FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後は穏やかなネタで。

某11月の日曜日、
貧乏暇ナシの潮風太子が仕事から深夜帰宅すると、

リフティング練習用の小さなサッカーボールが、
テーブルに置かれていた。
横には愚妻の書いたメモ。
「大会で準優勝して準優勝チームの優秀選手賞を頂いたそうです」
とのこと。
どうやらボールは、その賞品らしい。

実は前日の「予選」には応援に行ったものの、
「どうせ2日目の準々決勝までは行かんだろう」と読んでいた為、
負け戦の応援をしているほど、
こちとらヒマじゃナイ!ということで、
大会2日目は仕事を入れてしまった私メ。

得てしてそんなもの。
潮風太子はホントに持っていない男である…

ハイ、もう勘のイイ方ならお気づきでしょう?

そう!以前にも書いた通り、
ウチの愚息はBチームのへなちょこFWの選手・・・。

つまり決勝戦は「Aチームとの同門対決」だったワケで。

またどうして、こういう時に限ってなんだよ!と・・・

それでも「ウソだろ?何かの間違いじゃ?」と思い、
翌朝、改めて愚息と愚妻に聞くと、
他の父兄の方々や、いつもは愚息を怒鳴りまくっている
「鬼コーチ」からお祝いと激励のメールを見たところで、
ようやく信用した次第。
「これは夢じゃナイ!」と。
FullSizeRender.jpg
決勝戦は圧倒的な実力差にも関わらず、
最後まで全力でプレーを続ける姿に、
多くのギャラリーたちから愚息たちBチームへ、
判官贔屓の大声援が送られ、
思いのほか大盛り上がりな試合となり、
最後は「7-0の大差での敗戦」に号泣していた姿が、
大会関係者の方々の心に響いたとのことで、
急遽、大会委員長特別賞のような形で頂けたと、
先日の今年最後の試合の日に、
父兄の皆さんから伺った。

表彰状が無かったのは、その為だそうだが、
愚息にとっては初の個人表彰タイトル。
表彰状なんてどうでもよかった。
とにかく他人様から評価されたことが嬉しい。

ところが、この大会ちょっと荒れた大会になったようで、
まだチームを作って間もないような、
基本プレーがほとんど出来ていないチームも出場していたりして、
結構ラフプレーや選手の暴言(死ねコラ!など)、
コーチが「とにかくぶつかれ!」等々、
我々ですらビックリような反則指示を出しているチームが、
幾つかあった。

これには、いくら成果主義の時代とはいえ、
ロクに下準備もしないで、
結果を出そうという発想が凄い。
指導者の熱意は理解できなくもナイが、
誤った指導によるチーム作りは極めて「危険」だ。

結局、全試合において注意・指導や、
警告無くフェアプレーで勝ち上がってきたことも、
大会関係者たちから高評価の要因になったとの話。

それじゃ仕方ナイということで、
その夜、愚息の枕元に以前購入したまま、
タンスの肥やしになりかけていた「妖怪ウォッチDX」を、
コッソリと置いてやることに・・・

翌朝、「座敷わらしがお祝いにくれた」と抜かすバカ息子。

しかし、そこは子供。
それで満足するワケもなく、
当然のことのように「サンタさんへ…」と、
クリスマスプレゼント要求の手紙は、
キッチリ書いてやがった(笑)


でもって今回のクリスマス。
サンタを今だに信じている愚息がサンタに頼んだモノは、
なんと!サッカーのスパイクだった。

それも、何故か日本代表GKである川島永嗣モデルのスパイク。

オマエはFWを任されていたんじゃなかったのかと・・・
そのおかげで優秀選手表彰も頂戴できたんじゃなかったのかと・・・。

そんな愚息が、
「オレ今度キーパーやりたいんだよなぁ・・・」と最近言い出すようになった。

一体、どういう風の吹き回しかいな?と。

ふと思い当たる事といえば、
最近は同じ学年同士の対戦の場合、
常にメジャー大会でベスト8以上に来るような強豪チームでない限り、
ほとんどの試合が相手陣内での試合展開ばかりになってきた、
最近の愚息のチームの戦いぶり。

逆に言い換えると、
ほとんど自軍ゴール前の攻防がナイような状態の試合が多い…

と書けば、いかにも強豪チームっぽく、
思われそうだが実のところ、
どうやら愚息はゴールキーパーが一番楽なポジションだと、
勘違いしているらしい…

失点してもサッカーの場合、
たいがいはディフェンダーがコーチから厳しく叱責されるのが常。
ゴールキーパーが怒られるシーンは、
よほど初歩的なミスでもしない限り滅多にナイ。

どうせそんなこったろう。

そこに目を付けやがったか・・・?

せっかく珍しく「賞」をいただいたというのに、
その後ちっとも精進する気が感じられない。

ったく今から楽な方へ楽な方へ…では、
この先が思いやられる。

エジソンが言った
「天才とは1%のひらめきと99%の努力で成り立っている」というコトバ。

しかし1%のひらめきがあれば、
99%の無駄な努力をしなくて済むとも
言っていた。

このキーパーやりたい宣言、
1%のひらめきなのか、
それとも99%のムダの始まりなのか?

それに賭けるにも時間と金がかかり、
気が遠くなるような根気と忍耐も要求される。

果たして来年の今頃どうなっているのやら…

Mr.BOOの言う通り、
まさに「人生はギャンブルだ」と、
改めてこの歳にして思う今年の師走。
一寸先は闇である。

ならば手始めに、まず苦労を買ってやるかと。

有馬記念と東京大賞典…(笑)

それでは、また来年、
皆さんよいお年をm(_ _)m
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。