FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は記録がわりに親バカ日記風で。

日本の少年サッカー界では、
いわゆる正式チームは3年生からという、
ルールになっているらしい。

俗に言うU-9というやつ。

したがってクラブの正式チームも3年生からとなる。
ユニフォームの背番号が決まるのもこの頃になり、
この時に決まった背番号はクラブに所属している期間、
6年生まで使うことになる。

よって他のチームの子たちも、
△△FCの5番という風に、
互いを認識し合うコード番号ともなる。

また公立の小学校でも3年生から、
サッカークラブへの入部が許可され、
この頃からサッカーを始める子の数が グッと増える。

昨年3月、正式にチームとして発足し、
幸か不幸かクラブのトップコーチ(鬼コーチ)が、
我が愚息のチームのコーチに就任したことは以前書いた。

就任早々まず最初に言ったのが、
「このチームはクラブ創設以来最弱のチームです!(怒)」だった。

確かにクラブの歴史的にみても、
このメンバーは幼稚さが多分に際立ってみえるというか、
親離れが出来ていないのか、
子離れも出来ていないのか、
チームのメンバー数も16名と、
クラブチームとしては人数が少ないせいもあってか、
我が愚息含め、とにかく幼稚な雰囲気は否めなかった状況。

すね当てを忘れる。
試合なのにユニフォームを忘れる。
試合前の移動車中でユニフォームに小便を漏らす。
集合時間を間違えて遅刻する。
合宿でつかみ合いのケンカをする。
そんなことが毎回のように発生し、
まぁ試合以前のレベルのところからのスタートだった。

それが鬼コーチのスパルタ式指導のもと(笑)
夏あたりからチームの状態が上向き始め、
チーム内の競争も起き始めるようになると、
チームのレベルは急激に上昇。

次第に練習試合の相手も有名どころが多くなり、
遠征や招待試合も増えるようになった。

昨年末に書いた某大会での決勝戦はA.B同門対決。
その後も今年に入りA.B合同軍(少人数チームの為)で、
結構、大きな大会に出場すると、
これまた優勝。

しかし優勝を決めた当日も、
優勝の余韻に浸る間もなく、
試合が終わるとサッサと地元へ戻り、
夜間練習を行い、
翌日、朝6:30集合で都内某所で行われた、
招待試合に出場。
すると総動員出場にて決勝まで駒を進め、
同じく決勝まで駒を進めてきた主催チームとの決勝対決。
0-0のスコアレスで延長戦に突入。
延長戦でも決着がつかず、
さらにPK戦という、
小3のサッカーとは思えないような、
ハイレベルな激戦の末、
見事勝利!

年をまたいで大会3連勝中。

毎度、毎度書くが、
我が愚息はそんなチームの、
BチームのへなちょこFWは相変わらず。

それでもコーチのご厚意により、
ちょくちょく途中やら、
スタメンから前半のみの場面とかで、
使っていただいている。

ようやくながら「スター選手」たちには、
足元にも及ばないながらも、
毎試合、得点もしくはアシストを記録出来るようにはなってきた。

ただ依然としてコーチから試合中、
怒鳴られるシーンが多い。
いや多過ぎる。
ほとんど怒鳴られ通し(笑)


一応、試合に出場したということで、
優勝チームの出場選手(ウチは全員)に、
金メダルが授与される。

ウチの愚息も「恩恵」に預かり、
金メダルを頂戴した。

せっかくなので、
ちゃんと保管しようとメダルを整理していて、
ふと気がついた…

全部同じデザインじゃないか…と。

まるでモダンチョキチョキズの名曲、
「博多の女」に出てくる、
まんじゅうのようだ。

♪包み紙だけバラバラで味も形も、
全く同じだ~♫ってなカンジ。

せっかくの金メダルなんだけど、
な~んか価値がちょっと下がっちゃったような…

知らなきゃ良かったか…?

子供用金メダルにオリジナリティーや、
アイデンティティーはいらないのか…?

今週から次男もサッカーを習い始めた…

どうやら我が家では、
キャッチボールを親子でやるのは、
夢のまた夢になりそうだ。

また来週。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。