FC2ブログ
男40にして…とはよく言ったもので、
こんなに忙しい日々がやってくるなんて、
貧乏バカ学生時代に山手線で時間潰しに、
2周ばかし昼寝してたりしていた頃には、
まったく想像だにしておりませんでした。

このところ更新遅れてスミマセンですm(__)m

さて今週は久々、千葉ジェッツネタにて。

昨年12月頃から千葉ジェッツのホームエリアである、
新京成電鉄沿線には、こんなポスターが貼られていた。

当然のことながら千葉ジェッツの試合を告知するポスター。
なのに・・・
ご覧のとおり、
演劇界で言うところの「看板」のポジションに、
対戦相手であるレバンガ北海道の球団社長にして、
現役選手の折茂武彦(おりもたけひこ)と、
リンク栃木ブレックスの田臥勇太(たぶせゆうた)が、
ド~ン!と面推しで。

バスケ界のレジェンド折茂武彦選手が来る!
日本人初NBAプレーヤー田臥勇太選手が来る!
のキャッチコピー。

その背後に千葉ジェッツの田中賢介とジャスティン・バレル、
星野拓海が薄めのピントで「お約束」程度に刷り込まれていた。

ちょっと千葉ブースターからすると「カチン」と来るようなポスターも、
ほとんどの人は「田臥勇太」のことしか知らないだろうな・・・
と思いながら駅ポスターをぼんやりと眺める私メ。

もっとも折茂武彦も毎日、
日刊スポーツを愛読している潮風太子ですら、
あ~そんな選手昔いたっけな・・・程度。
同世代(折茂は44歳)だったので記憶にあった程度だが、
(黄金期の)トヨタの選手だったことくらいしか覚えていない。
まだやってたんだ・・・・みたいな。

田臥勇太も同様。
もう34歳か・・・能代工高の時は凄かったな・・・
ってな調子。


12月のレバンガ北海道戦は行けなかったものの、
1月24日のリンク栃木ブレックス戦で田臥勇太を観に行こうと、
なんとかスケジュールを調整して、
ようやく地元、船橋アリーナでの一戦に今シーズン初参戦。

ポスター効果と、この日は地元市立船橋高校バスケ部による、
エキジビジョンマッチもあって「超大入り」2714名の観客を動員。

いやいや、こんな大入りの千葉ジェッツの試合は久しぶり。

栃木からも熱心なブースターの人たちがかなりの数いて、
ちょっと驚き。
しかも体育館でドラム応援ですからね・・・。
本来なら「うるせ~な」って気がするんでしょうが、
こんなに盛り上がった試合を観るのも滅多にナイので、
ぜんぜんOK!アリだと思いましたな。

白いユニフォームの背番号「0番」が、
かの田臥勇太。
現在はガードの司令塔的な選手のようです。

栃木のフォーメーションは、
田臥を起点に24番トミーブレントン(外人)→
9番遠藤祐亮(地元習志野・市船出身)~
25番の古川高敏or32番ライアンロシターというパス回しでの、
攻撃パターンが基本型。

これをジェッツのスピードの速いパス回しで、
どう崩して攻略するのかが見所。
と思って観ていたものの・・・

昨シーズンに比べると、ど~もトロイ感じの、
ストロングスタイルっぽい、じっくりといくパス回しで、
ちょっと違うんじゃねぇの?って思いながら、
しばらく観察。


こうした豪快なダンクシュートシーンも、
見られた反面。


どうしても、相手に合わせるような試合展開で、
なかなか追いつけない後手後手の印象が否めず・・・

常に主導権を取られ通し。
割と簡単に決まるであろうと思われたレイアップシュートも、
ポロポロ外すので次第に盛り下がっていく場内・・・

無理繰りチェレンジするスリーポイントシュートは、
当然のことながら殆ど外れ、逆にピンチを招く展開に。

もっとも栃木もそれなりに外してくれたので、
手に汗握る大接戦と書きたいところも、
なかなか得点が決まらない「プロ」らしからぬ試合が続く。

これはちょっといかがなものかいなと・・・・。
首を捻りながらメモを取る潮風太子。

100点ゲームを!とまでは言わないにしろ、
バスケの場合は点の取り合いの応酬が醍醐味なワケで。
成功率が50%程度のシュートばかりでは、
なかなか会場が沸かない。

実際、第2ピリオドあたりから愚息(次男)が飽きてきた。

それでもなんとか逆転して、
会場を盛り上げて欲しい!!
という熱い思いで応援すると、

最終第4ピリオド残り13秒で4点差まで詰め寄った千葉ジェッツ。
この試合、最大の見せ場を作る!

タイムをかけながら時間稼ぎをして、
ワンプレーごとにチャンスの場面を作れば、
バスケの場合10秒あれば「奇跡」が起きる・・・

も、その直後アッサリ2点決められ、
結局、6点差の70ー76で敗戦・・・・

また潮風太子の観戦した試合は負け試合。

「あ~また勝ち試合観られなかった」か・・・



スコア見ても、お分かりの通り。
常に栃木ペースの試合だったのは明らか。

でも、今まで観たジェッツの試合の中でも、
厳しい書き方をあえてするけれども、
正直「一番の凡戦」だった一戦にちょいとガッカリ。

昨シーズン通しで使えばかなりの働きが期待できる!
と思っていた一色翔太は倒産寸前の「つくばロボッツ」に、


何があったのか知らないが、
突然、今シーズン終了までレンタル移籍と・・・・。

采配批判は書きたかぁナイが、
キャプテンで生え抜き選手のガード、
佐藤博紀は全然、試合に出てこないし・・・。
bjリーグの横浜ビーコルセアーズで日本一になったほどの、
名コーチ(監督)レジー・ゲーリーの采配に、
ちょっと疑問符?かなと…

しかしながら翌日の試合は、

56ー53で辛勝!!

あ~どうして、こう間が悪いんだろう?
と自分の運の無さを呪いたくなっちゃうもう!

といってもスコアを見れば、
ちょっとロースコア過ぎな試合なんじゃないの?と・・・

第4クォーターやって50点ゲームって・・・?

とかくレベルが低いと揶揄されるbjリーグでも、
なかなかこういう試合結果はナイです。
これが国内最高峰を掲げるNBLの試合というのなら、
統一しない理由こそナイような気も・・・

なんて思ってしまった今シーズン初観戦でした。

また時間作って、観戦に行かなきゃなと。
選手は頑張っているのはわかってるから・・・。
こういう時こそ応援だ!

現在NBLイースタンカンファレンス5位の千葉ジェッツ。
1位の日立にこそ大きく差を広げられているものの、
まだまだ連勝のチャンスがナイわけじゃナイので、
見せ場を作っていただきたいもんです。

頑張れ千葉ジェッツ! GO JETS!!

でもダンディ坂野のイメキャラはいらね。
って密かに思ってたりして・・・・

また来週。



スポンサーサイト



今週は記録がわりに親バカ日記風で。

日本の少年サッカー界では、
いわゆる正式チームは3年生からという、
ルールになっているらしい。

俗に言うU-9というやつ。

したがってクラブの正式チームも3年生からとなる。
ユニフォームの背番号が決まるのもこの頃になり、
この時に決まった背番号はクラブに所属している期間、
6年生まで使うことになる。

よって他のチームの子たちも、
△△FCの5番という風に、
互いを認識し合うコード番号ともなる。

また公立の小学校でも3年生から、
サッカークラブへの入部が許可され、
この頃からサッカーを始める子の数が グッと増える。

昨年3月、正式にチームとして発足し、
幸か不幸かクラブのトップコーチ(鬼コーチ)が、
我が愚息のチームのコーチに就任したことは以前書いた。

就任早々まず最初に言ったのが、
「このチームはクラブ創設以来最弱のチームです!(怒)」だった。

確かにクラブの歴史的にみても、
このメンバーは幼稚さが多分に際立ってみえるというか、
親離れが出来ていないのか、
子離れも出来ていないのか、
チームのメンバー数も16名と、
クラブチームとしては人数が少ないせいもあってか、
我が愚息含め、とにかく幼稚な雰囲気は否めなかった状況。

すね当てを忘れる。
試合なのにユニフォームを忘れる。
試合前の移動車中でユニフォームに小便を漏らす。
集合時間を間違えて遅刻する。
合宿でつかみ合いのケンカをする。
そんなことが毎回のように発生し、
まぁ試合以前のレベルのところからのスタートだった。

それが鬼コーチのスパルタ式指導のもと(笑)
夏あたりからチームの状態が上向き始め、
チーム内の競争も起き始めるようになると、
チームのレベルは急激に上昇。

次第に練習試合の相手も有名どころが多くなり、
遠征や招待試合も増えるようになった。

昨年末に書いた某大会での決勝戦はA.B同門対決。
その後も今年に入りA.B合同軍(少人数チームの為)で、
結構、大きな大会に出場すると、
これまた優勝。

しかし優勝を決めた当日も、
優勝の余韻に浸る間もなく、
試合が終わるとサッサと地元へ戻り、
夜間練習を行い、
翌日、朝6:30集合で都内某所で行われた、
招待試合に出場。
すると総動員出場にて決勝まで駒を進め、
同じく決勝まで駒を進めてきた主催チームとの決勝対決。
0-0のスコアレスで延長戦に突入。
延長戦でも決着がつかず、
さらにPK戦という、
小3のサッカーとは思えないような、
ハイレベルな激戦の末、
見事勝利!

年をまたいで大会3連勝中。

毎度、毎度書くが、
我が愚息はそんなチームの、
BチームのへなちょこFWは相変わらず。

それでもコーチのご厚意により、
ちょくちょく途中やら、
スタメンから前半のみの場面とかで、
使っていただいている。

ようやくながら「スター選手」たちには、
足元にも及ばないながらも、
毎試合、得点もしくはアシストを記録出来るようにはなってきた。

ただ依然としてコーチから試合中、
怒鳴られるシーンが多い。
いや多過ぎる。
ほとんど怒鳴られ通し(笑)


一応、試合に出場したということで、
優勝チームの出場選手(ウチは全員)に、
金メダルが授与される。

ウチの愚息も「恩恵」に預かり、
金メダルを頂戴した。

せっかくなので、
ちゃんと保管しようとメダルを整理していて、
ふと気がついた…

全部同じデザインじゃないか…と。

まるでモダンチョキチョキズの名曲、
「博多の女」に出てくる、
まんじゅうのようだ。

♪包み紙だけバラバラで味も形も、
全く同じだ~♫ってなカンジ。

せっかくの金メダルなんだけど、
な~んか価値がちょっと下がっちゃったような…

知らなきゃ良かったか…?

子供用金メダルにオリジナリティーや、
アイデンティティーはいらないのか…?

今週から次男もサッカーを習い始めた…

どうやら我が家では、
キャッチボールを親子でやるのは、
夢のまた夢になりそうだ。

また来週。
最近FC2の調子がイマイチですねぇ。
動作がスムーズじゃナイというか・・・・

入力トラブルが多くなったりして、
以前より使い勝手が悪くなったカンジです。
PCのせいかと思っていたものの携帯からでも同様なので、
多分、FC2の方の問題なんでしょう。
抜け時見計らう時期に来ましたかな。

そんなこんなで年末年始と、
超多忙だったこともあり、
先週はお休みをいただきました。
改めまして今週からリスタートということで・・・

新年早々、企業系のトラブルが続発。

ひとつは大韓航空の「ナッツ姫」事件で、
例の副社長が逮捕されたと。

その次が、マクドナルドの異物混入騒動。
チキンナゲットにビニールが挟まってたやら、
フライドポテトに人間の歯が入ってたとか、
半分は信用できつつ、
半分は眉唾モノのクレームばなしアリと。

そして、こうした報道の最中に、
昼の市街地を走行中の路線バスが突然、
信号機に激突し17名の乗客が負傷、
バスの運転士が「逮捕」という、
ちょっと珍しい事件も起きた。

これら一連の事件・騒動をじっくり観察していて、
ふと気がついたことが・・・

このトラブルに見舞われた3つの企業(業界)に共通しているのが、
すべてトップが「現場経験」がまったくナイ、
「キャリア組」によって経営されている企業(業界)であるという点。

まず大韓航空のナッツリターン事件。

今回の騒動(事件)の中心人物、
大韓航空の元副社長、趙顕娥(チョ・ヒョンア)なる人物は、
アメリカのコーネル大学でホテル経営学を学び、
昨年、機内サービス・ホテル事業部門総括副社長に就任と、
経歴にある。

素晴らしいエリートコースを歩まれた方だなと思いつつ、
どうやらCAの経験はナイようだ。

マクドナルドの異物混入騒動はどうか、

我々の世代だと、
子供の頃「贅沢品」だったマクドナルド。

残念ながら今時マックを贅沢なご馳走と呼ぶ人は、
今の日本にはいない。
中には、あんなのボッタくってやがるなんて、
憎まれ口を利く輩もいるほど。

たまにはマックで買ってやるくらいの感覚か。

それにしてもまぁ、
ここぞとばかりに出るわ出るわクレームの嵐。

すると日本のマスメディアは、
一斉にマクドナルド攻撃を展開。

半分以上が胡散臭いハナシのように思うも、
集団ヒステリーのような今の状態では、
反論意見は何を言ってもムダ!
「さすがにそれはヘンだろう?」
なんて誰もツッコミを入れない。
戦争へと向かう時の群集心理によく似ている。
あたかも民衆をテストしているかのようだ。

今回の記者会見で質疑応答していた

取締役の青木岳彦氏はブリジストン入社を皮切りに、
ボーダフォン、ウォールマートジャパンなどの役員を経て、
日本マクドナルドの取締役となった人物と…。

一応、マクドナルドのホームページを閲覧したところ、
その他の役員の略歴からも、
「バイト上がりの叩き上げ」といった人物は、
見当たらず、
確かに皆さん経歴は立派だが、
現場のバイトや庶民の感覚まで、
常識的に分かりそうな人がいるとは思えない。

そして3つ目は東急の路線バスが、

大勢の乗客を乗せて通常の営業走行中に
突然、
信号柱に激突し乗客17人が負傷という事故。


事故状況をドライブレコーダーで確認してみたところ、
どうやら運転士の「居眠り運転」だったとのこと。

この2日後、錦糸町駅前で回送運転に入る都営バスが、
ロータリー内で婆さんを撥ねる死亡事故が発生し、

さらに2日後、
千葉の白井市を走る地域循環バスが、
通常営業走行中に民家の塀に激突、
8人が大ケガする事故が起きた。

こちらは脇見運転とのこと。

報道上は脇見運転とされている事故の約8割は、
携帯電話か居眠り運転のどちらかというのは、
今や常識だが居眠り運転による事故、
携帯電話による事故となると、
会社の責任、携帯電話バッシングに繋がり、
非常に厄介なコトになるため、
一個人の責任で終わらせようとする風潮は、
如何なものかと、いつもながら思う。

現在バス会社の殆どが、
電鉄系なら親会社の鉄道からの出向、
オーナー企業なら同族のほか銀行屋からの出向、
交通局関係だと本庁からの出向者が、
トップや役員に就くのが常識といわれている。
現場上がりだと営業所長か課長までが出世の限界。

そして、この3つの業界に象徴されるのが、
過剰サービス盲信論者という点。

ここで書く過剰サービスとは、
完全に身の丈を超え常軌を逸している様をいう。

大韓航空も一昔前までは、
どちらかと言えば安い航空会社の類いだったもの。
それがLCCの世界的本格参入により、
中途半端なポジションに追いやられた。

しかしフラッグシップが、
格安航空会社の看板を掲げるワケにはいかない。
世間体的に格好が悪い。
プライドだけは異常に高い国である。

かといってエミレーツのような超高級路線にも行けず、
サービス面においては元々、
日本のJALやANAの後塵を拝していた状況。
値段が安いんだから仕方ナイのだが・・・。

そこでサービスの拡充と言ったって、
常識的にムリがあろうというものなのだが、
そういう「常識」がわからない人がトップに就いた。
当然、現場は反発する。
自社の副社長が当日、
搭乗することを知らないクルーなどいない。
運行前のスタッフ打ち合わせでファースト・ビジネスクラス客の、
事前確認をするのは常識中の常識。
したがって、まぁ上手くハメられたんだろうなと・・・

マクドナルドもそう。
ちょっと前、1分以内に提供とかいうバカなキャンペーンを張った。
あの期間中、仕事の雑さと客の混雑に嫌気がさして、
しばらく行かなかったことがあった。
またそれに嫌気が差して本来優秀だった現場の従業員までが、
マクドナルドを去ったことをトップの連中は、
どれだけ把握しているというのだろうか?

代わりの人間はいくらでもいる・・・という慢心が、
こういう事態に発展していることを彼らは知る由もない。
結局、責任感が希薄な連中ばかりが集まってくることになる。
その結果がコレだ。

バスや鉄道もそう。
近年、やたらと接客レベル向上キャンペーンを張りたがる。
この手のキャンペーンが始まるようになってから、
駅員への暴力や車内トラブルが急増していることまで、
現場経験のないトップは考えもしない。

都内を走る東急バスに乗ってみるといい。
いちいち「右曲がります」「発車します」、
「クーラーの効き具合はいかがでしょうか?」
渋谷の道玄坂交差点の人がウヨウヨしているところを、
アナウンスしながら右左折・・・。
これが「標準」レベルだとのこと。
東急バスは運転士と呼ばず、
サービスプロバイダーとか、
サービスクルーと呼ぶそうな。

でも常識的に考えれば「危ねぇ」だろうに。
これがマニュアル通りだとすれば、
誰がこんな危険なマニュアルを作成したのかと・・・。

しかし、それを日本式「おもてなし」というらしい・・・
サービスプロバイダーやら、
サービスクルーの皆さんの疲労度たるや、
半端ナイだろうなと・・・

最近、バスの乗務員募集の広告をよく見かけるようになった。
致命的な人出不足だそうな。
昨年、国会でも議題になったほど。

しかしネット(2ちゃん等)を見ていると、
どこも労働基準などまともに遵守している会社がナイようだ。
おまけに給料も安いから人が集まらない。
乗客数が年々、急激に減少していることを理由に、
賃上げどころか給与体系の維持もままならない状態だと、
会社側は主張すると…
この業界にアベノミクスは関係ナイらしい。

また規制緩和して教習所で大型2種免許を取得できるようになった反面、
免許取得にかかる費用も50~60万円と、
それまでより10倍以上に跳ね上がった。
これも人出不足に拍車をかけていると言えないか。

現場のドライバーたちは安い給料を補う為の休日出勤が恒常化し、
人手不足により会社からの懇願で、
かなりのムリをして頑張って仕事をしている状況だというのに、
国土交通省は事実上黙認の状況。
そういう中で信じられないような「事故」が起き続けている。
原因のほとんどは運転士の疲れによるものだということは、
容易に察しがつこうというもの。

過剰サービス提供の成れの果て、
それを提供する現場の人間の疲弊からミスが発生する。

アホなトップとキチガイクレーマーどものおかげで、
なんの罪もない善良な市民が、
こうして「犠牲」になり続ける。

嫌な時代になったものだ。

また来週。


2015.01.02 謹賀新年
あけましておめでとうございます。

毎度、当ブログにおいで下さいまして
誠にありがとうございます。

いつまでFC2自体もつや分かりませんが、
できるだけ書き続けては、
いきたいなと思っておりますので、
今後ともご贔屓のほど、
宜しくお付き合いお願い申し上げます。

m(_ _)m


今週は穏やかにこの辺にて(^∇^)
また来週。