FC2ブログ
潮風太子の長男はまだ小学3年生なので、
「受験」とは無縁な状況。
しかし潮風太子と同世代、同期の子息たちが、
今年かなりの数、一斉に高校受験をするとのことで、
このところ「その世代」が集うと、
もっぱらその話題でもちきりとなる。

そして先日、
公立高校の前期入試が終了し、
合格者が発表された。
当日の悲喜交々の様子は他人事ながら、
なかなか面白かった。

蚊帳の外の潮風太子は「へぇ~」ってな調子で、
もっぱら聞き役に回るも、
意外(失礼)にも受験に熱心な父親たちの姿に、
ちょいと驚いたと同時、
「おい、受験はもう始まってるぞ」と、
当方へご丁寧に忠告まで頂いた次第(笑)

ということで今週は、
今年の公立高校入試の様子について、
地べたの目線で一筆書いておこうかと・・・

聞けば最近の公立高校入試は「前期」「後期」という、
システムになっていて、
前期でほぼ募集人員が埋まり、
後期で追加募集的に入試を行うシステムなのだという。
昔で言う2次募集に相当するか。
ただ、かなりの数の受験生が、
一度落ちた学校を再度受験するケースが多いとも聞く。

そこで今回、
あるスポーツ推薦での受験というものに着目し観察してみた。

近年、高校野球しかりサッカーしかりバレーボールしかり、
バスケットボールしかり陸上競技しかり柔道しかり・・・
俗に言う強豪校と呼ばれる「公立系」高校は軒並み、
偏差値50以上の「大学進学可能校」ばかりとなり、
いわゆる「バカ学校」というところの「強豪校」というのは、
今や絶滅寸前の状況にあるという。

まぁ勉強ができるからスポーツもデキて当然。
という理屈としては成立するものの、
公立校ならではの八百長ナシの一発勝負の入試だけで、
多くの「優秀な選手」をかき集められるというのも、
なにかヘンといえばヘンな話。

しかも、これらの学校を受験する連中は、
皆、判で押したように「1校」のみの受験で、
私立との併願はしないという。

たいした自信だなと驚いたが、
それもそのハズ。
受験に向けた準備力の差が違う!
のだから…

どうやら、こういうことらしい。

事実上、偏差値という表現が「表向き」撤廃されて以降、
皮肉なことに「内申重視」という傾向が極端に強くなったという。

しかし実はコレが新たな格差社会を生み出している
最大の原因といってもいい気がする。

こんな資料を見せてもらった。

内申書というと我々の世代は「金八先生」のような、
教師や学校の気分次第で書かれているモノという、
ダーティなイメージを持っているものだが、
どうやら今は「中学校側」の推薦なんか、
ほとんど無視状態で教師も基本的には関わらないという、
スタンスとのこと。

つまり自分のことは自分で、
あくまで自力自己責任においてやれと・・・・

上の資料を見ていただければわかるとおり、
もう完全に「ポイント化」されていて、
オートマチック式に「該当者」たちを、
その「枠」にハメ込んでいくと。

そして、
これらの評価対象の項目を数多くクリアしている者から順に、
高評価にランクされるという仕組みらしい。

逆に言うと、
これらの条件を1つもクリアしていなければ、
この「枠」に入ることすらできない。
ということになる。

また、この合格枠に入るためには、
当然のことながら「合格最低点」を取ることが、
絶対条件となるが、
合格最低点近くにさえ持ってこれれば、
この評価ポイントが「加算」され、
更に面接、学校によっては2分間スピーチなどを行い、
得点調整を行うことで、
「学科試験」での点が低い者でも逆転合格という珍現象が、
起きるという。

要するに推薦枠を取れる受験生に極端なまで、
圧倒的に有利な受験システムということになる。

「コレはおかしいだろう?」と言ったところで、
採るのは、あくまで「学校」なワケだから、
「学校」は欲しい生徒を採るというだけのハナシ。
これが「準備力の差」というヤツである。

当たり前ながら当該受験者たちには、
事前に「ヒント」が与えられるのは、
言わずもがな。
さらに皮肉にも「学力」のみの実力で、
合格するような者は当然のことながら、
学力トップレベルの連中だけとなるので、
学校も高い教育レベルが維持できる仕組みが完成する。
そこに「常連校」の金看板がつけば、
まさに鬼に金棒となるワケだ。

しかし、その「欲しい生徒」を獲る為に、
「高校側」も結構、尽力しているものまた事実。

中学3年生の5月頃から「学校説明会」を行い、
再度8月に「学校説明会」と称したセレクションを行い、
夏休み中に「各部」絞込みを済ませる。

学力成績面で問題がなく
「合格圏内」に入ったことを確認すると高校側の主導で、
このような「お墨付き」の手続きを行う手はずを整え、
「選手」が在籍している中学校に「持参」してくるのだという。
tiba1914
結果から言うと、事実上の「内定通知」のようなモノだ。
そこで高校の「顧問」、担任の教師、当該生徒と両親で、
当該生徒の中学校にて5者面談を行い
「最終意思確認」をする段取りとなるらしい。

ということで、もうすでにこの時点で、
「枠」が殆ど埋まってしまう状態。
高校の「部」にしてみても、
いかにして「優秀な選手」を早く確保するかが、
その学校の「部」の存亡、
顧問の雇用の確保、
優秀な生徒の安定確保にまで関わる、
死活問題となるので、
高校側もまた必死なのだ。

先日、こんなニュースが出ていた

あのPL学園ですら「油断」すると、
こんな状況に陥ってしまう。
このニュースも学校関係者たちからすれば、
対岸の火事とは思えないであろうことは、
想像だにかたくない。
だからスカウト活動が熱心になるもの、
当然といえば当然。

またこんな話も聞く。
とある種目の部活という書き方になるのを、
お許しいただくとして、
実際問題、現役中学生が「練習生」として、
「高校」の練習に参加していたり、
それどころか中には「小学生」が、
その高校の部活の「練習」に参加している光景を
みかけるという。
いわゆる囲い込みの類となるのだが・・・

しかし私立高だって手をこまねいてはいない。
これまた私立の中高一貫校などでは、
最近、小学生向けのユースチームを作ったりして、
既に引退したかつての「母校」の名監督を総監督に据え、
「英才教育」と囲い込みを始めるようになってきている。

少子化対策といえば、そう言えなくもないが、
ちょっと穿った見方をすると、
もう「日能研」のような「中学受験」の為の塾へ、
小学3年生くらいから通い「お受験」組になって、
「エリートコース」を歩むことにするか?

あるいはスポーツ推薦などで「進学校」へ行くか?
という2極化したルートに進まないと、
完全に「溢れ組」になってしまい、
スタートする以前からして、
どうしようもないハンデキャップを背負ってしまうという、
今の状況これ如何なものかと・・・・

でも残念ながら、
この高校での経歴が、
そのあとの大学への推薦進学や、
「お金持ち大企業」や「役所」の採用試験にまで、
影響している現実がある。

更に書くと、
偏差値40台中盤から下の高校の惨状は、
悲惨さを極めている。

5教科合計200点未満(1教科平均20点以下)でも、
合格してしまうという現実がそれ。
いくら定員確保優先とはいえ、
ちょっとソレってどうなの?
という高校もまた多くある現実。
ほとんど高校レベルの授業ができない状況という。

ということから、
「強豪校」が「強豪校」として存続し続けるための、
青田買いが更なる青田買いを生んでいる状況。
といったところか。


結論、
子供の頃からして、
その子に如何にカネと手間をかけたかによって、
その子の将来の選択肢の数が決まるということらしい。
「お受験組」として育てるか・・・
「スポーツ特待生組」として育てるか・・・
加えて書道に英検、ソロバンに生徒会までやらせて加点オプションまで、
ダメ押ししておくか…と。

公立高校のレベルですら、
今やこういう状況なのか・・・と改めて実感。

これ即ち、格差社会ナリと。

ただ、この「前期」「後期」の受験システム、
いろいろ問題があるということで、
今年で「廃止」されるというが、
今更「2極化」の加速に歯止めがかかるハズもなく。
はてさて、この先日本の高校教育はどうなることやら・・・


3度のメシよりサッカー大好き少年の我が愚息。
しかしながらヘタクソで万年BチームのヘタレFWでは、
「推薦」をもらうレベルの選手になることなんぞ、
期待できるハズも当然のことながら無く。
ましてや勉強で・・・なんて、さすがに書けない。
さて、どうする?かだ。

高校受験まで、あと6年。

すでに「受験」は始まっているというのか・・・。

帰宅後、愚息の寝顔をみるにつけ、
ホッとするやら心配な気持ちになるやら、
なんか気の毒にも思うやら・・・

でも親の心子知らずとな。

また来週。



スポンサーサイト



今週はマリーンズネタを。

やっと届きましたよ。
2015年マリーンズファンクラブ
ゴールド会員セット。

会員券とガイドブックに、
内野自由席のチケット2枚。
平日限定指定席券2枚。
ロッテリアのクーポン券と
クリスピー・クリーム・ドーナッツのドーナッツ引換券。
(ただし、このチケットはドリンク購入が条件とのこと)
それと今年はユニを発注。

でもなぁ・・・自分で発注かけたとはいえ、
このユニ絶対に球場で着そうにナイ感じ。
な~んかダッサイんですよねぇ。

ってかゴールド会員なのに年々特典が、
ジリ貧になってきてるような気が・・・



あと、こんなワッペンとピンバッジもついてましたが、
これは10年連続でゴールド会員ってコトで頂いてるのか、
単に、このファンクラブのクラス分け10周年を記念して、
作られたものなのか?
イマイチ価値がよくわからなくて、
ありがたみが、よくわかりません!


D先生から「ニコ動」でキャンプの生中継をやってますよ・・・
と教えていただき早速、
視聴してみる私メ。

予想通りというか、なんというか・・・
なんともまったりとしたタレ流し番組のようで。

そこにリアルタイムで視聴者から書き込みされることで、
なんとか保っているようなカンジの、
ゆる~い番組です。

D先生ご指摘のとおり、
柵越え(ホームラン)もなく・・・
練習なのに凡打の連続。

なんとも活気のナイ練習風景で。
それでも、熱心に書き込みしながら、
ず~っと視聴している熱心な「ファン」の面々。
ある意味カルト感たっぷりな動画です。

おそらく、このままマッタリとしたカンジで、
たいしてマスメディアに取り上げられることもなく、
いつも間にかキャンプを打ち上げ、
なんとなくオープン戦を迎えるんでしょう多分。

先日17日、
日立柏サッカー場にてACL(アジアクラブリーグ)
1次リーグ予選vsチョンブリ(タイ)戦を、
雨の中、愚息と観戦。
今回からようやく柏熱地帯(ゴール裏)に参上。

熱狂的、柏サポーターT会長の解説付きという、
なんとも豪華な観戦をさせていただきましたが、

完全に格下だと思っていた相手に、
意外にも苦戦。
90分2ー2では決着つかず、
大会規定により完全決着でなければならない為、
さらに前後半15分ずつの延長戦に突入!

延長後半10分コーナーキックから、
11番のFWレアンドロが見事ヘディングシュートを決め、
3-2で日刊スポーツ風に書くと、
タイの格下に2度追いつかれ延長戦で何とか本線へ・・・
というT会長少々ご機嫌斜めな勝利。

この勝利で大会本線に向かうも、
Jリーグは3月からの開幕。
とうことは、
この大会実質的には「オープン戦」のようなもの。

それでも試合に「飢えていた」という多くの柏サポたちは、
真冬の冷たい雨の中でも、
いつも通りの気合の入った応援に
「さすがサッカーサポは違うな」と、
改めて感じた次第。

以前にも書いたがサッカーの世界では、
子供のサッカーから一貫して、
「負けてもイイ試合など1つもナイ!」という、
万国共通の絶対勝利哲学がある。

試合数の違いはあれど、
マリーンズも、
こういう精神をもうちょっと持ってもらいたいなと。
3カード(9試合)で、
5勝(勝ち越し)ならヨシ!
じゃなくてね。

日立柏スタジアムには、こんな張り紙が・・・

どうやらサッカーの世界には
「オープン戦」などというコトバは存在しないらしい。
なんてったって「柏から世界へ」なのだから・・・

♪柏から~世界へ~劇場をみせつけろ~、
目の前の敵を~ぶ~つ~ぶーせぇ、
俺たちか~し~わ~♫
だそうだ。


翻って我らがマリーンズ。
さすがに幕張から世界へ!って、
言いたくたって言えない。
ましてや、あんな「まったりとした」キャンプを見ていたらねぇ。

と言いつつも、
まもなく日本のプロ野球もオープン戦が始まる。

さぁて「お歌の練習」が始まります(笑)

あの幕張の球場で・・・

でも、その前にまず応援歌の新作プリントアウトしてから、
YouTubeで予習だ!

また来週。

最近この時期、
北海道へ行った人が必ずと言っていいほど、
買ってくるおみやげというのが、
白いブラックサンダーという

私、潮風太子がほぼ毎日、
朝食がわりに食する銘菓ブラックサンダーの、
ホワイトチョコバージョン。
じゃあホワイトサンダーでイイじゃん!と思うも、
そこはソレ、「白い」がポイントなワケで、
北海道といえば・・・
で有名な銘菓「白い恋人」の
パロディを意識していることは明白。
なかなか「粋」なネーミング。

と、思って白い~をネタにしようかと思ったら、
これまた白い~のネタのなんと多過ぎることか・・・。
何をどう書いても完全パクリでしかないので、
さすがに今更ネタにはできないな・・・

と思っていたら、
先日セブンイレブンに行くと、

こんなブラックサンダーが販売されていて
「おっコレは!」と唸る。

プレミアムビター味とな!
ベルギーチョコレートだそう。
ということで言わずもがな当然のことのように、
購入して早速、食する・・・。

「標準味(ココア)」と比べると、
確かにちょっとビターで濃いカカオ感が出てます。

が、明らかに子供にはビミョーなカンジ。
完全にオトナを意識した味といった印象。
といっても潮風太子的には◎。

コレなかなか良いです(^ ^)


すると、このシリーズ他にもこんなのがありまして…

プレミアムミルク味。
コレは「標準味(ココア)」と比べて、
ちょっとミルクチョコ感を強くした味。
かといって甘ったるくナイところがポイント。

この違いガキにゃわかるまい!
というブラックサンダーマニア達のスキゾ性を
くすぐっているところがニクい!

たかが駄菓子、
たかがブラックサンダー、
されどブラックサンダー。
略してブラサン…?

とにかく毎日食べても飽きのこない味と、
超ローコストパフォーマンス(1コ概ね税込価格26円~32円程度)が、
最大の強み。
それでいて「チョコ系」の宿命。
溶けたりする「保存」のリスクがある為に、
まとめ買いに向かない故に、
連日コツコツと、
コンビニやスーパーマーケットで購入してしまうというところも、
実は長く売れ続けている
「要因」なのではないかと分析。

結局、月曜~金曜まで毎日1個づつ計5個購入すると、
1個チョコレート菓子を買うより「高くつく」ところが面白い(~_~;)

しかし、これからも某コンビニで毎朝、
日刊スポーツと一緒に購入するので、
これからも末永く売れ続けて欲しいものです。

またブラサンと相性のイイ末永く売れる商品といえば、
コーヒーでしょう!

ついでに久々ドリンクネタですが、

JT(旧日本たばこ産業)の缶コーヒー「ROOTS」を今回ピックアップ。

「どんな場面でも本当においしいコーヒーを」
を目指しコーヒー業界では超メジャー企業、
キーコーヒーと共同開発で生まれた、
この「ROOTS」という缶コーヒー。

JTにしては(と言っては失礼だが)なかなか、
良いデキ。
ビター感強めな割に、
いい意味でクセが少なく、
飲みやすい缶コーヒーなので、
実は結構な数のファンがいたりする。


ところが先日、

今年の9月をメドにJTがドリンク事業から撤退するという報道。

確かに「ROOTS」のほかにも、
「桃の天然水」などのスマッシュヒットはあったものの、
大手ドリンクメーカーとの差はいかんともしがたく、
とうとう力尽きたかと・・・・

開発、製造に携わっている人たちからしたら、
まさしく青天の霹靂。
それなりにファンはいるというのにねぇ・・・。

とはいっても近年では、
コンビニコーヒーの台頭著しく
カップのSサイズ100円で超本格コーヒー相手では、
いかにも分が悪い。

時代の淘汰と言ってしまえばそれまでだが、

ベルミーコーヒーの時のように、
ベンダー(自販機)だけが残り・・・やがてボロボロになって、
放置された状態が続いたのち、
ひっそりと最期を迎えるのかと・・・。

バブル時代から始まった、
無理矢理なJTの多角経営路線も、
どうやら終焉を迎えたようで。

バブル期からの多角経営推進派、
残すところ僅かナリと…

驕れる者も久しからず・・・
盛者必衰の理をあらわす・・・とは、
チョイとキツイ言い方か?

ブラサン&ROOTSの組合せを楽しめた時代が、
懐かしく思えるような「時」がやってくるのも、
そう遠くなさそう…ですかな?

また来週。














たまには時事ネタにしましょうかね。

2003年5月1日、
ヨルダンのアンマン国際空港の持ち物検査場で、
1発のクラスター爆弾の子爆弾が爆発。
ヨルダン人の空港職員1名が死亡、
近くにいた5名が重軽傷を負うという「大事件」が起きた。

いわゆるアンマン国際空港爆破事件である。

このとき爆発したクラスター爆弾の子爆弾を、
空港に持ち込み空港爆破をやらかしたのが、
毎日新聞カメラマン五味宏基という
「日本人」だったことに世界は驚愕した。

五味「記者」はイラク戦争取材の際、
現場で拾ったクラスター爆弾の子爆弾を手土産にして、
日本に持ち帰ろうとし手荷物に隠したものの、
空港職員に発見され取り上げられた。

職員が「確認検査」のため別室に運んでいる途中、
突然「爆発」したという。
五味「記者」は無傷。
そして現行犯にて、その場で即逮捕。

ヨルダンの裁判にかけられ、
本来なら最低でも8年程度の懲役は免れないところを、
ヨルダン国王の口添えもあって、
「事故」扱いにて懲役1年6ヶ月の判決を受けた。

その後、慈悲深いイスラム教徒の
ヨルダン国王による特赦で、
国外退去扱いにて刑に服することなく、
すんなりと「無事」帰国。

とはいえ、そこは目には目を!
のお国柄。

その後、日本政府は、
それまでヨルダンに行ってきた、
ODA(政府開発援助)の莫大な「円借款」を、
すべてチャラにするという「誠意」をもって、
ヨルダンに感謝の意を表した。
もちろん円借款のタネ銭は我々日本国民の血税。

ヨルダンと日本の友好関係はこんなところにある。

こういう映像がネットを通じ、
一斉にマスメディアを中心に全世界に発信され、
日本国内はもちろんのこと全世界が震撼した。

が、真っ先に潮風太子が思い浮かべたことが、
前述の話だった・・・

「さて、これどういう結末を迎えることやら・・・」
と観察モードに切り替える。
国内外のメディアや世論含めて。

まず、最初に湯川遥菜というミリタリーマニアが興じて、
傭兵派遣業(自称)を生業としていた人物が、
首を切断されるというイスラム国「お決まり」の処刑方法で殺害され、
これまた通常通り「画像」がネット配信という形で、
全世界に発信された。

卑怯な日本の大手マスメディアは、
政府に身代金を払え!と迫るでなし、
イスラム国を攻撃せよ!と煽るでなし、
それどころか日本はヨルダンに多額のODAをやっているので、
日本政府は、もっとヨルダン政府に働きかけるべきだとか、
最悪のタイミングで安倍総理は中東訪問を行った・・・などと、
イスラム国に対し、あからさまにビビりまくりがバレバレな、
ヘタレ報道を繰り返した。
ペンは剣より強くとも「イスラム国」には弱かった・・・

ところが、こうした報道の最中にも、
例の「アンマン国際空港爆破事件」の一件について、
一切報道をしなかった。
それとコレとは別。
ということなのだろうか?
そんなに世の中、甘かぁナイ。

いろいろな記事を散見していても、
人道的がどうだとか、自己責任がどうだとか、
安倍がどうだとか・・・政府はボンクラだのと、
なんとも当たり障りのナイ話ばかりで、
毎日新聞の五味がバカなことをしでかしたツケが、
こんな形で回ってくるとは・・・なんて、
どこも書いてくれない報じてくれない。

この国では毎日新聞批判も、
イスラム国即壊滅論同様にタブー!
ということなのだろうか・・・。
日本の政治家批判は安全だから、
元気よく報道するクセに。

でもイスラム国もイスラム国だった。

彼らは意外にも日本国民というのは、
政府に対し常に批判的な考え方を持っているということを、
ネットの書き込みなどを通じて知っていたのだろうか・・・

そこに目を付けて「アベ」というコトバを用いて、
民衆を煽り、
日本国民の政府への圧力を期待したようだが、
残念なことに今の日本という国は、
彼らが思い描いているような「期待通りの国民性」を、
持ち合わせていないに等しい。


国民全体が彼らイスラム国の「民」に比べたら、
極めて「無気力」なのである。

それが証拠に、
国中の「半旗」掲揚が無かったのはもとより、
フランスのような大規模なデモも起きなかった。
全国規模の盛大な追悼ミサも当然なかった・・・。

後藤健二氏が殺害されたことが明らかになった日、
アンマンの日本大使館前には心あるヨルダン国民の人たちが、
追悼ミサをやってくれた。
それを映像で見た多くの日本人は、
「奇特な人たちだな」程度にしか思わない。
これが今の日本の国民性なのだ。

それどころか、
「アレ(死体画像)見た?」が合言葉のように、
日本国中を駆け巡った。

それもその筈で、
イスラム国の兵士もビックリ!
彼らが蔑み奴隷のような扱いをしている女性が、
日本では、

亭主を毒殺し莫大な保険金や財産を奪い、
それでもなお事実婚、再婚を繰り返し何人もの男たちを、
殺害しても平然とマスメディアのインタビューに応えた挙句、
警察に逮捕されるも、
半分以上が立件不可能な為、
事実上、懲役刑で済む程度の
「重大犯罪」を犯したり、


ただ子供の頃から「人を殺してみたかった」
という理由だけで、

なんら宗教的、政治的目的もなく、
全く躊躇なしに老女を殺害してしまう、
頭脳明晰な19歳の女子大生がいたり、

別れ話に激昂し、
同棲していた20歳も年上の男を

就寝中に金属バットで激しく殴打ののち、
刃物でメッタ刺しにするという、
「異常」な殺人事件を起こしてみたりする。

こんな事件も今や日常茶飯事だ。

そういう猟奇的な女が大勢いる国であることまで、
インターネットからの情報だけでは、
知ることができなかったか・・・?
とにかく異常な国なのだ。
イスラム国的に見た場合。

なので「2人の日本人」が、
宗教的な理由で殺害されたことすら、
むしろ合理性をもって理解できたりするので、
それほど騒ぎにもならない。

なんて国だってことは彼らは知らなかったのだろう。
彼らにとっては大誤算だったか?

それと、あれだけ当初は自己責任だのと言っていた、
日本の大手マスメディアも、
キリスト教系の欧米マスメディアが、
後藤健二氏がクリスチャンだとわかった途端、
一斉に手のひら返したように、
KENJI GOTOの
「功績」を称賛し始めると、
これまた手のひら返したように、
「彼こそ真のジャーナリストだ!」とこうだ。

もうこうなってくると、
日本では何が悪で何が正義なのか?
何が正論で何が異端なのか?である。

実は日本で日々暮らす潮風太子ですら、
最近の日本人のことは、
よく解らないというのが実感だ。

日本人とは世界一複雑で、
理解不能な民族なのかも知れない…


また来週。