FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今や世界中がワールドカップ一色といっていい状況。
当然のことながら日本は出場国でもあるので、
連日スポーツ紙はワールドカップ中心の記事編成。

そんな中、我が国の通常国会も、
ワールドカップのどさくさに紛れて、
いろんなことをコッソリと決めてしまおうと・・・。

例の集団的自衛権の話はもちろんのこと、
中には「今ココで議論すべきハナシなのか?」
ってな内容のモノもあったりするわけですな。

例えば「カジノ解禁法案」審議入りってなニュースなんかいい例。

正式には特定複合観光施設区域整備推進法案だそうな。

まぁ概ね、こうした長い名称の法案ってモノに、
まともなモノはナイのが常識。

要するに「東京お台場に賭場を作りたい法案」というモノで、
それを、いかにも賢そうに言うところが笑える。

でもって、それをこれまた大マヌケな野党は

治安が悪くなるだのギャンブル依存症患者が増えるだのと、
もっともらしいコトを言いつつ、
警察利権やらサラ金利権について、
抜け目なく質問してみせる。
要するに「これをやると誰と誰がオイシイ思いができるんだ?」と、
まるで改めて確認しているかのようだ。

博打の基本「胴元」が一番儲かることを知っているクセに。
つまり政治家と役人が一番儲かるというコト。
自分たちが政権を奪還した暁には・・・(^^)と。

近年、「3競オート」(競馬・競輪・競艇・オートレース)の、
売り上げの落ち込みは著しく、
地方の競馬場や競輪場が相次いで廃止されたり、
賞金が減ったりと、
役人的にはそれほどウマい「ビジネス」では無くなっているのが実態。
天下り先として妙味もなくなった。

それでも博打は「楽して儲ける」が基本。
それは賭場の客も胴元も同じ。
覚せい剤中毒患者同様、一度やみつきになると、
そうそうやめられないモノ。

どうにかして新しい「楽して儲けるモノ」を見つけようと、
血眼になって奔走する。
「チーズはどこへ行った」というヤツか?

ならば成果未知数の大規模なカジノを作るより、
日本中の3競オートを購入できる、
大規模場外投票所でも作った方が、
地方活性化のためにもなると思うのだが・・・

例えばよくわからない地方モノには、
「競馬法」なり法令を改正して、
1着「奇数枠番」or「偶数枠番」という二択式投票券なんてのも、
発売可能にしたらギャンブル初心者でも、
簡単に的中の喜びを体験できるし、
配当は低いものの億単位で投票した場合、
的中で数千万円をGET!という
「大富豪」たちにも魅力的な投資先としての
「馬券」やら「舟券」を提供する場にでも
すれば十分に機能するように思うのだが・・・

となると水沢競馬第3Rの売上だけで2億円とか、
ばんえい競馬で1日の売上が100億円を突破!
なんてコトが起きるかもしれない・・・

先月、大阪高裁で競馬脱税事件の判決がでた。

40歳の会社員男性が2009年までの3年間で30億円の
払い戻しを受けたにもかかわらず、
一時所得として一切申告しなかった為、
5億7千万円を脱税したということで、
所得税法違反罪に問われた事件。

しかし男性側の主張としては、
これまで28億6千万円負けているので、
実際には都合1億4千万円の儲けなので、
30億円の課税は不当だと。

よくよく話を聞くと、どっちもどっちな話で
脱税容疑をかけられた男性も、
元はといえば競馬で儲けた「大金」を、
株に投資して見事「玉砕」。
これを「株で損失」と申告したことから、
国税庁が預金口座を調べたところ・・・
というコトだとのこと・・・
一方、役人の側といえば、
馬券購入時に「テラ銭」を取っているにも関わらず、
「高額的中」したら一時所得だのと言って、
さらに二重課税を「法律に則って」行うという、
タチの悪いコーチ屋みたいなコトをやったと・・・・。

そのほかにもJRAと口座を預かっていた銀行の特定秘密保護は、
一体どうなってんだ?とかツッコミどころ満載なこの事件。

ここまでは脱税容疑の男性が勝訴し続けているも、
国税側は当然、承服できないということで最高裁まで
争うとのこと。

それこそ負けられない戦いがココにある!ワケで。
これに国税が負けるとなると、
カジノの問題が当然のことのように出てくる。

日本の場合カジノで大儲けしたら、
テラ銭のほかに当然のことながら、
「一時所得」として儲けも課税対象となる。
これまでの「法令」に則ったら。
それもかなりの金額。

ただ、その際そこまで負けていた分については、
一切無視!大儲けした時だけ「課税」。
という構図が崩壊しては、
それこそ元も子もなくなってしまう。
そりゃ必死にもなる。

また近未来に開帳されるであろう、
「お台場」カジノの利権構図も見え隠れする。

国税庁もいっちょ噛みたいなと・・・・

元来、賭博はヤクザの最大の収入源だったモノ。
それは江戸時代にまで遡る。

暴対法でヤクザを追っ払い、
電話・インターネット投票の普及で「ノミ屋」を潰し、
斜陽の賭場(3競オート)に見切りをつけて、
そのくせ新たな賭場の設立に躍起になる。

朝鮮人経営者が大儲けしているパチンコより、
カジノの方が断然面白いですよ!と国が喧伝して回る。

これにより新たな雇用を生み出し、
「復興」にも効果絶大だ!胸を張る。

でも一番、カジノをやりたいのは、
実際のところ我々小市民より
「お役人様」と「先生方」だろう。

そういや現在、都知事の舛添要一も、
かつては競馬の馬主だったっけな・・・・


ヤクザ気取りの役人と先生方には碧壁する。

カジノを開帳しようとしている「お台場」は、
東京湾に面している。

ならば東京湾の放射能汚染対策について
議論する方が先じゃないのか?と。
全然やってないようだけど・・・
そろそろ上流から流れてきた汚染水が
東京湾で合流する頃なのに。

また来週。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://prince39334.blog43.fc2.com/tb.php/394-819a11e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。