FC2ブログ
今週は長文にて失礼をば m(__)m

後期終業式の朝、
「お腹痛いから学校へ行きたくない」。
と言い出したバカ息子(長男)。

小学校1年生の入学時から皆勤しているので、
ここで連続出場記録を途切れさせるのも、
親としては「もったいない」の気持ち。

聞けば前日の夜、
「お腹が痛いから晩ご飯食べない」といって、
ゴロゴロしていたとのこと。
「じゃあ仕方ナイ医者に連れて行くか」というハナシに。

すると、
愚息に「チック」のような症状が見られることに気がつく。
目を異常にパチパチして「顔面神経痛」のようなカンジ。

愚妻はイライラしながら「チックだよコレ!」と捨て台詞気味に言う。

この日は出勤時間が遅いこともあり、
「じゃオレが連れてくわ」と言って、
愚妻を仕事へ送り出す。

だいたい察しがついた。
こういう時、怒ってはイケナイ。

現在見積り中のクルマの色、
「お前どの色がイイと思う?」と言って、
カタログを見せながら意見を聞く。

すると「えっ、クルマ買うの?」と食いついてきたので、
「でも3ヶ月待ちだって(笑)だから早く注文しねぇと夏休みまでに、
間に合わねぇんだよな」
と学校からもサッカーからも一番遠いハナシを振る。

「オレ、コレがイイな」
「え?お前ムラサキ嫌いって言ってなかったっけ?、
それとテレビ後ろにも付けるか?いらねぇか?」
という風にクルマの話で盛り上げる・・・

クルマの話が盛り上がったところで、
「で、なんで学校行きたくないんだよ」と軽いジャブを。

「いや、言いたくない・・・」
と、ようやくこのセリフが出てきたので一安心。

もう「完落ち」寸前。


「で誰が一番気に入らねぇんだよ」という雑な聞き方で、
地べたの目線に合わせる。
「ヒロチカ・・・」と言ったところで、
ようやく心のカギが開いた。

「なんでよ…?」
そこから事情を聞くと、
どうやら、
まだ寒いのに半袖で学校に行ったことを揶揄され、
むき出しの腕を何度か叩かれ、
ちょっかいを出されたと・・・。

「なぬ?オマエ、キック力あるんだから蹴れよ」
と暴力を肯定する言い方で煽ってみる。

さらに「いいよ別に○○(担任の名前)は使えねぇから、
アイツに相談なんかしなくて。
今日やられたら蹴れ!何か言われたら父ちゃんに言え」
と追い打ちをかけ嗾ける。
謝罪のテクニックに関しては「プロ」なので絶対の自信アリ。

すると、ようやく気持ちが収まったのか、
「ブラックサンダーが食べたい・・・」と愚息。
「じゃ行くときコンビニに寄って買うべ!」
「ダメだよ買い食いがバレたら・・・」
「親が一緒なら買い食いにはならんだろ」
ようやく笑顔。

「やられたら即マジ蹴りしろ!、
わかったか!ボールだと思え!
それと正面に立つな!
必ず斜めに立てよ」
とケンカの基本をアドバイス。


いつもより10分遅れで玄関を出た・・・

「そりゃ気の合うヤツもいりゃ、
どうにもキライなヤツもいるんだよ。
オトナの世界だって同じだもの、
ムリして仲良くしようと思わないことだな。
オレ、アイツ嫌い!でも別にいいんだから、
でもな、逃げたらダメだ!気に入らなきゃ蹴れ!」
と話すと、
「ウン、わかった」と、
ようやく、
いつもの穏やかな表情に戻り、
チックの目パチもしなくなった…


最近、サヨク気取りの連中が、
かのアンジェリーナジョリー監督の
アメリカ映画Unbrokenが、
いざ上映されて観ると、
上映前にネトウヨどもが、
散々言っていたような反日映画ではなかったじゃないか!
結局デマだったじゃないか!
と無邪気に喜んでいた。

それは結構なことで、本当によかった一安心。
これには潮風太子も同調。

人肉を食うシーンとやらもカットされたようだ。
さすがにデタラメな史実は、
触れられなかったということになるか・・・
それとも、
ネトウヨどもが騒いだせいなのか?(笑)


これと同じ時期、
やはりアメリカ映画でザ・インタビューという、
北朝鮮を揶揄するようなコメディ映画が上映された。
この映画も上映前には北朝鮮と称する自称ハッカー集団から、
サイバーテロを脅迫されていた。
(本当に北朝鮮からの脅迫だったのか疑わしいが)
しかし、この映画も特段問題ないエンターテイメント作品だったとの評。
むしろ駄作だったと・・・
結局のところ、
この映画も「騒ぎ自体」プロモーションの一環だったのでは?
という疑念すら残った。

ただ、この「怒りの抗議(?)」が功を奏したか?
この一件以降、アメリカは北朝鮮を挑発するような発言を、
控えるようになった。
というより、あまり彼らとの関わりを持ちたがらなくなった。
おかげで日朝拉致問題が棚上げ状態になってしまった。
アメリカが調停役をかって出るというハナシは何処へ・・・

しかし、この2つの事象でわかったことは、
「話してわかる」最初の段階で、
怒りを顕にして相手を威嚇することを、
キチンとやったら「攻撃」がピタリと止んだという事実。

これだって軽く見逃してしまうと、
「このくらいやっても大丈夫だろう・・・」が次第にエスカレートしていき、
やがて日本バッシングものや北朝鮮バッシングものや、
日本や北朝鮮の国民の感情を逆なでするような「作品」が、
全世界的に横行していくことになる。

そうなってしまうと史実もへったくりもナイ、
なんでもアリの世界になっていく。

かつての日本軍がやらかした愚行への道に同じ。
最初のうちは八紘一宇だとか言って、
アジアのための防衛戦争を標榜していたのが、
途中から単なる弱小国への侵略戦争に変異していった過程に似る。
これぞイジメの構造ナリだ。

このくらいは大丈夫だろう・・・が、
やがて、オレ様の言うこと聞かないヤツは・・・
になってゆく。

それもこれも最初が肝心。
すべてはそれに尽きる。

戦うべき時は戦わなくてはならない。
ましてや話してわからぬバカには、
「泣かせて」体で覚えさせるのが一番。

「権利のための闘争」は、
けっして悪いことばかりじゃナイ。
自分(たち)の人格を守る権利のための闘争は、
いじめ対策の肝である!

やられたら、必ずやり返す!
たとえ陰湿な方法であろうと。

と、そう本気で思っている自分って、
完全な昭和型モビルスーツ人間なのだろうか?
gennki.jpg
深夜帰宅後、テーブルに「皆勤賞」の賞状があった。
IMG_2292.jpg
その横には「朝のできごと」に関する感謝のコトバが、
書かれたホワイトボードが置かれていた。
とても来月から小学4年生とは思えない幼稚な文体で・・・

また心配事がひとつ増えた気がした。

また来週。
スポンサーサイト



あえて穏やかなネタで。

我らの千葉ロッテマリーンズがオープン戦で首位とは、
春から縁起が悪いというかなんというか・・・

今年は5年に1度のゴールデンイヤー
(マリーンズ5年毎に優勝のジンクスの意)
ということはマリーンズファンなら知らぬ者はいないほどの、
定説中の定説。
が、オープン戦絶好調だった年は、
最悪なシーズンになることも、
合わせて承知しているのもまたマリーンズファン。

イチかバチか?ならぬAクラスで日本一か、
Bクラスで監督交代か?か・・・

AクラスかBクラスか?といえば、
我が愚息のサッカー。
どうもウチの愚息は「基本練習」が嫌いなようで、
なかなか自分1人で練習しようって気がナイ!

仲間と一緒ならやるみたいなカンジ。
協調性があるヤツといえば聞こえがイイが、
人が見ていないところで1人コッソリ努力をすることも、
今から学んでもらわないといけない。
そういうところがわかっていない。

ただ、これまでにも散々、説教やら時には鉄拳制裁にて、
基本練習の重要性を説くも、
どうやら、まったく聞く耳持たずという男なようなので、
あるときから「練習しろ!」とか言うのも、
いい加減バカらしくなってやめた。

愚息のサッカーについて干渉することをやめたということ。

その代わりに、
これまで愚息にダメ出しをするために、
試合中メモをとっていたので、

これまでのメモを整理しながらスマホで撮っていた動画や、
相手チームによってはyoutubeでアップしてある動画を観て、
観察、検証する作業を始めることにした。

ただ、これは、もう性分。

マリーンズのファームの試合やNBAの試合、
Jリーグの試合や公営ギャンブルといった類のものを、
独自にデータを収集して分析するのは、
子供の頃からのクセ。

音楽をやっていた頃は、
クラシック、ジャズ、ロック、ポップス問わず、
曲の構成やウケる曲の分析なんぞもやっていた。

子供のサッカーなどと言うなかれ、
現時点でも、ある程度強いチームというのは決まって、
システムサッカーを行っている。
いやチームごとにカラーがあるといった書き方がイイか。

そんなこんなやっていると動画の魔力なのか・・・
気がつくと横に愚息が一緒に観るようになった。

かといって、もう一切「小言」を言わないと決めたので、
愚息とはサッカーに関しては3人称で客観的に話をする。

「このパターンになると必ず2番の選手は、
毎回13番の選手にパス出すワケだよな・・・」

「この10番の選手は確かにハットを決めているけれど、
シュートが全て右からでゴール30°~45°の角度からしか、
入ってんぇんだよ・・・左のコースは全部ハズレてるだろ」

「このチームはどうも守りに時間をかけてペースを作るみてぇだなぁ・・・
戦績みると連勝中ではあるんだけど、
点の取り合いや大勝って試合がナイから、
それほど強いイメージはナイんだけど、
失点をほとんどしないってコトは攻めても、
なかなか点が入りにくいチームなんだろうな」

「ここは16番とキーパーだけでやってるようなチームだから、
ほれ16番に回さなければ、まず得点にならない・・・」

といった具合。
すると、愚息も「あ、そっか・・・」と点(個)でやっているサッカーから、
線(全体)のサッカーという見方ができるようになったようだ。


最近では、このチームの主力は○番と△番が上手いとか、
ここは確かに強いけどキーパーは「案山子」だとか、
1人で勝手に動画を観ながら「予習」をするようになったらしい。

「予測」ができるようになったことで、
前もって対戦相手を意識した「個人練習」をするようになったり、
このところは動きにも余裕が出てきたのか、
毎試合シュートを決められるようになったことで、
次回の大会、Aチーム昇格の知らせをコーチから聞いた。
3月新たに6人の選手が他チームから、
移籍してきたため、
A、Bチームに完全に振り分ける必要が出来た為だが、


親としては嬉しい半面、
Aチームとなると「遠征」も多くなる。
ちょっと複雑な心境。
また幕張が1試合、1試合と遠のく・・・
今シーズンは何試合に参戦できることやら。


このメモ帳を手に試合中ウロウロしている、
怪しいオヤジがいたら、
それは多分ワタシです(笑)

敵を知り己を知ればナントやら・・・か。

また来週。
今、マクドナルド某店で携帯にて書かせていただいております。
とにかく今週は超多忙スケジュールで、
朝4時起きで帰宅が21時30分前後・・・
これが連日。
ブログどころの状況じゃないんですが、
とりあえず今週の「生存確認」ということで。

やはりというか、やっぱりというか。
今年もやってきました花粉の季節。

そして、毎年のことながら3種の神器を準備。
マスク、目薬、花粉ブロックの鼻の塗り薬。
職業柄、安易に飲み薬が飲めないので、
ホントこの3つは、この時期の必須アイテム。

そして、それに加え去年あたりから、
この森永製菓から発売されている

鼻トールメントールキャンディを必須アイテムに、
追加ラインアップ!


この鼻トールメントールキャンディ。
おそらくというか、間違いなく今の国内で販売されている、
メントール系キャンディでは、
最高峰のスースー度を誇る、
強烈キャンディではないかと・・・。

いろいろなメントールキャンディ、
ミントタブレットなどを食し続けてきた潮風太子が、
これを超えるモノは多分出てこないのではないかと、
思えるほどの完璧なスースー度、
そして長い時間舐め続けられる持続力。

それでいて100円のコストパフォーマンス。

なので、結構品切れということがある為、
あると毎回2.3個ついつい購入してしまう。

結局、常に200、300円の買い物になるワケで、
実は隠れヒット商品なのかなと…

だから、
あんまり書かない方がイイのかな?
とも思っちゃったりして(笑)


ってなワケですけど、
これもまた早春の風物詩。

♫もうすぐ春ですねぇ🎶

と今週は穏やかな感じで、
また来週。






2015.03.06 一期一会
潮風太子が中学生の頃「管弦楽部」に所属していたことは、
もう再三ネタで書いているものの改めて。
一応その証拠写真ナリと…

1984年今から31年前のTBSこども音楽コンクール、
東日本大会(事実上の準決勝戦)に出場したときの画像がコレ。
例のハンドベルに負けた一戦(笑)
この時の体験がトラウマのように、
今だ生き続けることになろうとは・・・

「人と違うことをやれば簡単に勝てる、
絶対に人と同じ目線で見てはいけない」

先日、同じく管弦楽部に所属していた親友Mが、
仕事の都合で7年ぶりに帰国(正確には来日)して、
とんぼ返りのようなわずかな滞在時間の合間、
過密スケジュールの中、帰国前日の夜、
久しぶりに「地元」にて現役ミュージシャンにして、
今や「先生」と呼ばれているKが幹事役となり、
後輩など急遽、集まることができた5人で、
Mと「再会の一杯」を酌み交わした。

皆、今や社会(世界)の中心を担うポジションとなり、
すっかりオッサン、オバハンにはなったものの、
コレどういうわけか不思議。

久しぶりの再会というのに、
皆、昔のまんま性格もまったく同じ。
あの頃のままでいてくれたことで、
それはなんとも嬉しく心地よい空間だった。

すっかり国際派エンジニアとなってしまったMも、
会うとあの頃のまんま、
毎日一緒に部活の後に一緒に帰っていたころと同じ、
穏やかな口調で、それでいて鋭いツッコミで笑いを取るところなんか、
30数年前のまま、やはり居心地いい男だった。

現在のMの社会的地位を考えると、
もっと偉そうにしても良さそうなのだが、
本当に偉い人間というのは決して偉ぶったり、
強がって自分を大きく見せようとしたり、
人を下に見たりしないもので、
Mはそれにピッタリ当てはまるから、
典型的な偉人型の人間だ。

わずかな時間で都合3時間弱だったか・・・

とにかく皆、話が止まらない。
てっきりまだ1時間くらいかと思って話をしていたら、
翌日昼の飛行機で帰国のため、
都内のホテルに戻らなくてはならないということで、
名残惜しくもタイムアップ。

そりゃ毎日一緒にいても話が尽きなかったヤツだから、
話が途切れるワケがナイ。
その上、ネタだって皆、
年の功で有り余るほど持ち合わせている。
が、こればっかりは仕方ナイ。
またの再会を約束し、
記念撮影ののちガッチリ握手して、
散会。

まぁ久々とにかく楽しすぎる
「伝説の夜」となった。

こういう不思議な体験ができるのも、
それもこれも「あの頃」があったから。

芸術家肌だった故・H先生の蜷川幸雄ばりの、
超スパルタ式、熱血タクトでとにかく鍛えられた。
おかげで社会に出てから上司や先輩、
客に怒鳴られ(罵声)ても全然平気だったほど。

ただ今の時代には、合わないやり方だ。

皆、当時は石っころの「ジャリ」で、
まさか実はこれが「原石」だったとは・・・
まぁそんなものだ。

だから人生は面白い。

一期一会・・・

川崎で中学1年生の少年が、
18歳と17歳の「少年」(鬼畜)3人に、
イスラム国もどきな残忍な方法で殺害される事件が起きた。

バスケットボールが大好きだった少年は、
結局、中学時代の思い出を作ることなくこの世を去った。
畜生連中と知り合ってしまったのが運の尽きだったか・・・

さて、この事件もなんとも胡散臭い事件だ。
今の日本のダメさ加減をとことん浮かび上がらせてくれた。

詳細について長々書くまでもないので、
箇条書き風にまとめて書く。

・ちょいちょい政府とメディアが煽るIターン就職のシビアな現実と問題点。

・今では船橋市の公式キャラクター「ふなえもん」より、
はるかにネットメディアを中心に、
恐らく中高生で知らぬ者がいないほどの、
超有名人となってしまった主犯の「少年A」の実名と
顔写真(ここでは修正版を使用)、
そして居住場所と家族についての詳細が、
皆に知れ渡っている滑稽さ。

・当初一緒にアップされた少年B.Cとされた人物が、
実は事件と全く無関係の人物でありながら、
名前と顔、出身校などプライベートな情報が、
勝手に犯人扱いにて拡散されてしまっている大問題が、
スルーされている異常さ。
いっそのこと最初から公表していれば、
こんな悲劇は起きなかったのに。

・最初に少年が「暴行」を受けて警察沙汰になった例の件も、
事情聴取すらしなかった神奈川県警の大失態と、
そのことをまったく指摘もしない日本のマスメディア。

・主犯とされる「少年A」が事情聴取で警察へ出頭する際、
手際よく「刑事事件用弁護士」が付き添っているという、
左翼臭がプンプンする様子について、
どこもツッコミを入れない謎。

・当時「酒を飲んでいた」などと入れ知恵をする、
本気で「更生」を考えているのか?と疑いたくなる、
自称人権派弁護士の狡猾な手口についても、
マスメディアが一切指摘しない不思議。

・さらに「グループ」というコトバを使い、
いかにも不良グループの抗争的なイメージ作りに励む、
日本のマスメディアには一体どんな公的圧力が、
加わっているというのだろうか?

少年の味方「グループ」のツイッターや、
LINEのやりとり行動を見る限り、
とてもじゃないが「不良」の称号に値する要因は何一つとしてナイ不思議。

・殺害メンバーにしても、
だいたい18にもなって自転車で移動する「不良」はいない。
単に彼らが鬼畜化しただけではないか。

むしろ彼らの、もはや更生不可能にして不要な状況の方こそ、
注視すべき点ではなかろうかと・・・
こういう連中のメシ代に消費税引き上げとな?

・国会会期中だというのに、
5万10万のはした金の献金問題を、
政治とカネの問題などと言って、
はしゃいでいるクセに、
現在、国民最大の関心事である「少年法」の見直し問題について、
誰ひとりとして闊達な議論を挑む野党「民主党」議員がいない、
この国の三権分立の崩壊状態。
ただ18歳からの選挙投票権は、
今国会中サッサと可決するらしい。

・ちょいと前、政府からパスポートを没収され、
遥か遠くのシリアに渡航できなかったことで、
真実を報道する権利を奪われたと外国人特派員協会で、
熱弁をふるった自称ジャーナリストがいた。

そして、その彼を「そのとおり!報道の自由を奪うな」と、
熱狂的に支持していた多くの日本の大手マスメディアは、
東京からわずか20Km程度の場所で起きている、
事実すらまともに伝えることができない。

一体、日本のジャーナリズムとは何なのだろうか?

とまぁざっとこんなところか・・・
今の日本の真の現状を図らずも露呈した、
胸糞悪い事件だ。

殺された少年の友人たちは一生涯、
「暗黒の思春期」という暗い思い出と向き合いながら、
この先の人生を歩んでいかなくてはならない。

30年後、冒頭のような「楽しい思い出話」ができない、
彼ら「善良」な少年、少女たちも殺された少年同様、
怒りすら覚えるほどに本当に気の毒だ。

思い出というのは、
一期一会の積み重ねによって、
醸造されて出来るものなのにね・・・

果たして、いつまでもこんな状況でよいのだろうか?

また来週。