上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あえて穏やかなネタで。

我らの千葉ロッテマリーンズがオープン戦で首位とは、
春から縁起が悪いというかなんというか・・・

今年は5年に1度のゴールデンイヤー
(マリーンズ5年毎に優勝のジンクスの意)
ということはマリーンズファンなら知らぬ者はいないほどの、
定説中の定説。
が、オープン戦絶好調だった年は、
最悪なシーズンになることも、
合わせて承知しているのもまたマリーンズファン。

イチかバチか?ならぬAクラスで日本一か、
Bクラスで監督交代か?か・・・

AクラスかBクラスか?といえば、
我が愚息のサッカー。
どうもウチの愚息は「基本練習」が嫌いなようで、
なかなか自分1人で練習しようって気がナイ!

仲間と一緒ならやるみたいなカンジ。
協調性があるヤツといえば聞こえがイイが、
人が見ていないところで1人コッソリ努力をすることも、
今から学んでもらわないといけない。
そういうところがわかっていない。

ただ、これまでにも散々、説教やら時には鉄拳制裁にて、
基本練習の重要性を説くも、
どうやら、まったく聞く耳持たずという男なようなので、
あるときから「練習しろ!」とか言うのも、
いい加減バカらしくなってやめた。

愚息のサッカーについて干渉することをやめたということ。

その代わりに、
これまで愚息にダメ出しをするために、
試合中メモをとっていたので、

これまでのメモを整理しながらスマホで撮っていた動画や、
相手チームによってはyoutubeでアップしてある動画を観て、
観察、検証する作業を始めることにした。

ただ、これは、もう性分。

マリーンズのファームの試合やNBAの試合、
Jリーグの試合や公営ギャンブルといった類のものを、
独自にデータを収集して分析するのは、
子供の頃からのクセ。

音楽をやっていた頃は、
クラシック、ジャズ、ロック、ポップス問わず、
曲の構成やウケる曲の分析なんぞもやっていた。

子供のサッカーなどと言うなかれ、
現時点でも、ある程度強いチームというのは決まって、
システムサッカーを行っている。
いやチームごとにカラーがあるといった書き方がイイか。

そんなこんなやっていると動画の魔力なのか・・・
気がつくと横に愚息が一緒に観るようになった。

かといって、もう一切「小言」を言わないと決めたので、
愚息とはサッカーに関しては3人称で客観的に話をする。

「このパターンになると必ず2番の選手は、
毎回13番の選手にパス出すワケだよな・・・」

「この10番の選手は確かにハットを決めているけれど、
シュートが全て右からでゴール30°~45°の角度からしか、
入ってんぇんだよ・・・左のコースは全部ハズレてるだろ」

「このチームはどうも守りに時間をかけてペースを作るみてぇだなぁ・・・
戦績みると連勝中ではあるんだけど、
点の取り合いや大勝って試合がナイから、
それほど強いイメージはナイんだけど、
失点をほとんどしないってコトは攻めても、
なかなか点が入りにくいチームなんだろうな」

「ここは16番とキーパーだけでやってるようなチームだから、
ほれ16番に回さなければ、まず得点にならない・・・」

といった具合。
すると、愚息も「あ、そっか・・・」と点(個)でやっているサッカーから、
線(全体)のサッカーという見方ができるようになったようだ。


最近では、このチームの主力は○番と△番が上手いとか、
ここは確かに強いけどキーパーは「案山子」だとか、
1人で勝手に動画を観ながら「予習」をするようになったらしい。

「予測」ができるようになったことで、
前もって対戦相手を意識した「個人練習」をするようになったり、
このところは動きにも余裕が出てきたのか、
毎試合シュートを決められるようになったことで、
次回の大会、Aチーム昇格の知らせをコーチから聞いた。
3月新たに6人の選手が他チームから、
移籍してきたため、
A、Bチームに完全に振り分ける必要が出来た為だが、


親としては嬉しい半面、
Aチームとなると「遠征」も多くなる。
ちょっと複雑な心境。
また幕張が1試合、1試合と遠のく・・・
今シーズンは何試合に参戦できることやら。


このメモ帳を手に試合中ウロウロしている、
怪しいオヤジがいたら、
それは多分ワタシです(笑)

敵を知り己を知ればナントやら・・・か。

また来週。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。