FC2ブログ
最近、某大企業の送迎バスの運転士をやっている「おじさん」と、
ひょんなことから会話が盛り上がりトークを展開。

その会話の中で一番印象に残ったのが、
「あそこの送迎バスいつも満員ですね」と水を向けたところ、
「いや、あのバスに乗ってる7割程度の人はアルバイトとか派遣社員
といった正社員じゃナイ人たちなんですよ」と言われた一言。

「あんな有名な大企業でも社員より非正規の方がほとんどとは・・・」

「もう今は大企業ったって社員の方が少ないのは当たり前ですからねぇ、
だいたい私がパートなんですからワハハ」と豪快に笑い飛ばしていたが、
これが今の日本の企業の現状なんだと改めて認識した次第。

スーパーマーケットやデパートの店員のようなサービス業では、
すでにバイトあるいはパート、派遣社員、契約社員がほとんどとは常識的な話だが、
最近では銀行や郵便局の窓口の職員や大病院の受付、
駅員、バスの運転士、学校の教師といった公的な職業でも、
そうした「非正規」の流れになってきているのだという。

工業系の現場でも職人のバイト化が常識化している反面、
「プロ」が育たなくなってきたという現場の嘆きも聞く。

別に批判しているワケじゃナイ。

これも時代の流れなんだろうし・・・
そういう自分とて、
いつ「解雇」されて「非正規組」になるかわからない。
リストラは給料が頭打ちの中高年からやるのが鉄則だからだ。

事実、大規模なリストラを敢行したことで、
皮肉なことに過去最高の収益を得ることに成功したなんて、
おかしな大企業のなんと多いことか。

しかし、それにしても目先の利益だけに目が行き過ぎちゃいないだろうか?
働いている人達の不安感だけが増幅されてゆく。

株価が18年振りの最高値と。
ITバブル以来の上げ幅だという。

確かにバブル景気なんだろうなぁ…
って思うところは多々アル。

ウチの新車ですら3ヶ月待ちだというのだから、
1988年頃~1991年頃の「お笑いバブル景気」みたいに、
シーマ半年待ち…が如く、
長い期間、納車まで待たされるということは、
自動車メーカーに注文が殺到している状態であることは確かなわけで、
やっぱり世間様全体として、
景気はイイらしいコトがこういうところからもわかる。


今年の夏のボーナスの平均が
91万円ってテレビのニュースでは報じているケド、
日本の労働者平均値にいるハズの潮風太子。
残念ながら、私メはそんなに貰えません。

正直に言いますが全然下のランクです。

いや、周囲の人たちに聞いても、
そんなに貰えるのは一部の巨大企業に勤めている「社員」だけなんじゃないの。
というのが、もっぱらの意見。

つまり全労働者という単位ではなく、
巨大企業の「社員」限定の平均として考えると、
平均90万円も合点がいく。
減った社員の数でパイを分けたら…
の話と同じ。


今から20年前のバブル景気のときは「乞食」までが、
「ナポレオン」や「レミーマルタン」にありつけた。
ある意味では「富の分配」が下々まであった。
しかし今回の「バブル景気」は「一部」の高所得者組と株主だけのバブル景気。
という印象が否めない。

しかし、こういう事象も誰も「おかしい!」と思わないようなので、
日本では貧富の差に抗議するデモも起きなきゃ暴動も起きない。
程よい中流意識に皆納得!
といったところか。

ある意味でいえばプロパガンダとマインドコントロールの成功例、
そう見えなくもないが、
活字にすると単なるやっかみにしか読めないところが哀しい。

もっとも給料が上がろうがボーナスが上がろうが、
潮風太子の「おこずかい所得」は、
この先もおそらく万年統一金額なので、
下がらないだけヨシとしなければならないか・・・・。
なんて思っている中高年世代は結構な数いると思う。

もうじきボーナスのシーズンか・・・・

また来週。







スポンサーサイト



たまには「提灯記事」っぽいネタなんぞ。

このショットにピンときたら潮風太子と同世代、

確実に40代以上の人で、それも「男」に違いないと・・・

やっぱり買ってしまいました。

松田優作DVDマガジン!!
あの今や大スターの「桃太郎」松田翔太のおやっさんの方ね(笑)

TV版探偵物語~ってんじゃ、
そりゃ買っちゃいますわ。
これ反則だと思いますよ。

しかもサイドストーリーまで書かれていて、
当時の出演者や関係者の裏話つきとな。

とにかく傑作中の傑作ドラマですから、
どのネタとってもハズレなしと。

だいたい出ている人たちも今や超大物俳優・女優に
なられたり残念ながら既に鬼籍に入られた、
重鎮俳優・女優の方々ばかり。
その名優たちが松田優作相手に、
エンジン全開で「全力疾走」している作品ですよ。もう!

そして、この人たちも、
この頃は目一杯フカシてやってたんだなと。
観ているとホント感慨深いですハイ。

やっぱり人間、無理してでも必死に歯を食いしばって、
全力で飛ばさなきゃイケナイ時ってのが人生の中には、
必ずあるもんなんだなと。

それに比べオイラときたら・・・・ねぇ。

しかし、こう言っちゃなんですケド、
最近のテレビドラマって薄っぺらくて、
正直つまんねぇなぁと。

まぁ制約が多すぎて、
なかなか表現の自由が奪われている、
今の日本のテレビ業界と比べて顧みるに、
この当時(昭和50年代)の作品の自由さというか、
ある種、当時の日本という国の大らかさみたいなものを、
この作品から感じ取ることができます。

今では放送禁止用語となっている「トルコ風呂」という名称だとか、

今では各方面から即クレームが来る箱乗りドンパチのカーチェイスシーン

公道もノーヘルでベスパを乗り回す、
暴力シーンに「お色気」セクハラシーンやらと、
確かに今では「イケナイ」ことのオンパレードも、
不自然なカット編集することなく当時放送された状態のまま、
背景までもモザイク・ボカシなしで忠実に再現してくれているところがまたイイ!!

もっとヨイショして書くと次回予告編まで、
あの松田優作のコミカルなナレーション付きにて収録されている逸品。
(そういえば最近、ナレーションつきの次回予告って無くなったなぁ)

今改めて観ても、ホント真剣に見入ってしまう作品ですハイ。
なので、潮風太子と同世代の人たちはもとより、
若い世代の人たちにも改めて1作品でも観てほしいな。
と思いますマジで。

そういえば、このDVDブックの付録についていた
当時の番宣ポスターのコピー。

当時の放送時間が火曜夜9時~の番組だったんだなと。

この番組が放送されていた1979年は、
潮風太子が小学4年生のころで、
この頃、親父に頼んで「夜更かし」の許可をもらい、
一緒に観たもんです。
(その後も再放送を何度も観ましたっけ)

さて、ウチの愚息(長男)が今、小学4年生・・・なんですが。

今だ、こういうハードボイルドアクションものに全然興味ナシ!

午後9時・・・すでにグッスリと「おやすみ」の時間。

まだ当分「ハードボイルド」に目覚めるには時間がかかりそう・・・
というか眠れる獅子なのかピーターパンなのか?わかりませんケド、
どっちにしろ、とっとと自立したハードボイルドな男になってもらいたいんですがね。

それにしてもコレ全部購入となると全巻(41巻)で6万円強!とのこと。
う~ん、どこまで買い続けられるかなぁ・・・・(2巻以降1520円税別)
今更ながら松田優作にハマるなんて。

また来週。
我が愚息(長男)が不祥事により
自身の所属するサッカーチームから謹慎処分を受け1か月。

当初は即刻、退団という意思をコーチに伝えたものの、
コーチからは「それは逃げているだけで反省させたことにはなりません」
と言われ、では1か月間本人に対し再教育(更生教育)を行い、
それで改善がまったく見られないようであるならば、
改めて「退団」ということに・・・ということをコーチに伝え、
チームを離れ1か月間の再教育を我々家族で行うことに。
藤崎練習
我が愚息ときたら、1年前からチームより出されていた、
課題である基本練習プリントをまったくこなしていなかった。
あくまでチームとしては自主的に・・・ということを理由に、
「自主的」にやらないというスタンス。
これでは当たり前のことながら上達しない。

いくら別口で基礎練習用のチームに所属していても、
これではスキルなんぞ上がりっこない。
野球でいえば毎朝、就寝前の素振りとシャドウピッッチングは、
上達の基本のイロハのイみないなもの。

他の選手たちは皆、基本練習をクリアしているとのこと。
やらないのはウチの愚息と2,3人だけらしい。

そこで「今後、続けたければチームから出されたプリントの、
まず基本系のスキル1(約55日分)を、
この一か月間でクリアすること!」
と約束させた。
でなければ「即退団」と。

すると朝晩、多い日には1日3回やって、
なんとか、この一か月間でギリギリ、
クリアしてみせた。

これとて最初のうちは、なかなか夏休みの宿題の如く、
なかなか面倒くさがってやりたがらなかったが、
時に怒ったり、なだめすかしたりしながら、
ようやくクリアしたといった状態。
すべて自分の力でクリアしたとは、ちょっと言い難い。
が、約束は約束。

それと今回ついでに、もうひとつ課題を出した。
完全に落ちこぼれ気味の算数・・・

これも、まず3年生のドリルをクリアしなければダメとした。
落ちこぼれの原因は前学年の3年生で学んだことを、
キチンと理解できていないこととみたので、

今回、改めて「基本」からやり直すことに。

と思ったら、それどころのハナシでなかったことが発覚!

3桁の引き算すらまともに出来なかったと・・・

いやコリャ参った!
まずは足し算、引き算、
掛け算の基本「100マス計算」など、
超初歩的な問題からやらせるハメに。

コレ小学2年レベルなんですけど・・・って思いつつ、
根気よく辛抱強く「基本」の徹底から指導。

自分の愚息のバカさ加減を改めて思い知ることに。

それから時計の見方、時間の計算の基本とやって・・・
最終週の日曜日、
この日を検定試験の日に設定。
「学科」と「実技」の試験を課す。

すべて100点満点をクリアしたら合格とした。

が、「検定試験」当日、
これまた朝から始めたものの、
なかなか「試験」に取り組まない。
ようやく始めたかと思うも、
なかなか学科(簡単な問題なのに)で100点を取れず、
実技までコマを進められない。

するとイライラして「もう辞める」と悪態をついて、
テストをやめてしまう始末。

「今日クリアできなかったら約束どおりチーム辞めてもらうからな」
と「警告」を与えるも、

昼になってもやりゃしない。
こりゃダメだなと、コチラも「覚悟」を決め始めたタイムオーバー寸前、
ようやく「やる気スイッチ」が入ったらしく。
タイムアップギリギリで「学科」をクリア!

急いで近くのサッカーができる公園へ移動。

事前にホームセンターでパイロン(1個298円)を2つ
購入していたので、コレを使っての「実技」試験。

①ゴールポストにパイロンを設置。
パイロンより上の高さにシュートを
10分以内に10本決める。

②ドリブルでパイロンを交わしてから、
エンドラインからセンタリングを上げて、
ゴール前にあるパイロンに5分以内に5本ずつ(右左)当てる。

デキル子にとっては、
まさしく「朝メシ前」の簡単な実技試験。
も、試験問題作成時、
実際に46歳の自分がやってみたら意外とキツかった…
という課題を課してみた。

30秒で1本ずつクリアしていけば楽々できるも、
実際には2回に1回は確実にクリアしなければ、
時間内にクリアできない内容。
数字上は大楽勝と思いがちだが、
実際に炎天下を何度も往復して走るとわかる。
キツイ!

「さぁ急げ」と公園に行くと、
なぜか、どこから聞きつけたのか、
日頃、我が愚息を応援してくださっている、
会社の先輩であり、
柏レイソルの熱狂的サポ(結構有名な人らしい)でもある、
T会長がベンチで「あ、来た来た」と・・・(汗)

これには、さすがの愚息もヤル気をださないワケにもいかず、
適度なプレッシャーと炎天下の中、
何度も何度もトライ。
とりあえずオマケもアリとした上で、
なんとかクリア!

そしてギャラリーのT会長にもお伺いを立てる(笑)

と、いくつか愚息にプレーについてご指摘をしていただいた上で、
「確実に上達しているから続けさせなさい」とのお言葉を頂戴したので、
これ幸いにとばかりに「じゃあ仕方ナイな・・・合格」と、
合格を告げ、
ようやく一か月間の「戦い」に終止符が打たれた。

かくして再び落ちこぼれの13番はチームに復帰。

基本練習のプリントを手に、
一か月ぶりの練習に参加。
まず先にコーチへ謝罪させ、
お許しを頂いたとのことで、
ようやくチームに合流したと。

この謹慎期間中、
チームのご父兄の皆さんから、
復帰を願うメールが頻繁に我が愚妻の、
携帯電話に来ていた。

こんなバカ息子でも、
仲間たちは復帰を待っていてくれると。

こっちとしては正直なところ、
どうやって円満に辞めさせるかな…
と思案していたのもホンネ。

こんな生活があと3年近く続くのかと思うとねぇ。

とはいえ、
本人が続けたい!というのであれば、
簡単に辞めさせるワケにもいかず。

親としての覚悟を改めて決めた次第。

そして今月アタマ。
BチームのFWとして、
久しぶり試合に出場。

今年3月にも対戦した相手で、
そのときはA.Bチームともに、
楽勝だった相手も、
前回撮影していたビデオ動画で、
徹底分析してきたらしく、
A,Bチームともに大苦戦。

結果としてはどちらも連勝にて1試合も落とすことなく、
試合は勝利したものの、
いずれの試合も僅差での辛勝。
次回対戦する時は更に、
バージョンアップしているであろうことは必至。

いやいや、少年サッカーの世界も今や、
IDサッカー化が当たり前の時代なんだなと…

「13番マーク!1人じゃムリだから2人で行って!」
相手チームの司令塔のゲキに、
「ウチのなんかマークしても意味ナイのにね」
と苦笑いで呟くも、
内心コッソリ嬉しかったり…

そして、この日1ヶ月ぶりのゴールを決め、
結果的には1得点のみながら、
なんとか周囲に復活をアピールできたか。

ゴールが決まったとき、
皆さんの温かい拍手に一瞬グッと来たものの、
本当のスタートはこれから…
いや、むしろマイナスからのスタート。
そう思うと感動より憂鬱の方が…

はてさて、
この先も、どれだけ愚息のトラブルに見舞われるんでしょう。

ネタも当分、尽きそうになさそうです。
あ~今から鬱だ。

また来週。
2015.06.05 愚兄賢弟
先日ウチの次男坊と珍しく2人で、
車にて買い物のお出かけ。

このところサッカーづくしで長男が一緒のことばかりだった故、
そう言われてみると2人で長い時間、
話をする機会がなかったことに気が付いた。

次男は今年6歳。
来年から小学生。
愚兄賢弟とはよく言ったもので、
我が家も典型的な愚兄賢弟のパターン。
長男と比べると明らかに「学習センス」が高い。

いや長男の愚息が過ぎるということなのだろう。

次男との会話は6歳とはいえ、
既に「恋バナ」や、
恐竜の話から始まる地球の環境問題までいける。

いつの間にか、
次男も随分と成長したものだ。

中でも今回一番驚いたのは、
「今度休みができて、
どっか行きたいとしたらどこ行きたい?」
と聞いたところ、
「ぼくプーチン大統領に会いたいんだよね、だからロシア」と言い出したとき。

「プーチンってウサビッチのプーチンじゃなくてロシアの大統領のか?」
と改めて聞き返すと。
「Yくんが偉い人だって言ってたから、会ってみたいんだよなぁ」
と言う。
どうも仲良しのYくんは少々オマセなのか、知的レベルが高いのか、
いずれにしろ国際政治に興味がある子どもらしい。

ここは親として難しい判断を迫られる・・・

テキトーに答えて「そうだねぇ、じゃお勉強して偉くなって。。。」
と定型文にて軽く流せば簡単だが、
せっかく子供が国際政治に関心を持ったということは、
非常に良いことなので、
ここは丁寧かつ真摯に向き合って答えるべきか?
である。

テキトーに流せば楽だが、
せっかくの子供の学ぶチャンスを親が奪ってしまうことになりかねない。

しかしガチに答えるとなると、
ソレ相当の覚悟を要する。
いかに解り易く、飽きないように短時間で簡潔に、
「どうして」を引き出すようにしながらプーチンの正体やら、
ロシアの歴史、世界史の流れと現在の国際情勢まで、
Yクンとの次回ディベートができるレベルまで、
正確かつ面白おかしく情報を伝えなければならない。

この手のハナシの一番の面白さは、
自分の知識を人に紹介して関心されることだ。
こと子供のころには、その傾向が一層強い。

それが学習意欲へとつながることはオトナになるとわかる。

ただひとつ間違えると逆効果になり、
この手の話を嫌いになってしまいかねないので、
意外と重要な場面だったりする。

一瞬思案したものの、

「でもなプーチンって悪いヤツだから父ちゃんはキライ」
と逆説から振ってやることに。
「え、なんで?ロシアの偉い人じゃん」と来たので、
待ってましたとばかりに、
「プーチンは元々悪いスパイの組織にいたヤツでな、
自分の敵になりそうな奴が出てきたら、
すぐに手下を使ってソイツを殺したり、

チェチェンという地方の人たちを兵隊使っていじめたり、
ココはオレたちの土地だぁ!とか言って、
勝手に自分たちのモノにしちゃったり、
自分たちに刃向かうからっていう理由だけで、
強引にその家の父ちゃんを家から無理やり連れ出して、
牢屋に閉じ込めて殺したりしてな、
それを知らんぷりしたりするような、
とっても卑怯でズル賢いヤツなんだぞ」
と少々キツイことを話してみた。

すると、意外なことに「へぇ」が帰ってきたと同時に、
「じゃあアメリカのオバマ大統領も悪い人なの?」
とまた深い切返しをしてきたので、

「オバマ大統領の肌って色何色だったっけぇ?」と、
今度は別の切り口で問うてみると、
「黒っぽい○○ちゃん(スリランカ人)みたいな色」
と、これまた鋭い返答。

そこからアメリカの歴史と黒人との関係についてから、
南北戦争やリンカーンの登場・・・

奴隷の歴史に人種差別問題ついて・・・
アメリカとロシアの関係や核爆弾の問題・・・
などの話題をできる限り簡潔に、
かつ両方向の見方ができるように、
逆説も交えたりして…
というカンジで話を続けていたら、
あっという間に30分くらいの「講義」となっていた。

普段はイライラする渋滞も、
たまには悪くない。

ただ問題は、
この先ウチの次男坊が、
こうして政治や歴史、世界情勢について、
興味を持ち続けていてくれるかどうかだ。

あと干支が一回りする18歳の頃、

ウチの次男坊にも選挙権が与えられることになる。

ところが、あと12年もすると、
今、熱心に選挙へ行っている60代、70代のお年寄りたちも選挙へ、
行かなくなるようになってくる。

戦争を実体験した世代だって、
ほとんど皆無の状況となる。

そして、いよいよ戦争を知らない、
オトナたちばかりの時代がやって来た時、
ネットの情報だけを鵜呑みにする若者たちこそが、
投票行動を起こす。
あとの人達は無関係を決め込み選挙に行かない。

賛成する人は選挙へ行くが、
反対する人はわざわざ選挙へ行かない・・・
ブレーキ役のお年寄りたちもブレーキの役を果たせなくなり、
バランス感覚が次第に崩壊してゆく。

となるとどうなるか…

全党一致で、
この法案が自衛隊派遣法の陰にスッポリ隠れるように通るらしい。
やはり、どこの政党も未来へつながる、
「若い1票」は喉から手が出るほどに、
欲しいようだ。

そして今後問われるのは、
我々、今のオトナたち。

ちゃんと右派左派のイデオロギーや、
歴史問題やら宗教だとか民族問題、
社会情勢などをキチンと理解し、
アタマの中でよ~く咀嚼して、
次の世代にこれらのネタをキチンと正確に伝え、
かつ考える力も同時に与える。

単に新聞やマスメディア、
ネットだけといった偏った情報だけに頼らないという、
己の考え方や哲学、信念、
政治思想を持つ大切さを説く。
本当の民主主義とは何ぞや?と。

そういう教育を子供の頃から、
ちゃんとやっておかないと、
ある程度オトナになったとき、
安保闘争時代のような極左思想や、
最近みられる極右思想のようなモノへとカルト的に若者たちが、
駆り立てられるように傾倒していくことに、
なってしまうのではなかろうか・・・
そんな心配をついしてしまう。

かくして再び歴史はまた繰り返されるのかと。

ということで我々も、
まだまだ勉強しなきゃいけないようです。
体力も鍛えながら(^_^*)

オトナになっても勉強の日々なんだなと、
と改めて思う今日この頃。

さて今月は、
ウォルマートについて書かれている本でも、
読むとするか…


また来週。