FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は久しぶりに千葉ジェッツネタ書きます。

今年もとりあえず千葉ジェッツのブースタークラブに入会しました(^^)
レッド会員(3000円)の方ですケドね。

今年からホームゲームの2F自由席のチケットそのものではなく、
マリーンズのようなチケット引換券というシステムにしたようです。

千葉ジェッツの本来の本拠地である北習志野商店街では、
あちこちに千葉ジェッツの「のぼり」が立ったり、

今シーズンも新京成電鉄ではジェッツトレインが走り始めました。
いよいよシーズン開幕ですっ!

とは言ってもイマイチ地元が盛り上がってナイのがねぇ・・・

開幕戦(日立サンロッカーズ東京戦)からいきなり2連敗のスタートも、
次のカード地元開幕戦となった「つくばロボッツ」戦は、
2連勝で連敗はチャラに!!

でも潮風太子的には、
ちょっと素直に喜べなかったり・・・

現在つくばロボッツは親会社である、
「いばらきスポーツアカデミー」の経営不振から、
リーグ預かりの状態で、
いつ廃部になってもおかしくない状況と聞くと、
元千葉ジェッツのスタープレーヤーだった「チョモ」こと、
中村友也が所属しているチームからの2連勝は、
喜びも半減のちょっと複雑な心境。
実際のところ「つくば」の選手たちは、
試合に専念しにくいだろうなと。

10月25.26日は北海道レバンガ戦(遠征)で、
これをアウェーながら1勝1敗で乗り切り勝率5割を、
とりあえずキープし、
現在のところイースタンカンファレンス7チーム中4位。

試合内容はイイだけに、なかなかのスタートといってよさそう。
昨年よりは地に足がついた戦いができそうなので、
それなりの見せ場を作れるものと信じて、
今シーズンもコッソリ応援していこうかなと・・・
(如何せん潮風太子は疫病神なので、
大ぴらにブースターだと敢えて言わない)

さて、現在の日本のバスケットボール界について、
この問題のコトを書かないわけにはいかないですよねぇ・・・

バスケットボールの世界では1国1リーグ制が鉄則だそうで、
国内にある2つの独立リーグが混在するという事態は、
世界的には認められないので、
ただちに統合するように!
さもないと日本の国際試合出場停止処分という、
重い制裁を行うと国際連盟FIBAが、
日本バスケットボール協会へ警告文を送ってきたと。

つまりリオオリンピックの予選にすら出場できなくなりますよ!と。
当然のことながら、それは2020年東京オリンピックにも、
日本バスケットボールチームは出場できなくなることを意味する。


現在、日本の「プロバスケットボールリーグ」は、
2つに分かれていて、
地域密着型で企業名をチーム名に出さない、
かつて千葉ジェッツが所属していたbjリーグがひとつ。

bjリーグは今年22チームのエントリー。
以前書いたとおり元々、日本リーグ機構(JBL)に所属していた、
新潟と埼玉が2005年JBLから独立する形で発足した、
いってみればインディペンデント団体。

しかし、現在では22チームにもチーム数が増え、
地域密着型で企業名を伏せるというJリーグのようなスタイルも、
受けたのか、オラがチームで人気が急上昇中という団体。

それに対しNBLは「本店」からのスライドでできた組織。
NBLサイドからすると我々こそが正規軍であると。
チーム名をみてもお分かりのとおり、
「トヨタ」「日立」「アイシン」「東芝」「三菱電機」といった、
超メジャー企業系のチームばかり。
どうしても企業名を消すということには同意できないらしい。

NBLは今年13チームとbjリーグに比べてチーム数は少ないものの、
実力は実際のところ、こちらの方が数段レベルが上と言わざるを得ない。
ちなみに日本代表の選手のほとんどが、このNBLから輩出されているし、
NBLからbjリーグに移籍すると途端に大スタープレーヤーとして、
大活躍してしまったり・・・・

年末に行われる天皇杯(オールカマーゲーム)での試合と結果をみても、
それは一目瞭然。

ただbjリーグの特に地元人気熱は認めないわけにはいかないところ。

近年では、ある意味共存共栄の形を成してきていたが、
今回こういう事態となって困ったコトになったなと・・・・

だいたい日本バスケットボール協会自体、
なんとも胡散臭い団体で、
この問題が最初に表面化した2009年から、
昨年2013年まで会長が麻生太郎だってんだから、
いかにいい加減な団体かって察しがつこうというもの。

現執行部とて元トヨタの常務だとか元住友鋼管社長やら、
元東京国税局長とか元福岡県体育協会専務理事なんて、
欲の皮の突っ張ったジジイの天下りお飾り役員もいいところで、
どうみてもバスケットボールに熱心な哲学を持っているような、
人たちじゃないことだけは明らか。

そんな連中に対して本家のFIBAが
「ちゃんと管理してくださいよ!」って言ったってねえ・・・
バスケットボールのルールすら
満足に知らない連中なんですから。

話が噛み合うワケがナイでしょう。
まったく困ったものですな。

ただ、これで日本のバスケが、
「世界」と勝負をしない状況になるということは、
やはり子供たちへの影響が出ることは必至で、
これでは裾野が広がっていかないですよねぇ。

マニアックな地域スポーツの域の中で、
微妙な発展を続けていくことになるんでしょう多分。
まぁそれもまたアリではあるんですケド。
そういうところを応援しているってトコもあるので・・・

あ、そうそう「お飾り」といえば

今シーズン千葉ジェッツのイメージキャラクターが、
どういうワケかダンディ坂野って・・・・一体?

まぁサンミュージック的に書くとサンミュージックお笑い部門の、
崖っぷちを救った最大の功労者なワケで、
ある意味ラッキーボーイ的存在ってところに、
着目したんでしょうが、
松平健のあとがダンディ坂野って・・・・

別にムリしてタレントのイメージキャラクターを立てなくとも、
いいんじゃないかって思っている、
千葉のブースターはかなりいるハズ。。。

とかなんとか書いても、
今シーズンいまだに試合に参戦していない私メ。
なんとか時間を作り地元戦に参上仕りたいと、
思っております。

また参上の折には当ブログにて、
試合レポを書かせていただきます!

館内を挙動不審にウロウロしながら、
スマホのカメラでバシバシ撮り~の、
時々野次りつつズラズラとメモを取りながら、
観戦している怪しげな輩がいたら、
生暖かく見逃してやってくださいまし。
私メにございまするm(_ _)m(笑)

ということで、頑張れ千葉ジェッツ!!

また来週。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://prince39334.blog43.fc2.com/tb.php/416-bca18e32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。