、
どうせ書いたってヨミウリファンが喜ぶだけで癪に障るので、
敢えて書きません!
とりあえず「行った」ということで…(怒)


ってなワケで今週は、
先週ボツにしてしまったネタの焼き直しを改めて・・・・

長男の運動会があったので、
今年も「保護者面」して愚息が通う、
地元の「公立の小学校」へ運動会を観に行く。
当然、早朝から場所取りしたことは書くまでもないか・・・。

今年の運動会は好天に恵まれ、
むしろ熱中症が心配になるほどの猛暑日開催。

そこで次男(保育園児)の「行事」のときもそうだったように、
以前から気になっていた(いる)ことを今回一筆。


暑いんで薄着になると体の露出面積が広くなりますわな。
タンクトップなんかだと特に。

すると別に見る気はなくとも、
「紋々肌」の父兄を発見したりしてしまうと・・・

最近、いわゆる「タトゥー」と称する刺青をしている親が、
増えてきていることに気がついた。

別に隠すでナシ、むしろ堂々と見せびらかすかのようなカンジで、
主に若い20代~30代半ばくらいの世代に多く見られるんですが、
これは「旦那」だけに限らず「お母さん」もチョイチョイ入っていたり。

つまり「両親」ともにタトゥーを入れている家族が増えてきたと・・・・

また、この手の親たちは、
たいがい何個も耳ピアスつけた上に、
鼻や唇、目蓋のあたりなんかにもピアスを、
当然のことのようにしていたりする。

別にタバコやパチンコと同じ、
けっして「違法」ではナイし、
個人の表現の自由でもあるので、
ココで、そうした行為を「否定」するコトなんぞ、
私メごときがデキナイのは承知の上。

ただ、ごくごくフツーに考えて。。。

そういう家庭で子供が育つということは、
どういうことなのだろうかと・・・

大きなお世話だと言われりゃそれまでの話も、
このタトゥー(刺青)に対するハードルは、
いつからこんなに低くなったのだろう?

かつては「僕ら」が日頃暮らしている世界と、
そういう世界で暮らす人たちとの間には、
決定的な「一線」というのがあって、
けっしてお互いが気軽に行き来できる世界じゃナイってことを、
「向こうの側」にいる人たちも「コッチの側」にいる者も、
根っこの部分から理解し心得、
またソレを疑わない不可侵関係を、
長年かけて、ここまでキチンと構築してきたハズ。

その「一線」の象徴こそが「刺青」ではなかったか?
「刺青」ちゅうもんはアウトローの、
象徴(看板)ではなかったのか?

というのが、
「古臭い考え」の潮風太子の「刺青モン」に対する考え方。

しかし最近流行りのタトゥーは「刺青」が本来持っていた、
重く強い説得力の全てを奪ってしまった感がある。
挙句の果てには「これはファッションだから」とぬかす。

こういう親に育てられるコドモは当然のことながら、
「刺青」(タトゥー)に対する認識も違う。

両親がやってんだから悪いコトだとか、
恥ずかしいコトだなんて思わない。
とか外国人はみんなフツーにやっているんだから、
日本人も同じようにタトゥーして、
何が悪いワケ?
と、コドモが感じるようになるのは、
至極当然といえば当然。

自分が正しいと思えばヨシ!
すべての基準は自分中心となり、
罪悪感とか羞恥心という意識すら喪失させ、
やがては暴力的思考へと発展し、
果ては脱法ドラッグの使用とか、
犯罪意識の低下という副作用をも、
もたらすこととなる。

このぐらい別にどうってことナイじゃん!と。
倫理観のハードルというのは、
一旦下げてしまうと、
それこそ果てしなく下がり続けていく。

そして、こういう価値観の変化は、
他のコドモへと伝染病のように、
急激に波及して伝染し蔓延してゆく。

こういうコトが実は、
最近にみられる「公立の学校」での、
学級あるいは学校崩壊の根本的な原因なのではないだろうかと、
潮風太子は、つい思ってしまう。

いくら個性の時代だからってモノには限度と常識ってもんが、
あるんじゃなかろうかと・・・・

少なくともオトナたちは「刺青」ってモンが、
コドモたちに与える影響の重みってものを、
もっと考えられないものだろうかと。

タトゥーに対する偏見だろうか?

最近こんなニュースがあった。
問題児は隔離して矯正教育を施すべきだと、
橋下徹大阪市長が、
また例によってぶち上げた。

結局のところ、
こういう隔離政策みたいなコトが、
庶民から称賛されるようになるのだ。

一見すると確かにそうなんだけれど、
残念ながら、
このやり方は必ず失敗する。

まず長続きしないからだ。
盛り上がるのは最初のうちだけ。

それこそサーカスの動物のような、
虐待式教育か、
オウム真理教の手法を用いた、
マインドコントロール法で、
矯正教育をしようというのなら、
出来なくもなさそうだが、
そんなやり方を日教組も文科省も、
容認するワケがナイ。

かといって尾木直樹のような、
金八風お花畑教育理論もまた、
今の時代には合致しない。
これもまた確かだろう。

かつては同じ日本人同士ならば、
共通認識できたハズの、
価値観や倫理観、羞恥心の崩壊から始まった、
「オレはアタシは何も間違っちゃいない・・・」という、
自己中心思想の定着こそが、
そもそもの原因なのだから。

よって尾木の言うところの、
みんなと楽しく話し合いによる解決!
なんて到底できるワケがナイ。

「一神教の神様」同士が議論するようなものなのだ。
我の主張こそ真ナリと。

近年におけるタトゥーファミリーの台頭は、
その典型的事象ともいえなくはナイか?

タトゥーファミリーが年々増加してゆくのを感じるたび、
「一線」が崩壊してゆくさまを見る思いがする。

また来週。


先日、歯医者へ行って歯の治療をしたところ、
どういうワケか麻酔が切れた途端、
治療した方とは逆の方が激痛に見舞われるという、
困った状況。
しかも今日は歯医者は休み・・・。

とりあえずバファリンを飲んで、
痛みが緩和されるかと思いきや、
思ったほど痛みが治まらない。

こうなってしまうと、
すでに書いてある下書きがあるとはいえ、
文字を読むのもしんどい状態故、
今週はパスということでご容赦のほどm(_ _)m

9日の東京ドーム、マリーンズvsジャイアンツ戦までには万全の状態にしなくては。
レフトスタンドが俺を待っている!

それにしても歯の痛みってハンパないですな。
皆さんも虫歯にはご注意下さいませ。

本当すみませんでした。m(_ _)m