FC2ブログ
今週も時間がナイので、コラムにさせていただきました。
また、これを勝手ながらコメント代わりとさせていただきますこと、
付け加えて書かせていただきますm(_ _)mということで本編を・・・


最近、ひょんなことから巷の「中学生」と話をする機会があった。
その中学生は、まぁソコソコの教養を有していて、
失礼ながら最近のそこいらにいる公立中学に通っている
中学生と比べると「オトナ」なカンジの中学生で、
知的レベルでいうと、もう完全に高校生以上。

なので、こちらもそれなりの対応をしなくてはならない。

歴史好きの彼は歴史上の人物を挙げながら、
やがて日本における「革命」について持論を展開し始めた。
なかなか面白い話だったので、
しばらく興味深く聞かせてもらっていたが、
近代史において「オウム真理教」の「犯罪」に触れ、
「実は当時のオウムも全共闘なんかと同じ
革命思想をもった集団だったんじゃないか?
って思っているんですよ・・・」と言い出したので、
さすがに「それは違うね」と水を差して話を一旦止めることにした。

幸か不幸か私、潮風太子。
祖父母の世代から戦時中のハナシを何度となく聞かされ、
学校に行けば「安保闘争世代」のサヨク教師から熱血指導を受け、
オウム真理教については前身のオウム神仙の会の頃から、
かの大事件までリアルタイムで目撃していたという、
よくよく考えたら結構な「歳」になったオッサンだったっけ…と。

ならばオウムの事件にいたっては
彼が生まれる前の出来事とあっちゃ、
丁寧に説明しなくてはならない。

念のため改めて書いておくと、
今やフナッシーでお馴染みの船橋は、
オウム真理教の発祥地。

一応、当時の時代背景含め、かの事件について一通り説明することにした。

一通りの説明を終えた頃、
彼は「では麻原は、かつては宗教家だった…ということなんですか?」
と、なかなか鋭い切り返しをしてきたので、
「いや!町のヨガ教室の先生が、
ある日突然、単なるペテン師に変節しただけ」
と冷徹に即答してあげた。

結果だけで見てもわかる通り、
オウムは結局のところ大金が動き出してから、
後付けで、どんどん教義を作り上げていったワケで、
毎年、毎年、教義が増え続け法典のページ数が、
ひたすら増え続ける宗教など宗教とは言わない。
要は金集めの為の方法論としての、
「教義」でしかなかったのだ。

確かに先立つものは金なワケだけど、
まず金ありきという教義を、
ホンモノの宗教と呼べるのか?ということだ。

「では、なぜあれだけの高学歴な学生たちが簡単に、
オウムに引き込まれていったと思います?」と言うので、

「まず彼らは受験戦争の絶対的勝者であったが故に、
答えは常にひとつであり、それを導き出すことこそが、
正解であると考えていたこと、
それと思春期の大事な時期に理不尽な縦社会を経験することが、
出来なかったこと、この2点が大きかったんだろうなと思ってるんだけどね」
と個人的な見解を述べた。

「縦社会の経験って重要だということですかね?」ときたので、

「重要かというなら、むしろ逆。散々上からの理不尽な暴力や暴言に
ひたすら耐え続けたら、もう二度とそういう目に遭いたくない!
と思うのが普通よね。だから自分からまたそういう絶対服従の世界に
カネ払ってまで好き好んで行こうとは思わないんだけど、
そういうトラウマがナイと暗黒の世界も、
まるで未知の世界のように映るんだろうね。
ただ免疫力を高めるには必要なのかなぁ・・・(笑)」と回答した。

実際には上の連中だけは特権階級的フラットな横社会で生活し、
下の学歴のナイ連中は絶対的縦社会で暮らしていたワケだけど・・・
とこんな調子でまとめて小1時間の議論が終了した。

これだけ情報が氾濫しているので、
オウムについても相当詳しく理解できていると思いきや、
意外にもそうでなかったことが実はショックであった。

一辺倒な見方(ウキペディアだけの知識とか)だけで、
全体像を理解しようとする、
いわゆる「グーグルバカ問題」の根深さを感じた。

これでは簡単にネット情報に騙されてしまうような子が増えるのもわかる。

最近LINEを使って中学生と仲良くなって、
彼らからネットいじめの実態を調べようという大義名分のもと、
「潜入取材」を試みたら逆に「キモイ」などと暴言を吐かれ、
それに逆ギレした某市議会議員がいた。
歳を聞けば39歳だという。
しかも某有名大学の大学院まで出ている秀才であったと。

この人もまた「答えは1つであり自分の考えが正解で、
コドモの出した回答が誤りだから論破してやる」という、
単純思考回路の持ち主だったようだ。
なまじ優秀すぎると、回答は無数にあるということが、
理解できないらしい。

ネット社会に振り回されると、
子供が中身のないオトナに化けたり、
オトナもまた、実はまだ子供のままであることを露呈してしまったりする。

自分自身も今一度、
こうしてブログの世界で暮らす一人として、
夏の終わりの戒めとしたいと思った次第ナリ。

また来週。

スポンサーサイト



お暑い日が続いております。
こんな時は、
ダラダラ書くのも読むのもしんどいので、
今週はアッサリ目の流行ネタなんぞ。

8月14日深夜、
同僚のIからLINEでメールが入る。
明日の朝10時前までに○○の××(某CD&ゲームショップ)で、
並べば先着順で「妖怪メダル」おひとり様2つまで購入できるぞ!と、
つまり要するに「来い!」と。

はてさて、この妖怪メダルとやら、
現在、入手困難な品だそうで、
こうして、ほぼクチコミのような状態で情報が、
駆け巡る形で入手するモノらしい。

中には、ここで購入したものを、
早速、「その手の店」へ持ち込み転売によって、
割増の下取り価格の利ざやを得ている猛者も、
かなりの数、存在するとか・・・
当たりモノだと1袋198円程度のモノが、
数千円に化けたりするらしい。

ちょっとした「妖怪バブル」といったカンジ。

ということで結局のところ翌朝、早速現地に赴く。

どうも並ぶとかいうとマリーンズ病の影響か、
やたらと早く現地に行かないと落ち着かない性分。

現地に着くと店頭にこのようなビラが貼られていたが、
まだ開店2時間前ということもあって2番目の到着。
肝心のIはまだ現地にやって来ない・・・

開店30分前まで潮風太子含め2組しか並んでいない状況。
「どういうこっちゃねん?」と思いつつメールすると、
こんな田舎じゃ30分前から並べば充分だって(笑)
と、なんともお気楽な返信。

こういうことは先手必勝だろ?
言いだしっぺのクセにと思いつつ、
「はて、オレはこんなところで朝から何をやってんだ?」
と、ようやく我に返る始末。

この日も早朝から30℃超えの猛暑(酷暑)。

さすがに子供を連れて、この酷暑を並ぶには、
せいぜい30分が限界か・・・と思うと、
なんか納得。

勝手に早合点して早くから並んでいるオレが、ただバカなだけ。
と少し後悔。

しかし実は、かくいう潮風太子、
それほど妖怪ウォッチなんざ興味がナイ。

ただ今後のことを考えて、
愚息たちのために「切り札」としてのツールを入手しておこうと・・・
姑息な親心と場合によっては「転売して利益を!」という、
不埒な下心が交錯しているカンジと、まぁそんなところ。

そして、開店30分前にIからメール
「後ろに並んでいるよ」と。
振り返るとざっと30人程度後方に・・・
これまた意外にも並んでいる人が、
当初、想定していた人数よりはるかに少ないことにガッカリ。

それこそ1000人くらいの人が並ぶのかと思っていただけに、
まぁこんな田舎じゃ、こんなもんか・・・と苦笑い。
秋葉原では4000人も並んだとか聞いていたので、
拍子抜けもいいところ。

結果的に店側も当初の見込みより、
並んでいた人の数が少なかったということで、
急遽「おひとり様5点まで」ということに変更となった。
おかげで、割と簡単に妖怪コインとやらを入手することに成功!

と思いきや、
実は店内に入ったところ、
なんとコイン以上に入手困難と言われていた、
妖怪ウォッチDX(要するに妖怪コインとやらは、
このウォッチ本体がないと、なんの価値もナイということらしい)が、
店頭に5個ばかし並んで置いてあって、
一瞬目を疑う。

当方は2番目で1番目の家族はすでに入手済みらしく、
コインの箱セットを5つ購入したので、
潮風太子にチャンス到来!2つ買ってしまおうか!!
と、思ったのも束の間、後方から「あっDXウォッチ売ってる!!」
と数名の子供たちが歓喜の声を上げた・・・。

さすがに、こういう状況で2つ購入は、
まさしく大人げないので、とりあえず1つ購入。

6歳以上の子の遊ぶおもちゃらしいので、
ウチの下の子には「不要」。
と自分に言い聞かせてグッと「欲望」をこらえつつ

5点までのうちの1点。
妖怪ウォッチDXをアッサリとGET!!
これは相当にラッキーなことらしい。
皆、相当に苦労して入手しているようだ。

早起きは3文の得ということになろうが、
この場合3780円の「損失」をしていることを考えると、
なんとも複雑な出費(浪費)になってしまったような気も・・・。

この他に零式とかいうタイプのコインを3袋購入して、
計5点のお会計。

再三、書くようだけれど、
私、潮風太子「妖怪ウォッチ」についての知識は、
ほぼ皆無に近い状態。

ということで、とりあえずDX腕時計とやらを購入したことで、
完全に舞い上がってしまい、
後の4点はとりあえず目に付いた袋を手当たり次第、
手にとって「お会計」へ一直線!といった状況。

しかし後に、この「零式」ナントカというコインの袋を見てビックリ!
どうやら今回、無事入手できたDX腕時計には、
この零式のコインは使用できないとのこと。

ということは、DXウォッチとは別に、
タイプ零式ウォッチとやらも入手しなくてはならないらしい。

「え?コレじゃダメなの?」とIに聞くと、
よく見ろよ明日、
またココで零式の時計を売るって書いてあんじゃんよ。
と言う。

ムムム・・・また明日来いってか?

しかも、よく読めば「明日」のタイプ零式の時計は、
限定25個の販売数で、
しかも抽選での購入とのこと。

その上、抽選も抽選券先着72名までと書かれてやがる。
早く来て抽選券争奪戦ののち抽選会を行って、
約3人に1人の当選確率とな。

この新型、タイプ零式のウォッチ。
現在、もっとも入手困難な妖怪ウォッチらしい。

じゃあ、もっと量産すりゃいいじゃねぇか!と思ったものの、
メーカー名をみて「バンダイ」と知り納得!

ガンプラ、たまごっち、ポケモンの夢よ再び・・・
とまぁこういうことらしい。

ちなみに潮風太子は翌日は並ばなかったが、
のちにIからメールが入り、
仲間4人が整理券をGETしたものの、
結局、「当選」したのは1人だけだったという。

確率的に考えると妥当な当選確率なのかも知れないが、
それにしても、もったいぶりが過ぎるような気も・・・

それと現在日本でもっとも大人気アニメである、
この妖怪ウォッチ、
どうやら映画化されるとのこと。
上映は12月という。

ということは・・・・

この妖怪ウォッチブームなんとしても12月まで、
引っ張らなければならない「オトナの事情」が、
スケベったらしく見え隠れする。

そりゃ簡単に数出す訳ゃねぇやな・・・と。

な~んか今から20数年前のバブル期の、
郊外の住宅販売を彷彿とさせるような、
「大抽選会商法」のようで、
どこか滑稽なカンジだ。

それにしても、どうも我々の世代は、
行列、抽選、という時間とお金の無駄も甚だしいモノに、
なんと弱いことか・・・

まんまと踊ってしまうのだ。


それでは、どのタイミングで「妖怪ウォッチ」という切り札を、
ドカンと投入して効果的な成果を得ることができようかと。

よって、そう簡単には手に入れさせないぞ!と思い、
愚息たちには絶対に発見されないように、
隠すのにも一苦労。


なんて思っていたら先日深夜に仕事から帰宅後、

愚息の枕元にこんなメモが・・・

任天堂DSソフトの妖怪ウォッチ(元々はこのソフトから派生しているとのこと)
「元祖」と「本家」の2本をくださいサンタ様と。
妖怪ウォッチは、それほど欲しくナイということか…


しかも、サンタさん…って、
まだ真夏じゃねぇかよ・・・と、愚息のバカさ加減に呆れつつ、
妖怪ウォッチとコインも何かとカネがかかる商品だが、
DSソフト2本とは、これまた結構な金額になるじゃないですのと。

人間の消費欲というのは老若男女、とどまることを知らない。
不景気風は一体何処へやら・・・

妖怪ウォッチによる我が国における経済効果、
いかばかりかと。

はてさて、
このまま愚息たちに妖怪ウォッチとコインとやらを、
すんなり渡すか?
やっぱりやめて売り飛ばして小商いに励むか?
葛藤する日々(笑)

売れば、また妖怪インフレに加担するコトになるし…でもなぁ。

今や日本の経済活動を支える「重要な経済基盤」のひとつとなっている、
「妖怪ウォッチビジネス」に我々親たちは一喜一憂、西に東に右往左往。
まさしく翻弄されている様も実は「妖怪のせい」なのだろうか?

こうしてみると、
本当に日本は平和な国だと、
改めて思う今日この頃ですな(*^^*)

ということで、また来週。

今週は久しぶりに映画ネタにしましょう

最近は多忙でなかなか映画館(野球場)に行く時間がナイ状況。
とはいえ「時間は自分で作るもの!」と昔教わった私らの世代。
以前から気になっていた作品があったので、
この映画の上映打ち切り直前、
8月某日新宿バルト9で早朝のみのロードショーの、
太秦(うずまさ)ライムライトという作品を
無理やり時間を作って観に出かける。

この太秦ライムライトという作品。
太秦というタイトルからもわかる通り、
東洋のハリウッッドとも呼ばれた東映京都太秦撮影所が舞台。

そして、この太秦撮影所で半世紀以上にわたり
日本一の斬られ役として一部のマニアックな時代劇ファンたちから、
カリスマ的支持を受けている「福本清三」の初主演作品という、
ちょっと変わったコンセプトの映画である。


以前ココで「悪役ネタ」をちょいちょい書いていた頃、
昔の悪役について改めて調べていくと必ずと言っていいほど、
この福本清三と峰欄太郎、木下道博という名前にヒットする。
が、いくらその道で超有名人とはいえ、
斬られ役で失礼ながら仕出し(エキストラ)の彼らを、
当時はどうやって面白く書いたらいいのかわからなかったもの。

ところが、ここにきてマスメディアが彼らに注目し始め、
特に重鎮で「海老反り」の第一人者である福本清三が
俄然クローズアップされるようになってきた。

とても素晴らしいことだ。

そこへ来ての今回の主演、
しかも盟友「峰蘭太郎」「木下道博」も出演とあっちゃ、
観に行かないワケにいかない!どうしても血が騒ぐ。

特に彼らの立ち回りの美しさはチャンバラという芸術の域である。

本当に見慣れた昔の東映時代劇
(水戸黄門や暴れん坊将軍、遠山の金さん、必殺シリーズなど)で、
最後の長回しの大立ち回りの際には、
必ず彼らが登場していたもの。
そして、この時間帯だけで視聴率がド~ンと跳ね上がる。
終い10分前の隠れセットアッパーといってもいい。

なので相当に期待して映画館へ向かったが、
結論から先に書くと、
なんか中途半端なフィクション作品で、
これだけ最高素材(デキる役者)を使って
「え、コレ?」ってなカンジの、
水野晴郎監督のシベリア超特急クラスの作品に、
ちょっとガッカリ・・・
まぁ一応、せっかくなのであらずじを・・・

日映(東映のもじり)撮影所所属の超ベテラン斬られ役俳優である、
香美山(かみやま)清一は長年続いたTV時代劇番組の終了に伴い、
斬られ役としての仕事が激減。
現代劇の熱い地面での死体役など、
チャンバラとは無縁でしかも、
ベテランがやらないような仕事でも黙々とこなすような日々。
ところが、ある日現場で「若造監督」とトラブルを起こし、
撮影現場から干されてしまう。

そんな中、オーディションで落ちたという京都出身の
無名の自称女優「伊賀さつき」(山本千尋)と出会い、
彼女に頼まれ殺陣の稽古をつけることに。
自身は撮影現場から日映太秦映画パークの
チャンバラショーに左遷される。

香美山の厳しい指導のかいあって、
伊賀さつきは急遽ピンチヒッターで出演した時代劇で、
ヒロインに大抜擢され、
これがキッカケとなり一躍大スターに。
彼女は太秦を離れ東京に活躍の場を移すことになる。

大スターとなった伊賀が久々に太秦での、
大作時代劇主演の話が持ち上がる。
凱旋帰郷した太秦に「師匠」香美山の姿がナイ。

香美山は体調を崩し故郷で畑仕事をしながら余生を送っていた。

そこへ伊賀が訪れ香美山に出演依頼をするが、
香美山は現場復帰を拒否するも、
香美山に伊賀が稽古をつけてくださいと懇願し、
いざ、稽古をつけた途端、再び斬られ役としてのスイッチが入る。

久しぶりに太秦へ戻ってきた香美山だが、
以前からの腕のしびれが完治していない。
剣捌きが思うようにできずもどかしい香美山。

ラストで尾上清十郎(松方弘樹)に斬られ、
愛弟子の伊賀に止めを刺され、
「職人芸」海老反りを見せながら、

桜の花びらとともに果てるというシーンが、
香美山の引退作のラストカットとなる…

まぁとにかくストーリーがちょっと無茶苦茶すぎて、
なんかヘンだと思ったら、
どうやら潮風太子世代のスタッフと、
特に多くのガイジンスタッフによって、
作られた作品であったことがラストのスタッフロールを見て解った。
なにか全体的な不自然さの原因はココらへんにあったのかもしれない。

「お勉強」はできる人たちなんだろうけど、
地面の目線つまり「時代劇」に興味があってこの映画を、
わざわざ観に来ているのは、
相当にマニアックな客層であるということが理解できていなかったようで、
殺陣のイイ感じの心地いいシーンや、
福本清三の御年70歳とは思えないような超キレキレの、
刀捌きなど思わずグッとくるシーンをジックリ観たいのだが、
そういう熱いチャンバラのシーンが、
ようやく始まったかと思って観ていたら、
なんだかよくわからない現代のシーンや回想シーンに突然転換されたりと、
心地いよい気分がことごとく台無しにされたような気分だったのが、
とても残念だった。

無理やりストーリーを作るくらいなら、
それこそ「ポレポレ東中野」とかでやっているような、
ドキュメンタリー作品にしてほしかったなと・・・・。

そっちの方が我々のようなマニアックな層はじめ、
お年寄り層にも、もっとウケたような気がしてならないのは、
自分だけだったのだろうか?

斬られ役ひとつにも「命の貴さ」を伝える力があることも、
佐世保の事件みたいなことがあった後だけに、
尚更、そう感じてしまった。

もっと、この福本清三の人間味そして含蓄のある「お言葉」や、
いまでは珍しいであろう厳しい若手への指導のシーンなども、
多少のタブーを冒してでも伺いたい、
観てみたいと思っているのは、
潮風太子だけじゃないハズ。

海外向けのプロモーション作品であろうことは、
充分理解できるものの、
チャンバラ好きな「底辺で暮らす一般的な日本人」の感覚、
ってもんを、もうちょっと解ってほしかったなと。

ただ、この作品の中のセリフにもある、
福本清三の座右の銘的な「お言葉」で、
「人を信じ自分を信じる」そして、
「一生懸命やっていれば誰かが見ていてくれる」は、
すっかり社会の「斬られ役」になっている潮風太子の心に、
とても響く言葉だった。

今さっきマリーンズが楽天にサヨナラ勝ちを収め、
2夜連続のサヨナラ勝ちで5連勝!
特に今日(7日)は、ず~っと2軍暮らしだった、
大嶺翔太(兄貴は投手)が1軍昇格、即スタメンで初ホームランの快挙。


入団前は高校生の分際で仲間たちと酒盛りなんぞやって、
入団が遅れるなど問題行動もあったものの、
プロになって心を入れ替えて一生懸命やっていたからこそ、
「誰かが見ていてくれた」ワケで、
誰かがちゃんと見ていてくれたから、
こういう日がやってきたんだと・・・・

頑張って書いていればこそ「必ず皆さんに見ていただける」ワケで、
改めて自分にも言い聞かせたい「セリフ」。

しかし、いいこと言いますなぁ
「名人」って呼ばれるような人は・・・




※来週は夏休みで多忙のためお休みさせていただこうかと思います。
  
  それでは楽しい夏を熱中症や危険な大雨には、
  くれぐれもお気をつけいただき、
  お過ごしいただきますよう心よりお祈り申し上げますm(_ _)m
   また再来週あたりに(^^)ではまた。

この夏、愚息のサッカーは、
土日祝すべて遠征試合。
しかも、この酷暑の中を朝から夕方まで、
というハードな内容。

帯同する我々、親たちも熱中症覚悟の「命懸け」の応援だ。

それでも愚息が活躍でもしてくれれば、
疲れも吹き飛ぶというモノ。

ところがウチのボンクラ坊主と来たら、
まぁ決定的チャンスというチャンスで、
ことごとくシュートを外す外す!

「そんなのフォワードじゃねぇぞぉ!!(怒)」やら、
「もうお前のやるポジションねぇぞ!」等々、
まさしく親の顔が見てみたいというカンジの、
厳しいゲキが飛ぶ・・・。
他のチームメイトたちからも
「いい加減ちゃんと決めろよ!(怒)」とマジ切れされるわで、

もう恥ずかしいやら、
他の子たちに迷惑かけまくりで情けないやら、
ホントに穴があったら入りたいという気分(汗)

ほかの子たちは明らかに通常練習の他に、
「自主練」を行っていることは、
ここ数ヶ月の驚異的なレベルアップからも一目瞭然。

それに引き換えウチのバカタレときたら・・・

「もう辞めちまえ!」「いやだ辞めない!」のやり取りも、
いまでは日常茶飯事。

しかし、さすがに「こりゃいかん!」ということで、
潮風太子モードに切り替え改めて
「観察」と「分析」を始めることに・・・
メモを書きつつ動画を撮ったりしながら、
「何がマズイのか?」「上手い子との違い」は?
を改めて考察。
そこで出た結論は、

とにかくリフティングの基本技術レベルを、
上げること・・・。だった。

もう一度改めて「基本」の徹底から、
見直すことに。

そこで、いろいろなリフティング練習法の中で、
ボールを収納するネット(ボールネット)に入れて、
リフティングの練習をすると上達が早いってんで、
ボールネットを入手しようと、
ネットで調べるとコレが200~300円前後とな。

あら?意外と「お安い」のね。

ということでボールネットを購入に、
スポーツショップへ早速出掛ける。


と、標準的なボールネットのすぐ真下に、
な~んか、いかにも練習用に最適!
そうなボールネットを販売しちゃってるじゃあ~りませんか。

1500円…う~ん。

「ええい買っちまえ!」
と完全に予算オーバー。

早速、帰宅後ボールをセットして、
愚息にやらせようとするも、
いかんせん「怠け者」のバカ愚息。

しばらくの間は熱心に練習するも、
まさしく3日坊主。

とっとと飽きてしまう始末・・・

で、結局いつもの如し。
気がつけば御歳45歳の私メが、
連日リフティングの練習をしている状況(笑)
どうもウチの愚息は、
毎日、小さなコトからコツコツと…
という地道な努力をする「才能」がナイんですな。
困ったもんです。

それより、
この「Jリーグ養成ギブス」効果の程は如何に?
ホントに上手くリフティングが出来るように、
なるんでしょうかね…


おかげで最近、
私メの足先が内出血気味の状況。
アイタタタ…
リフティングって結構しんどいモノだったんだなと。


それと同時にサッカーのルールを
確認していこうと思っていたら、
オフサイドの項目だけでも結構な数が、
あることにビックリ!!
これまた実に奥深いスポーツだったんだと再認識。

はたして、この夏の「特訓」の成果が、
ちゃんと秋には出てくれるのでしょうか?
あれ、俺が特訓してどうすんの?(笑)

ということでまた来週。