FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近この時期、
北海道へ行った人が必ずと言っていいほど、
買ってくるおみやげというのが、
白いブラックサンダーという

私、潮風太子がほぼ毎日、
朝食がわりに食する銘菓ブラックサンダーの、
ホワイトチョコバージョン。
じゃあホワイトサンダーでイイじゃん!と思うも、
そこはソレ、「白い」がポイントなワケで、
北海道といえば・・・
で有名な銘菓「白い恋人」の
パロディを意識していることは明白。
なかなか「粋」なネーミング。

と、思って白い~をネタにしようかと思ったら、
これまた白い~のネタのなんと多過ぎることか・・・。
何をどう書いても完全パクリでしかないので、
さすがに今更ネタにはできないな・・・

と思っていたら、
先日セブンイレブンに行くと、

こんなブラックサンダーが販売されていて
「おっコレは!」と唸る。

プレミアムビター味とな!
ベルギーチョコレートだそう。
ということで言わずもがな当然のことのように、
購入して早速、食する・・・。

「標準味(ココア)」と比べると、
確かにちょっとビターで濃いカカオ感が出てます。

が、明らかに子供にはビミョーなカンジ。
完全にオトナを意識した味といった印象。
といっても潮風太子的には◎。

コレなかなか良いです(^ ^)


すると、このシリーズ他にもこんなのがありまして…

プレミアムミルク味。
コレは「標準味(ココア)」と比べて、
ちょっとミルクチョコ感を強くした味。
かといって甘ったるくナイところがポイント。

この違いガキにゃわかるまい!
というブラックサンダーマニア達のスキゾ性を
くすぐっているところがニクい!

たかが駄菓子、
たかがブラックサンダー、
されどブラックサンダー。
略してブラサン…?

とにかく毎日食べても飽きのこない味と、
超ローコストパフォーマンス(1コ概ね税込価格26円~32円程度)が、
最大の強み。
それでいて「チョコ系」の宿命。
溶けたりする「保存」のリスクがある為に、
まとめ買いに向かない故に、
連日コツコツと、
コンビニやスーパーマーケットで購入してしまうというところも、
実は長く売れ続けている
「要因」なのではないかと分析。

結局、月曜~金曜まで毎日1個づつ計5個購入すると、
1個チョコレート菓子を買うより「高くつく」ところが面白い(~_~;)

しかし、これからも某コンビニで毎朝、
日刊スポーツと一緒に購入するので、
これからも末永く売れ続けて欲しいものです。

またブラサンと相性のイイ末永く売れる商品といえば、
コーヒーでしょう!

ついでに久々ドリンクネタですが、

JT(旧日本たばこ産業)の缶コーヒー「ROOTS」を今回ピックアップ。

「どんな場面でも本当においしいコーヒーを」
を目指しコーヒー業界では超メジャー企業、
キーコーヒーと共同開発で生まれた、
この「ROOTS」という缶コーヒー。

JTにしては(と言っては失礼だが)なかなか、
良いデキ。
ビター感強めな割に、
いい意味でクセが少なく、
飲みやすい缶コーヒーなので、
実は結構な数のファンがいたりする。


ところが先日、

今年の9月をメドにJTがドリンク事業から撤退するという報道。

確かに「ROOTS」のほかにも、
「桃の天然水」などのスマッシュヒットはあったものの、
大手ドリンクメーカーとの差はいかんともしがたく、
とうとう力尽きたかと・・・・

開発、製造に携わっている人たちからしたら、
まさしく青天の霹靂。
それなりにファンはいるというのにねぇ・・・。

とはいっても近年では、
コンビニコーヒーの台頭著しく
カップのSサイズ100円で超本格コーヒー相手では、
いかにも分が悪い。

時代の淘汰と言ってしまえばそれまでだが、

ベルミーコーヒーの時のように、
ベンダー(自販機)だけが残り・・・やがてボロボロになって、
放置された状態が続いたのち、
ひっそりと最期を迎えるのかと・・・。

バブル時代から始まった、
無理矢理なJTの多角経営路線も、
どうやら終焉を迎えたようで。

バブル期からの多角経営推進派、
残すところ僅かナリと…

驕れる者も久しからず・・・
盛者必衰の理をあらわす・・・とは、
チョイとキツイ言い方か?

ブラサン&ROOTSの組合せを楽しめた時代が、
懐かしく思えるような「時」がやってくるのも、
そう遠くなさそう…ですかな?

また来週。














スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。