上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.27 駒とけん玉

前回、千葉ジェッツの連敗を嘆いた記事を書いたら


なんと次の試合で

「つくば」に勝利し連敗を20で止めてくれた。

その上、翌日の試合も勝利し

なんと2連勝!
残念ながら試合は観戦できなかったものの、
来年につながる連勝ということで、
ブースターとしては素直に喜びましょう(^^)

そして来年こそは勝ち試合をLIVEで観戦したいもんです。

まぁとにかく、よくやった千葉ジェッツ!!
と、冒頭ひとまずご報告まで。

書いてみるもんだなと(笑)

さて今年最後のネタになりますか・・・
では今年のクリスマスネタなんぞ一筆。



師走の深夜、仕事から帰宅すると窓際に、
こんな置き手紙がおいてあった。

筆跡からするに長男が書いたものだ。

サンタサン バイオハザート(ド)をください
サンタサンおねがいします。

おそらく任天堂DSのソフトのコトであることは、
容易に察しがつく。

我が長男は小学2年だというのに、
いまだにサンタクロース神話を信じて疑わない。

別にそれは構わないのだが、

そのバイオハザードなるゲーム、
皆さんご存知のとおり、
ひたすらゾンビやらバケモノを「殺しまくる」ゲームだ。

仮に本当にサンタクロースが実在したとして、
サンタクロースとやらが、このオーダーを見たら、
瞬時に卒倒し、それこそ烈火のごとく激昂するだろう。

「クリスマスを何だと思ってやがる!!」と。

当然のことながら、こんなモノを小学2年生のコドモに
与えるワケにはいかない。

ただ、最近は簡単にこういうモノをクリスマスプレゼントに、
子供に買い与える「ちょっとオツムのオカシイ親」が、
結構いるらしい。
怖い話だ。


もっとも現在、長男は「DS」を没収されているので、
ソフトを手に入れたとしても出来ないハズだが・・・

というのも、この「DS」を手にして以降、
我がバカ息子は親の目を盗んでは、
家で、ず~っとゲームに熱中するあまり、
まったくといっていいほど宿題をやらなくなってしまったという、
「大問題」が発生したため愚妻の逆鱗に触れ、
没収という事態に相成った次第。


ただ問題は、それで終わりじゃなかった。


今度は外で友達と遊ぶようになると、
時間を守らず夜6時過ぎても家に帰ってこないという、
これまた困った問題が起きた。

要するに抗議行動ということらしい。

「ちゃんと怒ってくれ!」と愚妻はカンカンなので、
しょうがねぇなぁ・・・と思いつつ、

教育評論家の「尾木直樹」が言うように、
愚息に「どうしたの?」と声をかけてみると、
得意の「うっせ~バッカ、死ね!」ときた。

そうなりゃ子供の立場もクソもないので、
「何だとコノヤロー!」と、
条件反射的に「バシッ」とビンタの「体罰」を食らわす。

我が愚息に「岩波新書」は不要らしい。


その他にもサッカーの試合での緩慢プレーや、
練習不足からシュートを外しまくった挙句、
試合後、もうひとりのフォワードの子と
「居残り練習」を命じられたりと・・・・

さすがに、これでは「ボーナス満貫払い」を認めるワケにはいかず、
愚妻は「今年はクリスマスプレゼント抜き」を宣言。

おかげで次男まで煽りを食って「ボーナスなし」という事態に発展。

今や日本のコドモにとっちゃクリスマスと正月のお年玉は、
いってみればボーナスのようなもの。

「そりゃ可哀想だろ・・・」と言うも、
「甘やかし過ぎだ」と無碍に言い放つ愚妻。

「はて、どうしたものか・・・」と思っていた矢先に、
例のサンタさんへの手紙が出てきたという流れ。

「父ちゃんには関係ナイから」と愚息。
そりゃ確かに、サンタ実在説からいくと、
そっちでの契約の問題なので当方は関係ナイちゃナイ話だ。


そこでチョイと考えてみた。

せっかくなので、いい機会。

バランス感覚と集中力、
手先を使い左脳を鍛えるには、
そう!日本古来から伝わる古典的なオモチャが最適。

ということで、今年の長男のクリスマスプレゼントは
「駒とけん玉」に決定。

最初は「メンコ」と「ベーゴマ」にしようかとも思ったが、
サンタのプレゼントにしては「しみったれ」過ぎるので、
ワンランク上のモノにしてやった。
武士の情けナリと。

それとサッカーの入門書マンガを念の為に添えて、
クリスマスイヴの深夜、枕元へ・・・


翌朝は早朝からの仕事のため、
どういう反応か確認できなかったが、
愚妻からのメールによると、

「こんなの頼んでねぇよ!アイツ使えねぇ~」だのなんだのと、
当初は「サンタの誤配送」に激怒していたものの、
いざやってみると「コマ回し」も「けん玉」も、
これがなかなか簡単に上手くできない故か、
けっこうハマったらしく

ぜんぶサンタサンからきました
〇〇のおもちゃはこれです。

こんな手紙がテーブルに帰宅後置いてあった。
仕方ナシとはいえ、とりあえず納得はしてくれたらしい。

というか、コレでサンタの正体が、とうとうバレたか?

いや、まだ聞かないでおこう。

そのうち、わかることだし。


正月休みには「コマ回し」と「けん玉」教室を開催しなくては。

「キャッチボール」と「釣り」と「虫取り」のほかにも、
「日本の男の子の遊び」ってもんを教えるのもオヤジの務め・・・

これまた我が家の伝統でもある。

いつか、どこかで役に立つ「伝統技術」のハズ。


そして物事万事、準備し過ぎて、
し過ぎるコトはナイということも、
同時に学んでもらいたいが、
さて、どうだろう?

昨今、さすがに正月、凧は上げられないけれど、
コマは回して遊べる。
「お正月の歌」みたいに。

テレビゲームばっかりやるんじゃなくてね。

日本の子は日本の子らしく育てることも大切かと・・・



そして次男には、以前おもちゃ売り場で
「コレ欲しい、買って!買って!買えよ!」と絶叫していた、
この商品に決定。

どうやらテレビでやっている警察24時とか、
潮風太子と一緒に見ているDVD「大都会パートⅢ」の影響で、
最近は警察官とかピストルや手錠に興味があるらしい。


将来、警察官になってもらうならイイが、
くれぐれも「警察のご厄介」にだけは、
ならないでもらいたいものだ。



ということで、本年も駄文にお付き合いいただきまして、
誠にありがとうございました。

また来年もコッソリと書かせていただき、
そして、こちらからも皆さんのところへコッソリと、
おじゃまさせていただきますので、
ひとつ今後ともよろしくお付き合いのほど。

それでは皆さん、よいお年をお迎えくださいませ m(_ _)m


また来年。
                    潮風太子
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://prince39334.blog43.fc2.com/tb.php/358-9fd30801
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。